EC studio EC studio 社長ブログ

社内情報・こだわり・ルールの記事一覧

2007年05月18日

社内恋愛

昨日が結婚ネタだったからという訳ではないですが、
今日は社内恋愛についてです。

昼食を食べていると女性アルバイト数人が質問してきました。
社員に対して社内恋愛についての話はしていましたが、アルバイトには
してなかったようで、「質問なんですけど、EC studioは社内恋愛は
禁止ですか?」と。

私の返答は「あー社内恋愛ですか。どうぞご自由に!」です。笑

それを聞いた女性スタッフは「おー」というどよめき?と共に
その後は恋愛話に花咲いてました。

会社を作った時に社内恋愛についてはどうしようかなぁとずっと
悩んでいました。人間関係のこともあるし、やはり禁止と
すべきなのかなぁと。。そこで先輩経営者の方に相談してみたところ

「社内恋愛ねぇ、禁止しても隠してするし、どうしようもないよ。」
と言われたこともあり、EC studioでは社内恋愛はOKにしようと。

「但し、不純な動機や・周りから祝福されない恋愛は禁止」としました。
お互い立派な大人ですし、社内恋愛して別れたら気まずくなるのも
承知の上で恋愛してくれたらいいかなと。

逆にEC studioの方針として男性スタッフ同士で、夜のお店に行くことは
禁止しています。(行きたい人はプライベートの友人と行って下さいと。)
EC studioは取引先であってもフェアなお付き合いができないため
そういうお付き合いをしなければいけない会社とは取引しません。

こう宣言し、そういう社風を作り上げることで、EC studioにいる
女性スタッフとの信頼関係の構築や男性スタッフ同士の出張であっても
奥さんも快く見送れるのではないかと思うからです。

2007年05月17日

就職と結婚

私は就職と結婚は似ていると思っています。ですから、面接に来た学生には
「会社に就職するということは結婚と同じようなものですよ。だから会社は
しっかり選んでくださいね。」と話しています。

結婚前のお見合いは就職の面接と同じで、両方とも履歴書があり
かしこまった席で対面しますよね。

結婚は相手に一生を預けるくらいの気持ちでしないといけません。
就職も同じように自分の人生をかけて会社に入りますよね。

離婚は退職、再婚は転職と言えるかもしれません。

嫌になったら転職すればいいやという、軽々しい気持ちで就職すると
後々後悔することになります。なぜなら最初に就職した会社が
自分の中で会社とはこういうものだという価値観が出来上がってしまうからです。
その価値観はよっぽどのことがない限り変わることはありません。

昨日の記事「EC採用プロジェクト」の最後に書いた就業体験は
結婚(入社)前に同棲生活をして、お互い良くも悪くも全て知った上で
結婚した方がいいでしょうという提案なのです。

かしこまった席では少なからずお互い演出しますよね。それではお互いの本質を
見抜くことはできず、結婚してからそんなはずじゃなかったと。。。

会社と社員の関係も、夫婦と同じように円満な関係を築くことが
強い会社作りには必要じゃないかと思います。

—————————————————————–
iPod支給制度が取材掲載されました。

面白法人カヤックさんに以前取材された記事がアップされました。

“ipod支給制度【株式会社 EC studio】”

取材されたときには社員のみでしたが、現在ではアルバイトも含め
全スタッフに支給しています。

社内の情報共有、教育に非常に役立っています。

2007年05月16日

EC採用プロジェクト

昨日の記事で企業力を高めるには採用にも工夫が必要だと書きました。
EC studioは設立して2年半ですので、まだまだ試行錯誤中ですが
その中でも効果的なものでかつ、公開できるレベルまで書きたいと思います。

※EC studioオリジナルの方法ですので、業種によっては難しいものもあるかもしれません。

○新卒採用

EC studioは設立2年目より新卒採用を始めました。ベンチャー企業や中小企業は
人手が足りないため、即戦力になる中途採用をしている会社が多いと思います。
「新卒採用なんてうちは出来ないよ」と仰られている経営者に良く会います。

しかし、やはり新卒採用がいいです。一から教育して、戦力になるまで辛抱強く
待たないといけませんが、(自分の子供を育てている気持ちで。)
育ってくると帰属意識や社風の面で非常にプラスです。

EC studioも2年目で毎年新卒採用するという決断は勇気がいりましたが
3年目の今年はすっかり年間スケジュールに組み込まれています。

人手が足りなくなったら補充するという方法を続けると、いつもギリギリで
急に退職者が出ると慌てることになります。

また、毎年入ってくると思うと、先輩にもいい刺激になります。

○説明会を開かない

新卒採用を行っている会社のほとんどが説明会を行っていると思います。
EC studioでも開こうか迷いましたが、それでは差別化にならないと判断し
説明会は開かないと決断しました。これも勇気がいりました。笑

説明会では多数の会社の中に埋もれてしまいますし、EC studioの求めている
人材の割合も少ないためです。

○部署ごとに採用方法を変える

適材適所という言葉がありますが、部署の採用には適所適材という言葉が
ピッタリではないかと思います。それぞれの部署にあう適材が、
同じ応募方法を選択するとは思えません。

検索エンジンマーケティングでもキーワードによって集まる人が
異なるため、キーワードごとにページを作り変える方法があるように、
部署ごとに採用戦略を変える必要があります。

○媒体を変える

採用の媒体はたくさんあります。そしてそれぞれに特色があります。
EC studioでもいろいろ試しました。集まる方が全然違いますので
欲しい人材が見る媒体を、ピンポイントで狙う必要があります。
もちろん欲しい人材がピンとくるような募集内容にしなければいけません。

○会社概要ページ

採用媒体は非常に高額です。しかも、他社と横並びです。

そこで最も効果的なのが会社概要ページなのです。
会社概要ページは自由に表現できます。サーバー代以外
無料で伝えたいことをいくらでも伝えれるのです。

意欲の高い学生は必ず会社概要ページを見てくれますから
会社概要ページをおろそかにしていては、いい採用はできません。

○社長ブログ

これは書き始めるまでわかりませんでしたが、社内・社外共に
非常に大きな効果をもたらしています。予想以上の反響に幹部にも
「ブログは大正解でしたね。」と言われています。

私のブログの基本スタンスは、現ECスタッフと未来のECスタッフに
向けて書いています。EC studioの代表はこんなことを考えているんだよ、
こうしていきたいと思ってるんだよというメッセージを
同時に社外にも公開してみると、想定外の大きな反響があったという訳です。

応募してくる学生はしっかりブログを読んできますから、こちらから
何も説明する必要がないのです。笑
しかも、ブログの内容でこの会社で働きたい!と思って応募して
きますから、面接したらほぼ一発合格なのです。

毎日一時間以上かけて書いていますが、いい学生が集まって、
ECの未来が明るくなるのであれば、楽なものです。

○ユーザーから採用

EC studioには多くのお客様やアフィリエイター(5万人)がおり、その中には
意欲の高い学生が、自分のホームページを良くするためにECのサービスを
利用しています。こんなサービスを提供しているEC studioで働いてみたい!と
応募してくるのです。入社してからの頑張り具合いは言うまでもありません。

もっともっといい会社にしたいと思う励みになります。

○就業体験

EC studioでは入社を決めてもらう前に必ず就業体験をしてもらっています。
こちらがOKだと思っても、もしかしたら学生にとってECは予想と違っていた
ということが起こらないようにです。業務内容もそうですし、社風など
社内の全てを体験してもらった上で入社を決めてもらいます。

これも会社側としては勇気のいることなのですが、言っていることが
全て本当だということを本人に確認してもらうのです。
募集要項には何とでも書こうと思えばかけますから、
学生は入社するまで、事実かどうか不安になると思うのです。

さらに、内定が決まった学生に対して「就職活動は真剣にやってね」と
他の会社も受けてもらうようにしています。就職活動は自分を見つめ直す
いい機会ですし、非常に勉強になります。また、他に本当に自分に
合っている会社があるのであれば、そっちを選んでくれたらいいよと
言っています。

本人が本当に行きたい会社に行くことが、その学生のためですから。

100%丸公開のEC studio 対 非公開の会社 なのでハンデがあるのですが
(時代は少子化で新卒学生を取るのに必死ですからアピールがすごいのです。。)

しかし、それに勝ってこそEC studioじゃないかなと思っています。

企業は少子化で少ない学生を獲得するために、1月から内定を出して囲い込み作戦を
展開しているようですが、それならEC studioは逆に「放流作戦」でいこうじゃないかと。笑
それでも戻ってきてもらえるような魅力的な会社にしよう!と。

2007年05月07日

スパイボット(spybot)

PCセキュリティの脅威にはウイルス以外にも
ホームページを見るだけ、または知らない間にソフトインストールと
一緒に感染させられるスパイウェアというものをご存知でしょうか?

ウイルスよりも感染しやすい上に、感染していても自覚症状はなく
PC内の情報が第三者に送信され続けます。

ウイルス対策と同様にスパイウェア対策も行っておかないと
悪質なものになるとクレジットカード番号やパスワードを
盗まれる危険性があります。

EC studioではウイルス対策にはNOD32というソフトを採用しています。
スパイウェア対策には無料でありながら、非常に優秀なスパイボット(spybot)
採用しています。スパイボットを使うと99.9%の方が少なくとも1個以上
スパイウェアに感染していることがわかります。

スパイボット(spybot)は有名ですので、ご存知の方も多いと思います。
ただ、スパイボットはソフトを起動してチェックしないといけませんので
スパイウェアの脅威はわかっていてもチェックを忘れがちです。
そこで今日は自動的にチェックする設定方法をデモしたいと思います。

ウイルスソフトとスパイボット自動化の併用で、意識することなく
セキュリティはかなり高まります。

—————————————————————-

●大阪第4オフィスリフォーム開始!

本日から予定通りリフォーム工事が始まりました。5月下旬には
完成しますので、とても楽しみです。

070507ds1.jpg

まずは解体工事から、、、数時間でほぼ解体完了です。

070507ds2.jpg

業者の方にコーヒーの差し入れをする小野と戸田。
(炎天下の中、1本間違えてHOTコーヒーを購入したようですが・・)

070507ds3.jpg

コーヒーを渡すタイミングを伺う小野
(なぜか?3人に6本のコーヒーを差し入れ。。)

※今日は2週間ぶりに出社しましたので、業務に忙殺されました。
連休分は何とか取り戻せましたので、明日から本格始動します。

2007年04月25日

ビジョン合宿IN沖縄(三日目)

EC studioの経営ビジョンは「インターネットで日本を変える!」です。
これは昨年のビジョン合宿で出てきたものです。沖縄の壮大な海を見ていたら
壮大なビジョンが生まれてきました。今年はさらに大きなものが出るかと
思いましたが、昨年のビジョンをより具体化した戦略的ビジョンが見えてきました。

毎年一回沖縄で昨年の実績を振り返り、ビジョンとの整合性を幹部で確かめ
さらに10年後のビジョンを練り直す機会を持つことは会社としても
良いことだと思いますので、来年からも継続していきたいと思います。

昨日の記事にも書いたように、IT業界のスピードはとても速く
10年後と想定していたことが翌年実現されるものも多くあります。
そこでEC幹部では10年と言わず、50年後、100年後を予測した上で
10年後のビジョンに落とし込もうという話になりました。

実現できるできないは一切論議せず、こんな世界になってるはずだ
こんな世界であって欲しいという希望も含めてブレインストーミングを
2時間ほど続けました。その中の一例を挙げたいと思います。

●50年後

2007年の時点でもセカンドライフのような仮想世界が作られていますので
50年後にはゴーグルをはめれば、目だけで操作でき、自分の思うとおりに
仮想世界で行動できるシステムが開発されているのではないか。
寝たきりの方、体の不自由な方でもゴーグルをはめ一歩仮想世界に入れば
ストレスなく自由自在に楽しむことができる。

●100年後

現実を完全にコンピューターでシミュレーションすることができるシステム。
何か新たな取り組みをするときは、現実と同じ状況で事前にシミュレーション
することができるため、失敗することがなくなる。
また、何倍速にもシミュレーションすることができ、その世界で構築された
ノウハウを現実の世界に取り込むことができるようになる。

EC studioの10年後のビジョンは、ホームページ売上アップドットコムが
ほんの一部分になっているような大プロジェクトに発展していきます。
今年もその発端となるようなプロジェクトを順次リリースして参りますので
ご期待ください!

2007年04月23日

ビジョン合宿IN沖縄

昨日からEC幹部による5日間の経営ビジョン合宿がスタートしました。
金曜日から残りの全社員が沖縄に集合して2泊3日の社員旅行がスタートします。

今日は月曜日でしたので、毎週恒例の合同朝礼の日ですが
スカイプとウィルコムとプロジェクターを駆使して、東京大阪沖縄間で
通常通り朝礼できました。その他の確認事項等もスカイプチャットで行い、
プロジェクトが遅延することなく進んでいくのを見ると、インターネットの
素晴らしさを改めて感じました。もっともっと活用し、時間と距離を
意識せずに仕事ができる環境づくりを整えたいと思います。

沖縄ビジョン合宿は今年で2回目ですが、やはり壮大な海を見ていると
アイデアが広がりそして深まりますね。

070423okinawa.jpg

(今日のブログはこのテラスで真っ暗な海を見ながら書いてます。
天気が悪いのが少し残念です。。。)

経営の4現主義=現実・現場・現金・現物から離れ、10年後のECの目指すべき
経営ビジョンを作り上げたいと思っています。松下幸之助翁は
「人間は大きな夢をもたんとあかん。それも雄大なビジョンを持たんとあかん。
そして歴史を作るんだよ。」と言われています。ECも実現したいと思います。

昨年のビジョン合宿で10年後を見据えたビジョンを策定しましたが
ITの世界は進歩が早いですね。。5年後に実現しようと思っていた計画が
Googleによってほぼ実現されてしまいました。今回はさらにもっと遠くの未来を
見据えてビジョンを作ります。

2007年04月17日

プラス思考集団

私は自他共に認める超プラス思考人間です。
問題や悩みが出てきたら自分が成長できるチャンスととらえ
また、うまくいけば大喜びして、何をどうやったらうまくいったかを
たくさんの人に話して、成功体験を共有するようにしています。

自社内にプラス思考のスタッフがたくさん増えたらいいなぁと
プラス思考の発想を広めています。プラス思考の人が増えれば増えるほど、
社風の好循環が起き、人間関係も良くなり業績も伸びます。
うまくいってもうまくいかなくても、どんどん成長する会社になります。

つい最近のアルバイトの日報を見て、本当にいいスタッフに囲まれて
幸せだなぁと思いました。もっと頑張ろうと、ますます元気が
出てくる内容だったので、その内容を抜粋してブログに載せます。

※EC studioではアルバイトも社員並みの高度な仕事をこなします。
昨日リリースしたRSSプラスも学生アルバイトが担当しました。

○S君
最近色んな仕事をさせてもらっているせいか
スキルアップしてきたという実感がでてきました。
(MT、Fireworks、xml、MODx、Blogger等)
EC studioに感謝です。

○K君
iPodを貸し出ししていただきました!
初めて触りましたがすごすぎです!触っただけでメニューが動くなんて…
色々感動しまくりです(笑
>Yさん
おお!良さそうなpodcastがたくさんですね!さっそく英語関係登録してみます^^

****の開発は、楽しくて楽しくて最高です!
自分で考えながらシステムを作っていけるってなんて幸せなんでしょうか
相変わらず穴だらけでSさんにたくさん突っ込みもらいました。
来週もプログラム頑張ります!

○Mさん
MSNの検索結果でサイト名やページ名の代わりにURLが表示される件、
Oさんの協力でなんとか片付けました。
今回は、日頃の情報収集が役立ちました。
RSSやSEOチャットなどで情報収集と、収集した情報の共有を
推進していきましょう!

○Kさん
OさんとMさんスゴスギです!
****問題が解決しそうです♪
自分のサイトもmsnの検索結果でURL表示だったのにはビックリしました。。。
ECではいつもものすごくいろんなことが勉強できて感動です☆

○Kさん
サポートの対応の難しさを実感。
お客様が何を聞いているのかを奥深く考える必要があるなぁと
Tさんのサポートを見て思いました。

○Y君
ipodが大活躍しています。
というのもpodcastがやばいです!
みなさんpodcast使っていますか?
僕は、「英語数点、ビジネス系数点、トレンド系数点、今朝の日経新聞。。。。」
などなど、videocastも含めて20サービスほど一気に登録しちゃいました^^

EC studioに本当に感謝しています!!だって電車が最高の勉強部屋に変わっちゃったんですもん☆

○S君
ついに私も iポッターになってしましました!
まだ電源すら入れていないですけれども><;
ipod活用していこうと思います☆
K君が動かしているのを眺めていました。
今日はTさんとウィルコム通話をしてサポートのアドバイスを頂きました!
とても親切に教えていただきうれしかったです^^
またよろしくお願いしますね~~
技術研修のほうは順調だったり詰まったりです。
次回解決してみせます。

2007年03月27日

EC目安箱制度

私は経営を良く車に例えます。車にはハンドルや、タイヤ、ボディーなど
それぞれの役目がありますが、それは会社も同じだと思います。

どんなに性能の良い車でもハンドルを握る、経営者や経営幹部が運転を誤ると
事故につながります。経営幹部にはそれだけ重い責任があると思います。

しかし、会社には予期せぬ事故も起こります。時代の急激な流れや、Googleのような
強力な競合他社が出てきて主力事業がダメになることもあります。
車で言えば信号無視をしてきた車のような防ぎようのない事故です。

それでも無事でいるためにはシートベルトやエアバッグが必要です。
(会社で言うと事業の柱を2本、3本で支えておく必要がありますね。)

また、会社組織が大きくなり、リリースのスピードが速くなるということは
車でいうと車幅が広がり、速度が上がっていることと同じであり
運転は高度な技術を必要とします。

スピードが上がると運転手からはゆっくり走っていた時に見えていた、
道路上の小さな障害物は気がつかず、目立つものしか見えなくなります。
しかし、そのまま見逃したままスピードがどんどん上がってくると
その小石がもとでハンドルが取られ事故になることもあります。

ですから会社はスピードを上げつつも、一般社員、アルバイトの
要望や不満を吸い上げる仕組みがないといけません。
それを放棄していると従業員不満足につながり、会社全体を揺るがす
大問題に発展することもあるのです。

今まで誰でも自由に投稿できる会議システムや個人面談などで吸い上げて
いるつもりでしたが、まだまだ甘いと思いEC目安箱を設置しました。

方法は誰でもログインできるフリーウェブメールアカウントを作り
送信済みトレイにメールが残らない設定にし、誰でも匿名でEC幹部へ
直接メールすることができます。

幹部からすると聞きたくないような、耳の痛い問題も出てくると思いますが
そこから逃げていては良い会社作りはできないと思います。
以前記事にも書いたヒヤリハットの法則の「ヒヤリ」を先に
消していくというプロジェクトです。

————————————————————
■EC目安箱制度

●EC目安箱対象者

・社員、アルバイトに限らず全員

●送信方法

・指定するウェブメールアカウントにログインして
 幹部メーリングリストへ送信

・要望、不満の内容を簡潔に書き、それに対する改善案を提案

・名前は匿名でも送信可。匿名の場合は返信できないため
 提案が反映されるのを待つか、改善されない場合は
 再度幹部メールへ送信、もしくは名前を書いて送信

●ルール

・要望、不満に対する改善案を必ず一緒に送信すること

・単なる批判ではなく、EC全体を良くしたいという思いで書くこと
————————————————————

さぁ、今日からスタートです。問題があがってきて解決すればするほど
会社がもっともっと良くなるのですからとても楽しみです。
(私は問題を解決するのが大好きな、問題解決マニアです。笑)

————————————————————

●iPod全員支給

社員+数人のアルバイトに配布していたiPodですが、非常に画期的なため
本日全アルバイトへ支給することを決めました。
近々ECのiPod支給制度が取材され記事になりますのでブログで紹介します。

●camtasiaビスタに対応

動画有効活用 – 教育編(パート2)」の記事で紹介したcamtasia(カムタジア)
ついにビスタに対応しました。ECでは全社員にビスタPCを購入していますが
必須ソフトであるcamtasiaがビスタに対応していなかったため既存のXPを
使っていましたが、これで順次ビスタに切り替えれます!

2007年03月19日

セキュリティ対策

今日はセキュリティ対策についてです。

はてなのサーバーに不正侵入が複数回あったニュースは有名ですが、
ただ、今回のセキュリティ対策はオフィス(自宅)についてです。

大阪だけに限らないかも知れませんが、空き巣が頻発しているようです。
(EC本社の斜め前の新築マンションは、すでに3件入られているようです。)
ここ最近特に良く耳にします。サーバーだけでなく、オフィス本体の
セキュリティも高めないといけないなと、セキュリティ対策プロジェクトを実行しました。

ここ最近の空き巣はピッキングのような生やさしいものではなく
バールで強引に開けるそうです。ドアの鍵はバールで簡単に開くのだそう。。。
(外国人窃盗団が大活躍しているとのこと。。。)

○注意すべき点

・オートロックで安心しない。
・隣に入られたらうちも入られる。(ベランダを通って。高層階でも必ず鍵を閉める)
・近くに交番があっても意味がない。(逆に気を抜いて危ない)
・窃盗団は交通調査員を装って下調べする。(怪しい人がいたら注意しましょう)
・最近の空き巣にセコム効果は薄い。(磁石を駆使して作動させず侵入する)
・同じマンションの住人にも油断するな。(一通りやり尽くしたら引っ越す)

※私の住んでいるマンションの隣が、オレオレ詐欺のアジトでした。。。
同じマンションといえど気を抜いてはいけませんね。。

○効果的な対策

・セコムは画像付きセンサーのものを採用する。
画像付きのセンサーであれば、磁石をうまく使って侵入されたとしても
人の動きを感知し、セコム警備員が遠隔から動画で確認。そしてオプションの
遠隔キリ噴射システムを使って、目くらましさせるプランがありECで採用しました。
(カメラにスピーカーもついており、遠隔から犯人に話しかけるそう。笑)

・鍵は2重、3重に
最初からついている鍵は一瞬で開きます。ピッキング対策された鍵でも同じです。
必ず2重、3重の頑丈な鍵を取り付けること。それがあるだけであきらめるそうです。
追加の鍵をつけるのは数千円から1万円程度です。しかし、バールでこじあけられた
ドアはフレームごと替えないといけませんから、80万円以上かかるそう。
80万円の修理費用に加え、室内は荒らされ、金目のものは盗られています。。。

・電気をつけっぱなしにする
古典的な手法ですが、犯人はもしかしたら人がいるかもしれない
住宅には好んで入りません。

・損害保険に入る
そして、万が一に備えて一般家庭でも必ず入っている火災保険にプラスして、
室内の備品に保険をかけておきましょう。そうすることで、そのもの自体は
返ってきませんが、経済的損失は最小限に抑えることができます。

2007年03月08日

動画有効活用 – 教育編(パート2)

これからは動画活用の時代がくると昨日の記事で書きました。
本日はパート2として、お勧めのソフトを紹介したいと思います。

Camtasia(カムタジア)

こちらのソフトでは何ができるかというとPC画面をそのまま録画し
音声も一緒に撮ることができます。同様のソフトとしてAdobeの
CAPTIVATE」が有名ですが、CAPTIVATEは動作が重たい上に
ソフトのライセンスが9万円と非常に高額です。。

Camtasia(カムタジア)は動作が軽い上に、一人あたり24,800円です。

EC studioでの使い方は、ソフトウェアのインストールから
技術部の教育動画、スタッフに実際に画面を動かしながら
ホームページの改善案を動画で渡すなど、用途は多岐に渡ります。

「Camtasia(カムタジア)」

Google EARTHの操作動画を撮って見ましたので、サンプルとして
ご覧ください。(音声は入れていませんが、話し声をそのまま録音可能)

————————————————————-

■Google EARTH

地球のどこでもツアーできるGoogle EARTHというソフトがありますが、
アフリカの一地点ですごい詳細画像が見れる場所があります。
(通常はプライバシーの観点から、ある一定の倍率までの表示です。)
Google EARTHをインストールされていない方はこちら

※アフリカ人の表情までわかります。。ここまで撮れるものなんですねぇ。。
Google VIDEOにアップしているので画質が落ちていますが、実際の画面では
表情やヤギの模様までくっきり見えます。→アフリカ詳細画像スポット

■EC studio創業の地へのツアー

EC studio創業の地(LA)→大阪本社→東京支社へのスタジオツアーです。

————————————————————-

このようにいつも通り操作した画面を録画することができ、
一度教育に使った動画は新人スタッフが入ってきたら、動画の説明通りに
PCのセットアップや、勉強を進めてもらうことができます。
(撮った動画はそのままiPodへ配信することもできます。)

お客様への説明にもいいですね。

大阪第4オフィスの動画スタジオが今から楽しみで仕方がありません。

————————————————————-
○井戸プロジェクト

EC studioでは2006年から財務コンサルをお願いしている会社があります。
その会社(エムズファクトリー)は財務コンサルの契約が取れたら
1社につき10万円をミャンマーの井戸プロジェクトに寄付されています。

EC studioの契約分も寄付され、実際に井戸が設置された写真が本日届きました。

070308ido.jpg

こうやって実際写真で見ると、感慨深いものがありますねぇ。

エムズファクトリーさんは財務力アップによる中小企業の経営支援を
主軸としたサービスを提供されています。
EC studioはIT活用による中小企業のIT部門を担っていきたいことから
理念やビジョンに共通点も多く、大変良くしていただいています。

2005年までは数字に基づかない勢い経営で、短期借入金で
固定資産を買うという離れ技?(笑)をやってのけ、2006年から
エムズさんに厳しい?指導を受けることによって財務体質がV字回復しました。
(2006年は設備投資を徹底的に抑えるよう指導され、2007年はもっともっと
設備や未来のためになる投資にお金を使いましょうという指導です。笑)

今は毎月の財務コンサルの際に、ECからITコンサル?を行い
エムズさんのホームページもどんどん良くなっています。
(ブログもアメーバブログからムーバブルタイプに切り替えられました。
ドメインも変更、EC studioのアフィリエイトでもあります。笑)

将来はECはIT部門をエムズさんは財務部門という中小企業の苦手とする分野で
提携し、新たな商品パッケージを作って経営支援していきましょうという
話も出てきています。経営に財務は(ITも!)切っても切り離せないですしね。

エムズさん今後ともよろしくお願いします!

人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.