EC studio EC studio 社長ブログ

社内情報・こだわり・ルールの記事一覧

2007年01月19日

ペアワーク

ペアワークとはEC studioで取り入れており、非常に高い効果が出ている仕事術です。
プログラミングの世界ではペアプログラミングとしてすっかり有名ですが、
EC studioではプログラマー以外にもペアワークを導入しています。

○ペアワーク

ペアワークとは文字通りペア(2人組)で仕事をするものです。
一人が仕事をして、もう一人はその間見ているだけです。

「仕事効率が半分になるのでは?」と思われると思います。
しかし、実際は逆で(ペアプログラミングの場合)倍以上の成果が
出ると言われています。弊社ではサポートも診断も、その他の
仕事にもペアワークを積極的に取り入れています。

○ペアワークのメリット

・新人育成のスピードアップ
・情報の共有
・相談しながら仕事をすることでより良い判断ができる
・論理的に説明する能力が高まる
・社内コミュニケーションの向上
・見られることで集中力が上がる
・自分だけでは気づかなかったことに気づける

私がスタッフ一人に対して、「ここはこういう風にするといいよ」と
アドバイスすると、そのアドバイスは感染力の強いウイルスのように
社内に集団感染(伝播)していきます。笑
私からだけではなく、スタッフ同士で出た改善案は日を追うごとに
自然と共有されていき好循環を生み出します。

どんなに有益な情報であっても、共有されなければ意味がありません。
情報は共有されてこそ良い結果を生み出します。ぜひお試しください。

2007年01月15日

チェックパッド(checkpad)

前回の記事で紹介したリメンバーザミルク(rememberthemilk)
非常に高機能でほぼ完璧ですが、いきなり使うのは少し難しいかも知れません。
そんな方にはチェックパッドがお勧めです。

○チェックパッドがリメンバーザミルクより優れている点

・シンプルなのでITが苦手な人でもすぐに使える
・携帯でログインしやすい、わかりやすい
・サーバーが日本なので操作が軽い

○私のチェックパッド活用法

・ECスタッフ以外とのタスク共有(妻や友人)
・携帯メールからのタスク追加
「リメンバーザミルクは新規メールタイトル部分に内容を入れるため
文字数制限があります。チェックパッドは本文に内容を入れるため
文字数制限がありません。ですからアイデアを思いついたら
チェックパッドへ送信し、毎日リメンバーザミルクに移し替えています。」

移し替える時に2分以内に終わるタスクは即実行して終わらせます。
↑※参考記事:GTD(Getting Things Done)

リメンバーザミルク、チェックパッドの双方にメリットデメリットが
ありますので、優れている点を使い分けましょう。

○リメンバーザミルクから返事がきた!

前回の記事でリメンバーザミルクにサービスを辞められると困るので
寄付させて欲しいメールを送信したと書きました。すると、すぐに
運営者2人のうちの1人から返事が来ました。

————————–私のメール——————————

hi

our company who are all people are using your RTM, this is very cool!
we want to donate you folks , but there is no place to donate.

i think a lot of people want to donate you so that you’d better make donate page that we can easy to donate.

thanks

toshi

※(東京弁風に翻訳)私たちの会社では全員がリメンバーザミルクを使ってます。
本当にクールなツールだね!だから私たちは運営者の君たちに寄付したいと
思ってるんだけど、どこにも寄付できるような場所がないよね。

私が思うに多くの人が君たちに寄付したいと思ってるはずだから、
寄付ページを設けた方がいいんじゃないの?

———————–Emilyからの返事————————–

Hi Toshi,

Thanks for your feedback on this — unfortunately we are not accepting
donations currently, but we will be looking at the ways that people
could contribute in the future.

Regards,
Emily

Remember The Milk

※(emily風に翻訳)こんにちは、トシさん。寄付についてアドバイスをくれて
ありがとう。申し訳ないんだけど、私たちはまだ寄付は受け付けてないの。
でも、近いうちに寄付しやすいような方法を探してみるわ。ありがとう。

エミリー
(↑クリックでエミリーの顔が見れます。)

—————————————————————-

■英語

私は英語に関してはお互いの意思疎通ができるレベルであれば
いいかなと思ってます。私の上記の英文は文法や表現も適当ですが、
まぁ、何とかお互い通じ合ってます。。。ECスタッフにも流暢に会話
できなくてもいいから英語ページが理解でき、チャットやメールで
コミュニケーションできるレベルまでは勉強しましょうと言ってます。
今年は会社ぐるみでTOEICにチャレンジします。

■EC年賀状

EC studioでは1と4にこだわっていますので、年賀状の送付日にも
こだわりました。(1月14日着)送付が終わりましたので、
年賀状のデザインをブログで公開しようと思います。

nenga.jpg

■出張

明日から出張に出ますので、次回の更新は19日になります。
今年は出張が多くなりそうです。すでに決まっているだけでこれだけあります。
山形、東京、静岡、石川、新潟、名古屋、福岡、熊本、沖縄(社員旅行!)、シリコンバレー

2007年01月12日

リメンバーザミルク(rememberthemilk)

電話がない頃のような時代であれば、時間の流れは非常にゆったりで
こなさなければならないタスクも少なく、頭の中だけで管理することができました。
しかし、現代では携帯・メール・チャットなど、距離や時間関係なく
コミュニケーションが取れるため、その分こなすべきタスク数が増え
頭だけではとうてい管理できなくなりました。

そこで自分を管理するために様々な手帳が出ていますが、私は手帳ではなく、
日程管理であればGoogle calendarを、TODO管理はリメンバーザミルクを、
つまりインターネット上で管理することを強くお勧めします。

○手帳にはないメリット

・リマインダーがある(予定の前に携帯メールやチャットでお知らせ)
・繰り返し設定ができる(毎年この日は○○さんの誕生日と設定するだけ)
・複数人と共有できる(手帳の中だと自分しか見ることができない)
・なくすことがない(落とすことがないので、なくすこともない)
・情報量が無制限(紙とは違って無制限に書き込みができる)
・キーワードで瞬時に検索できる
・何年先でも設定可能
・無料!

リメンバーザミルクはTODO管理サービスとして非常に高機能です。
弊社は基本的に全員がパソコン画面に向かっており、日々たくさんの
タスクをこなしているため、現在何の作業に取りかかっているのか、
次は何に取り組むのか、リアルタイムに把握することは困難でした。
しかし、リメンバーザミルクを徹底的に有効活用し、全スタッフに
導入することで以下のことが実現できるようになりました。

○会社全体でリメンバーザミルクを(うまく)活用すると

・それぞれのスタッフのやるべきタスクがいつでも見れる
・次に取り掛かるタスクも把握できる
・新たなタスクを話しかけることなく依頼できる
・リマインダーがあるため、スタッフもうっかり忘れることがない
・今月のタスク、今週のタスク、部署ごと、個別のタスク一覧が見れる
・全スタッフの頭の中のアイデアを一箇所にストックすることが出来る
・会議システムとの連動で、アイデア収集→オンライン会議→プロジェクト達成まで
一連の流れがスムーズにできる
・毎週、毎月行うことも一度設定すると継続してリマインドしてくれる。
・プライベートのタスクも管理でき、それぞれのスタッフの生活が充実する

個人としてリメンバーザミルクをうまく活用している方はたくさん
いると思いますが、会社全体でここまで活用している組織は日本をはじめ
世界中を見渡しても極めて稀だと思います。笑

そんなEC studioになくてはならないリメンバーザミルクですが、
無料サービスであることと、運営はオーストラリア人による2名で行われているため
(実際開発している人は1名!すごいです。。)
万が一サービスを停止されては困ると、今日は「どうやって寄付したらいいかな?」
というメールを送っておきました。(万が一停止されたら自社で作ります!)

2人で運営されている無料サービスですが、実は現在155カ国以上で利用されているのです。
こんなことができるのもインターネットの魅力の1つだと思います。

リメンバーザミルクをうまく活用するために以下の記事が参考になります。

緊急度×重要度

2007年01月11日

緊急度×重要度

やらなければいけないこと(やりたいこと)は4つに分類することができます。

緊急度が高い×重要度が高い(A)
緊急度が低い×重要度が高い(B)
緊急度が高い×重要度が低い(C)
緊急度が低い×重要度が低い(D)

ほとんどの人や会社が緊急度が高い×重要度が高いタスク(やること)に
追われていると思います。私自身やEC studioも現在はそうなっています。
しかし、この(A)の段階を続けている限り、いつまでたっても
(A)のタスクに追われ続けることになります。

なぜなら、、、(A)のタスクに終われ、(B)のタスクの期日が
迫ってくると(A)のタスクに切り替わってしまうからです!笑
そう考えると納得ですよね。。(年賀状がいい例ですね)

例:車のタイヤをそろそろ交換しないといけないなぁ

これは緊急度は低いが重要度は高いタスクになります。
緊急度が低いためとりあえずそのまま放置しておきます。
すると擦り減ってきてついにはパンク寸前になったとします。
ここで一気に緊急度があがり、最優先事項になって
安いタイヤ店を探す余裕もなくなり、他の重要なことを全て差し置いて
どこでもいいからとりあえずタイヤを交換してくれるところを
探すことになります。

緊急度が低く重要度の高いタスクを潜在的に抱えていると
このような事態が起こり続け、ストレスは溜まる一方です。

この悪循環から抜け出す方法はただひとつです。
「(B)のタスクに事前にとりかかること」頭で考えると単純ですが
実際の行動となると、目の前の緊急タスクに振り回されます。

(B)のタスクに取り掛かることで、(A)に切り替わるタスクが減り
心にも時間にも余裕が生まれます。好循環が起こり始めます。

EC studioでもやりたいことがたくさんあり過ぎて
緊急度の高い×重要度の高いタスクだらけですが、本日より
一日のプロジェクトにかける時間の4分の1は(1と4にこだわる
(B)タスクに割り当てなければいけないルールを作りました。

一旦取り掛かればすぐに終わるけれど、緊急度が低く放置されていた
タスクが山ほど出て来ました。プライベートにも応用できますので
ぜひ実践してみてください。(健康、勉強、人間関係など)

2006年12月26日

Google YEAR

EC studioは本日で業務を終了し、明日は一日大掃除をします。
早いものでアッという間に一年が過ぎ去って行きました。
たくさんの方々の支援により、大きく成長することができました。
(スタッフ数2倍、業績200%成長)
本当にありがとうございました!

2006年を振り返ると、こちらのニュースには載っていないたくさんの
出来事がありました。来年はどんな一年になるのか今から楽しみです。
さらに加速できるよう頑張りたいと思います。

IT業界に目を向けてみると2006年はGoogle YEAR(amazonも?!)と言っても
過言ではないと思います。Googleが新たなサービスを出せば
IT業界全体が激震することが何回もありました。

そのGoogle2006年を振り返る上で、百式で有名な田口元さんの翻訳記事が
わかりやすいので紹介しておきます。
(昔田口さんと朝まで飲んだことがありますが、最初は引き出しの多い
田口さんの話をずっと聞いていましたが、途中から酔っぱらった私が
独壇場で話をしてしまったことがあります。。。苦笑 田口さんと仲がいい方から
「山本さん、それは元さんのブラックリスト入っちゃったねぇ」
と言われたのを思い出しました。。。また、いつか会いたいなぁ。。。)

そんなエピソードはさておき、こちらのページをご覧下さい。

12の画像で読み解くGoogleの2006年
この記事を見ると2005年にこんなに画期的なサービスが次々とリリースされるとは
全く予想もつきませんでした。

そして、2007年Google新サービス予想!
Googleの2007年は!?新サービス7大予想!
この記事は現時点で予想できるサービスが主ですが、2006年のように
想像もしなかったサービスを次々に提供してくれると思います。
※この中でも企業版Google Appsは目玉になると思います!

2007年もGoogleがIT業界をHOTな一年にしてくれると思います。

来年もEC studioをよろしくお願いいたします!

※次回の更新は1月9日になります。サービス提供、カスタマーサポートは
12月31日、1月1日を除いて通常通り行われます。

2006年12月21日

営業しない

超プル型の記事でも書きましたが、EC studioに営業職はありません。
今後も会社方針として営業職を置くことはありません。

また、私は社外で多くの経営者と知り合う機会がありますが、
こちらからは一切自社のサービスは営業していません。
サービスに自信がない訳ではなく、単に営業しない方針だからです。
「営業しなくても売れるサービスを目指しています。」

初めて会った方に業務内容を聞かれたら、「ホームページの売上アップを
支援している会社です。」と一言だけお伝えして終わりです。

しかし、ありがたいことに名刺交換したほとんど方が、後から
電話をかけてきて注文してくれます。もちろんサービスが良くないと
駄目だとは思いますが、一般的にガンガン営業をかけたら相手は警戒し
買わなくてもいいですよとばかりに営業をかけなかったら
逆に気になってしまうという心理も働くのでしょうか。笑
(売らなくてもいいという気楽さもプラスに働いていると思います。)

経営をしていると目の前の売上も大切ですが、安売りしないの記事にも
書いたように、未来の自社が繁栄するように方針を立て計画を練らないといけません。
経営者の集まっている場所にもっと積極的に参加すれば、売れるのは
わかっているのですが、目先の売上よりサービスのクオリティを
もっともっと高めて、将来の種まきを意識して仕事に取り組んでいます。

※もちろんこのブログも同様に自分から広めることは一切していません。
スタッフにも読みなさいとも言いません。広めなくても、強制しなくても
読んでもらえるブログを目指さないといけないという考えからです。
読みたい人が読みたい時に読んでくれたらうれしいなという程度です。
広めるのとは逆のことをしていますが、読者が増え続けるのは
不思議です。ある種の差別化戦略になるのでしょうか?!笑

2006年12月13日

吹田バレー

私はIT業界のメジャーリーグであるシリコンバレーに憧れています。
シリコンバレーでベンチャー企業を立ち上げたいという訳ではないですが
ITの聖地シリコンバレーに少しでも近づけたらと思っています。

Google、Yahoo!、HP、Oracle、ebay・・・考えられないようなビッグネームの
会社が隣同士だったり一箇所に密集しています。

シリコンバレーがなぜすごいかご存知でしょうか?

それはスタンフォード大学と企業が産学協同でベンチャーを支援する
風土が根付いているからです。日本にはまだまだ確立されているとは言えません。
そこで私はEC studioの本社がある大阪府吹田市をシリコンバレーのように
HOTな場所にしたいと思っています。

吹田にはスタンフォード大学はないけれど、関西大学があるじゃないかと。。
現に関西大学出身の社員、アルバイトもおり、とても頑張ってくれています。
さらに今日は大阪大学の学生を面接しましたが、学生委員会の委員長を
しているとのこと!ということは大阪大学の学生が芋ずる式に!
すでに大阪大学のアルバイトが一名在籍しており、本日の面接者が
採用になれば二名になります。またまた吹田バレーに一歩近づきました。

友人からは「吹田バレーってママさんバレーのチーム名だよね?」と
からかわれていますが、意外と耳に残るようでみんなしっかり覚えてくれてます。
関西大学、大阪大学と連携して吹田バレー実現に向けて頑張ります!

2006年12月12日

メリハリ

私はメリハリは経営にもプライベートにも非常に大切だと思っています。
メリハリと言っても具体的にどのように区別しているかという基準ですが、

■仕事

○同じ効果(成果)しか得れないものにはとことん経費を削減する

これはどういうことかと言いますと、同じ効果しか得ることができないもの
例えばゴミ袋一枚。ゴミ袋一枚にかかるコストは同じです。
同じコストがかかるのであれば、最大限の量(破れる寸前まで。笑)まで
詰め詰めに入れて捨てるように意識しています。

他にも、ハンコを押した後に朱肉を拭き取るのであれば、新しいティッシュを
使う必要はありません。ゴミ箱の中にある裏紙やティッシュで十分です。
そのほうが捨てられるゴミも有効活用されて幸せなはずです。。。

こんなことをEC studioの代表がやっていると思ったら、何てケチな
社長だろうと思われるかも知れません。ただ、メリハリを徹底しているだけです。
無駄なものには1円すら経費を使わないぞと意識しています。

○プラスに働くものにはどんどん投資する

それとは逆に会社の将来に対してプラスに働くものに対しては
惜しげも無く投資します。先ほどのハンコの拭き取り方とは正反対です。

広告宣伝費や人材教育費などは他の企業でも投資として
つぎ込まれますが、EC studioではECスタッフの心が豊かに
なると思われることはどんどん投資します。

毎月の飲み会は税務署で福利厚生として扱える最大の一人あたり5000円を
会社で負担しています。
(しかし、実際は少なくても5000円で、10000円を越えることも。。)

サプリメント、コントレックス(フランス人気NO1のミネラルウォーター)
書籍の購入などなど提案があれば採用していきます。
給料、ボーナス、決算賞与も経費ではなく投資の観点から
スタッフにどんどん還元しています。

■プライベート

○時間の使い方

仕事とプライベートの時間の使い方も全く正反対です。
仕事中は1分1秒を惜しんで会社やサービスの改善を行っていますが、
プライベートは逆に贅沢にゆったり時間を使うようにしています。

○心が豊かになるものにお金をかける

私は車が趣味とか大好きという訳ではありませんので、
車は移動のための手段だと思っています。ですから、
お金が余っていたとしても今乗っているプリウスを買うと思います。
1リッター20KM走行可能で、名古屋なら2往復できるくらい走ってくれます。
TOYOTAが力を入れているだけあって、最新の機能もたくさん
ついていますからITっぽくてさらに気に入っています。

しかし、私がこだわりたいものの一つとして食事があります。
人生80年間に食べれる食事の回数は決まっています。
その一回一回をいかに楽しみ充実した食にするかには
お金をつぎ込んでもいいと思っています。

人それぞれお金をつぎ込む対象は違っていて当然だと思いますが
何にお金を使うかのメリハリはとても大切だと思います。
何にお金を使うか、何に時間を使うかが人生を決めるのかなと。

———————————————————–

日曜・月曜は名古屋へ友人が経営幹部として頑張っている会社3社と

———————————————————–
コアラドライブ — 今までの自動車教習所のイメージを革新?!

・一心 — 「めざすぞ日本一の回転寿司」という経営ビジョン

買取王国 — ありとあらゆるリサイクル品を扱うショップ
———————————————————–

トヨタ工場見学に行っていましたのでブログの更新が
できませんでした。それと同時に2週間のEC合宿が昨日より
始まりました。3ヶ月に1回行われるEC合宿では通常業務の
1ヶ月~2ヶ月分の仕事が進むEC studioの原動力になっています。

2006年12月01日

EC総選挙

昨日の裸の王様の記事の続きです。昨日の記事を読んだ
大阪マネージャーの加藤から「僕もマネージャーをクビになる
誓約書にサインしたいです。」というメールをもらいました。笑

それから自宅に帰りお風呂に入りながらいろいろ考えてみました。
そこで思いついたのは、EC幹部(社長含む)の選出は
社員による選挙によって選ばれるのもおもしろいかも知れません。

EC studioは「1と4にこだわる」ルールがありますので
選挙で選ばれたら任期は4年。つまり4年に1回選挙を行うということです。
実際の選挙と同じように会社をどうしていきたいかという公約を発表し
投票を行います。もちろん国会同様に任期中でも業績不振や不祥事?などによる
不信任投票で解散総選挙もありだと思います。笑
まだまだアイデアベースですが、EC studioの成長を維持し
永続させていくためには、EC総選挙もありではないかと思っています。

○選挙

最も公平で正しい判断が行われるのは優秀な一人による判断ではなく
大衆による選挙だと言われています。
松下幸之助翁も「どんなに優秀な経営者でも魔が差すことがある」と
おっしゃられています。

選挙に限らず、現時点でうまくいっているからこそ、おごることなく、
さらに良くするためにはどうすれば良いかを考えていきたいと思います。

○余談

いつも不思議に思うことなのですが、アメリカは世界中に民主主義を
浸透させようとしていますよね。なのになぜ国連はいまだに5カ国の
常任理事国による意思決定を行うのでしょうか?
インターネットの世界でもWEB1.0からWEB2.0の流れがやって来ていますが
トップダウンである1.0的発想では国連もすでに限界が来ています。

2.0的発想で一カ国一票による投票で国連の代表を決める方法を取れば
いいのではないかと。(日本はかなり上位に食い込めると思います。)
そうなると京都議定書に参加していないアメリカは、、、落選するかも
知れないと焦り、二酸化炭素削減の努力をすると思うのですが。。。

※あくまで余談です。。聞かなかったことにしてください。。

国連、WEBの世界、会社経営もボトムアップによる2.0的発想じゃないと
これからの時代は生き残っていけないと思います。

————————————————————

東京支社にやってきました。大阪から出張で来ているスタッフを含め
人数が増えていたため、今まで私が座っていた席がなくなり
オフィスの隅っこで細々と仕事していました。笑
東京オフィスもどんどん活気が出てきていい感じです。

2006年11月28日

潜在的リスクを排除する

結婚式で2ヶ月間できていなかったEC社内面談を昨日から再開しました。
社員&アルバイト全員と個別面談30分を毎月1回行っています。
(できていない月もありますが、これからはちゃんと。。)

EC studioはビジネス的にも組織的にも急激に拡大しています。
しないこと10カ条」の第九条に「会社規模は追求しない」とありますが、
おかげ様で規模を拡大せざるを得ない状況になってきています。

売上が上がり、組織が大きくなってくると今までと同じ経営手法では
通用しなくなるなと感じ、今後更に組織が大きくなっても通用する
EC studio流の経営スタイルへ抜本的な改革を試みています。

車に例えますと、売上がスピード、組織拡大が車幅と
考えることができます。今までのスピードと車幅であれば問題なく
運転できていても、スピードが上がり、車幅が上がれば注意深く
正確に運転しなければ大事故につながります。

現在EC studioの経営は高速道路を120KMの速度で運転しているのと
同じような感覚で運転(経営)しています。
このペースで成長していくと、やがて150KM、200KMへと上がり
数年以内にはF1並みのスピードになると思います。

私自身の運転(経営)スキルの向上はもちろん、マシン(マネジメント)の向上
計器(財務分析)の正確さなどなど、乗用車からF1カーへ抜本的に
会社を設計し直しています。

その中で全員と面談することは、運転席からは見えていない
潜在的なリスクを洗い出すには非常に効果的です。
今まで問題にならなかった5センチの石ころが、300KMを越えてくると
命取りになります。今のうちに全てのリスクを排除しておきたいと思います。

また、個別に面談をすることで、スタッフからの問題点だけでなく、やりたいこと
チャレンジしてみたいことなど、直接話を聞くことで新たな仕事を
任せることもできるため、スタッフ自身のやりがいにもつながります。

10月に第3期を迎え、下半期にかけて急速に成長する見込みがある
今のこの時期に、内部をしっかりと固めておきたいと思います。

人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.