EC studio EC studio 社長ブログ

2006年12月25日

どこでも一緒

原因自分論の記事の続編です。

松下幸之助翁は「人を知れば人が動く、人間通になれ」と
仰られています。EC studioは法人化から2年が経過し、
多くのスタッフをマネジメントする中で、私も徐々にではありますが
人を見る目が養われてきたように思います。

人がわかるようになると、ますます人のことが知りたくなります。
街中にいても、車を運転していても、テレビを見ていても、
この人は何を考えているのだろう、どういう背景があるのかな?など
推測しつつ、結構当たるようになってきました。

人を観察していて気づいたことですが、人はどのシチュエーションに
おいても、同じ意思決定、行動をしています。
例えば、仕事でミスをした時に「今回は偶然ミスしました」と言う
言い訳があったとします。しかし、それは偶然ではないのです。
プライベートにおいても、会社の売上に影響は出ないから
そこまで意識しないかも知れませんが、同じようなウッカリミスを
必ずしています。仕事場だけプライベートだけで起こるようなことはありません。
また、行動だけではなく、発言や表情、しぐさも同じことが言えます。

高速道路の右側車線を110~120KMで走行していて
(決して迷惑をかけるような速度ではないと思いますが、、)
後ろから130~140KMで圧力をかけるようにパッシングをしながら
距離を詰めてくる車が1回の運転に付き、1台はあります。

「あー、この人は会社やプライベートの人間関係においても、ノロマな
人がいたらこういう風に圧力をかけているんだなぁ」と解釈しています。
本来であればそういう車が来たら左車線に避けるのでしょうが、
私はその人の教育?の意味も含めてどんなに怖そうな車でも避けません。笑
追突されても避けないくらいの気持ちです。

その他にも目の前で掃き掃除しているのに、タバコをポイ捨てする人もいます。
どこでも人の目を気にせず迷惑かけてるんだろうなぁと思います。

やるべき事を後回しにする人(これは私もです・・・)やるべきことが
あるにも関わらずやりたいことからやってしまう。仕事でもプライベートでも
やはり同じです。(多くの人が当てはまっているかも知れません。)

いじめる人(いじめられる人)。学校を転校しようが、小学生が
中学生になってもこの関係は変わりません。日本は今いじめで自殺が増え
いじめをなくそうと必死になっていますが、多少減らすことはできたとしても
なくすことは無理ですよね。生徒同士の問題に先生や親が入ってきたら
余計にいじめられます。

私の提案としては、いじめられる人はどこでもいじめられる傾向に
あるのだから、いじめられる人に対していじめられないための教育を
したらいいんじゃないかと思います。

そして、最後に”成功する人”です。大成功する人はその業界だから
その職種だから成功したのではなく、どの業界、職種でも成功する要素を
兼ね備えています。たまたまその時代、その業界にいただけなのです。
成功する人はどこでもいつでも成功する考え方、行動が伴っています。

このように全ての原因は自分の中にあります。自分自身でこの部分を直さないと
いけないなと気づいたら、今すぐ直すように努力すべきだと思います。
それが唯一自分を向上させる、成功に近づける方法だと思います。


関連した記事:
前の記事:
次の記事:
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.