EC studio EC studio 社長ブログ

山本敏行持論の記事一覧

2006年12月08日

いいこと悪いこと

私は何か意思決定をするときに、自問自答する基準として
これをすることは”いいこと悪いこと?”と問うようにしています。
お客様に対してでもいいですし、自分に対してでもあらゆる場面で
問うようにしています。

なぜこう思うようになったかというと、小さい頃にニュースを見たりして
不祥事を起こした会社社長のインタビューや犯罪を犯した人のニュースを見て
なぜ明らかにいけないこととわかっているのに犯してしまうのだろうと考えていました。
本人は悪いことをしていると気づいていないのだろうか?と。

それからは悪いことをした人は本当に悪いことをしていないと思っていたのかを
(本当に判断できないのか)注意深く観察し続けました。
すると全ての人は自分でこれは良くないことだなぁと思いながらも
行っていると私の中で結論づけました。幼稚園児から政治家まで全ての人がです。

自分に都合が良いから良くないことはわかっているけれど臭い物に蓋をするように
黙認したり妥協したりしているのです。

それがわかってから私はこれをすることは「いいこと悪いこと?」と
自問自答するようにしました。そして、「自分自身で悪いと思うことはしない」
というポリシーを決めると、自分だけのワガママで意思決定をすることがなくなります。

「悪いことはしない」というのは2重否定になっており、遠回りなように感じられる
かもしれません。しかし、これがいいんです。笑 
(「町をキレイにしよう」「あいさつしよう」と言われてもピンと来ませんよね。)

毎週100名以上増え続けているGoogleが大企業病に陥らないのも
「Don’t be evil(邪悪にならない)」というポリシーが浸透しているからです。

私自身にもこんな会に参加しませんかとか、会社役員になってくれませんかと誘われますが、
自分の名誉やお金のことを考えたらやろうと思うかもしれませんが、
ECスタッフにとって「いいこと悪いこと?」と自問自答すると「悪いこと」という
答えが出てきますので全てお断りしています。

自分にも周りにもニュートラルで正しい決断ができる「いいこと悪いこと」を
ぜひお試し下さい。

2006年11月30日

裸の王様

私は昨年一年間、外部研修を通して経営の勉強をたくさんしました。
数百名以上の経営者とお会いする中で気づいたことがあります。

会社を良くするのも、悪くするのも全て経営者に責任があると。
経営者は船で言う船長ですから、いくら優秀なスタッフがいても
方向(方針)を見誤るとタイタニックなってしまいます。

そして、特に危ない会社の傾向として見られるのが、その会社の
社長は社員を権力で押し付けて、裸の王様になっているのです。
私は裸の王様だけにはなりたくないと、面談をしてみたり
スタッフと飲みに行く機会を多く持ってみたり、スタッフの声を
吸い上げるように努めています。

昨日は新スタッフ歓迎会で飲み会がありましたが、その際に

「僕は裸の王様だけには絶対なりたくないねん。ボトムアップを意識して
話を聞くようにしているけれど、スタッフ数が24名になると
末端まで話を聞くことがどうしても難しくなってきてる。

権力があるとは思ってないけれど、スタッフは僕に対してどうしても
発言しにくい雰囲気があると思う。その対策としていいアイデアを思いついた。

社員の過半数の賛成があれば社長をクビにできる誓約書に
サインしようと思ってる。笑 そしたら君らもいつでもクビに出来ると
権利があると思ったら発言しやすくなるでしょう。僕自身もいつクビに
されるかわからないから、さらにみんなのために頑張ろうと思えるだろうし。笑」

お酒も入りながらこんな発言をしてみたら、スタッフがすごい
驚きつつ「えー、そんなの駄目ですよー。笑」と言っていましたが
時代も変わっていきますし、自分がトップとしてふさわしくないのであれば
上場企業のように社長がクビにされる仕組みを今から取り入れておくのも
悪くないかなと思ってます。

さっ、クビにされないよう頑張りたいと思います!笑

※明日は東京で新スタッフ歓迎会です。

2006年11月29日

未来の自分のために

私は何か意思決定をするときに、未来の自分のためになるかどうかを
判断基準にしています。

今一生懸命仕事に打ち込むことも、家庭を大切にすることも
未来の自分を幸せにするためです。
仕事や家庭というと抽象的ですが、例えばお風呂場のシャンプーが
なくなってしまい、詰め替えるのが面倒だなぁと思うことがあります。
そんな時でも私はすぐに取り替えるようにしています。

未来の自分が急いでいる時にシャンプーがなくなって
困ることがないように、面倒だと思っても今やっておくようにします。

このように、未来の自分を幸せにするための行動は非常に重要だと思います。
なぜなら、今の自分を作っているのは全て過去の自分だからです。

今の自分が幸せだと感じられないのであれば、今の自分の行動を
未来の自分が幸せになるような行動に切り替えましょう。
常にそう意識することで、年を重ねれば重ねるほど
幸せになっていくのですから。

必ず未来の自分はやってきます。今頑張っておいて
損することは何もありません。

全ては未来の自分のために。

きっと”過去の自分”にありがとうと感謝できる日がやってきますよ。

2006年10月31日

人生は時間(時間を何倍にも増やす52チップス)

2006年10月31日投稿
2007年08月12日更新(40個更新しました)
2007年08月16日更新(10個追加しました) — 追加した日付があります。
2007年09月25日更新(2個追加しました)— 追加した日付があります。
2007年11月07日この記事をマインドマップファイルで読みやすくしました。
ダウンロードはコチラ!

人生とは何かと言われると、それは時間の使い方ではないかと思います。
その人を今まで作り上げてきたのは、その人の習慣であり
時間の使い方だと思うのです。

今の自分はこれまでの時間の使い方で、なるべくしてなったと言えるのかも
知れません。もし、今の自分に満足していないのであれば
自分の時間の使い方を分析し、改善することが重要だと思います。

「その人自身の時間の使い方が、その人自身の付加価値になる」
と私は考えています。ですから自分自身の時間の使い方は
常に意識するようにしています。

自分の時間の使い方は、自分の成長につながっているか、会社の
役に立つことができているか、周りの人に喜ばれているか、などです。

私がITが好きな理由は、自分の時間を何倍にも増やしてくれる
時間製造ツールだからです。

今日の記事は私が行っている時間製造ツールとしてのITの使い方を紹介したいと思います。
(少々難易度が高いものも含まれていますが、ワード・エクセルが使えない私でも
時間製造のためにと思って何とか使えていますから、大丈夫だと思います。)

★★★時間製造のために、ありとあらゆるIT資源を活用する★★★

■情報収集編

●はてな

はてな

時間製造のためには「はてな」の人力検索は欠かせません。
自分自身がどうしても調べないといけないもの以外は、
はてなで聞くだけで十分です。利用者も増えてきて、
専門的な内容でも的を得た答えが返ってくるようになりました。

うまく質問しないと的外れな答えが返ってくる事がありますので
どういう結果を求めているかを絞ってあげるといいと思います。

例:「○○という商品をこの値段以下で売っているサイトを
教えてください。在庫切れはのサイトは不可です。」や

答えが多そうなものだと

「○○で有名なサイトを5つ以上教えてください。○○と○○は除く」
など、具体的にするとまともな答えが返ってきます。

●Google custom searchを活用する

Googleにはカスタムサーチという無料サービスがあり
Googleを使った自分だけの検索エンジンを作ることができます。

はてな、教えて!Goo、Yahoo!知恵袋、OKWaveのような
人力検索系サービスに毎回質問しているとお金もかかりますし
返答までにタイムラグがあります。

そこでグーグルカスタムサーチを活用して、これらの人力検索系
サービスの中だけを検索させる設定をすると、過去に同様の
質問があった場合はすぐにチェックできます。

それぞれのサービスを手動で検索すると手間がかかりますが
Googleに横断検索させると便利です。

私が設定した人力検索系Google custom searchはこちらから
ご利用いただけます。ご自由にお使いください。

人力検索系Google custom search

●Google Reader(グーグルリーダー)

情報収集にRSSリーダーは欠かせません。
その中でも私のお勧めはGoogle Readerです。

大量の更新情報でも上から下へザーッっと流し読みでき
必要な情報はクリックして別ブラウザで読めます。
毎日数百件の記事を1時間以内で処理できます。

Google Reader(グーグルリーダー)

また、最新の情報を入手したいときは、
Googleブログ検索がお勧めです。

そのまま検索するのも良いですが、
ブログ検索の結果をRSS配信しているので
そのRSSフィードをGoogle Readerに入れることで
気にしているキーワードでの最新情報が自動的に
Google Readerの中に配信されてきます。

■情報共有編

Google calendar(グーグルカレンダー)

Google calendar(グーグルカレンダー)はブログの記事でも取り上げました。
EC studioは来客はもちろん、アルバイトさんのシフト管理から
プロジェクトのリリースから、それぞれのスタッフのプライベートまで
うまく活用しています。

リマインダー機能を活用して、各オフィスにあるウィルコムに
来客の15分前にリマインダーメールが飛び、事前準備に備えます。

Google calendarの導入後は、口頭でスケジュール確認を
する必要がなくなり、非常に効率的になりました。

●EC会議システム

EC studioでは会議はオンライン上で行います。一般の会議では
発言権の強い人の意見が通りますが、オンライン上だと平等に
意見することができます。議事録も必然的に残りますし
出張中でその場にいなくても遠隔地で返信することもできます。

一人で10個以上のテーマについて議論することも可能で
毎日数十個以上の意思決定があちこちのテーマで行われています。

ペアワーク

プログラミングの世界で言う、ぺアプログラミングですが、
EC studioではプログラマー以外もペアワークを定期的に行います。

先輩と一緒に仕事をすることで新たな発見があったり
情報の共有、コミュニケーションの向上、集中力アップなど
非常に効果の高い仕事法だと思います。

Google Docs&Spreadsheet(グーグルドックス&スプレッドシート)

Googleが提供しているオンライン上の無料ワード&エクセルです。
Googleアカウントを持っていれば、無制限に無料で利用できます。
共有も容易で、同時編集も可能です。過去のバージョンも全て
残っているため、上書きして消してしまうというトラブルもありません。

EC studioでは日報を始め、様々なテキストをオンライン上で
共有しています。契約書を作成する時もドックスを利用します。

今後マイクロソフトオフィスを買う必要がないので、
経費節約としても非常に大きいですね。

Camtasia(カムタジア)

Camtasia(カムタジア)はデスクトップの画面を録画できる
お勧めソフトです。動作も非常に軽く、操作も簡単です。

このソフトを活用し始めてからEC社内は劇的に変わりました。
今までの教育方法が順次動画マニュアルとして置き換わっています。

上記で紹介したGoogle custom searchの設定方法を
私が録画したものを例として載せて見ます。
この動画を見れば誰でもGoogle custom searchが設置できます。

●Google VIDEO

Camtasia(カムタジア)のデモンストレーションでも利用した
Google VIDEO。撮った動画は全てGoogle VIDEOにアップします。
容量・時間制限なしで無制限にアップできて無料です。

動画を撮影したらアップロードして、Google VIDEOのアドレスを
スタッフへスカイプチャットで送信するだけで完了です。

これからは動画の活用は不可欠だと思います。

Google VIDEO 

MEDIAFIRE(メディアファイアー)

100MBまでのファイルであれば無制限にアップロードしておける
無料ファイル共有サービスです。

Camtasia(カムタジア)で撮った動画は、Google VIDEOと同時に
MEDIAFIREにもアップロードします。Google VIDEOでは
オンラインで再生するために画質が少し落ちますが
詳しく見たい場合は元ファイルをダウンロードできるように
しておきます。

自分のHDDの容量を消費することなく動画を保存できます。
毎日たくさんの動画が増えますから、外部無料ストレージ
サービスを活用しています。

Xacti(ザクティ)

Xacti(ザクティ)はビデオカメラです。EC studioでは全ての物を
記録するように意識しています。
プレゼンの記録、私が話した経営理念・経営ビジョン・評価制度
就業規則のビデオ。次々に入ってくる新人さんに毎回説明すると
大変です。このザクティが良い点は、重量も軽いですが、
動画データがとても軽いです。1時間でも200MB以下で撮れます。

そして、短い動画であればGoogle VIDEOで仕事中に見てもらいますが
商談などの長い動画はなかなか仕事中に見ることができません。
そこでEC studioでは全員に動画再生対応のiPodを支給して
通勤中に見てもらっています。

空いている時間を活用して、情報共有&教育を行っています。

iPod支給制度 – 総務の森

●ブログ(07/08/16日追加)

ブログの効果は非常に大きいと思います。今まで得られた
メリットを箇条書きしてみると、

・求人に応募してくる人の質が上がった
・売上が上がった、契約継続率が上がった
・ECスタッフや外部の方へ自分の考えが伝わる
・SEO対策効果、集客効果
・未来のECスタッフの開拓
・いろんな方からのアプローチがある

など、毎日1時間かけて書いている以上のメリットがあります。
もちろん読者の方にメリットを感じてもらえる
内容を心がける必要があります。

■コミュニケーション編

コミュニケーションはとても大切ですが、効率という面において
足かせになる場合があります。そのコミュニケーションにも
メリハリをつけることで、効率的かつ有効なものになります。

●ノートーク制度

EC studioでは朝礼後は昼休みまで「ノートーク」を実施しています。
文字通り話さない、メールチェックしない、チャットを見ないなど
コミュニケーションツールを遮断します。

そうすることによってやり残していたこと、やりたかったことを
一気に進めることができます。コミュニケーション不足も
問題ですが、コミュニケーション過多も問題なのです。

●コミュニケーションレベル

コミュニケーションはレベル分けすることができます。
・緊急×重要
・重要
・緊急
・優先度低

各レベルに応じて、コミュニケーション方法を分けることで
効率よくプロジェクトを進めることができます。

●ウィルコム or スカイプ通話

優先度の最も高い内容は、近くにいる場合は直接
話しかける、一対一の場合はウィルコム、複数人の場合は
スカイプの会議通話を利用します。

リアルタイム性を求められる内容は直接話します。

・スカイプ通話のお勧めマイク&イヤホン

●スカイプチャット or 携帯メーリングリスト

次いで優先度の高い内容は、スカイプチャット、
営業日以外であれば、携帯メーリングリストを使います。
チャットや携帯メールは作業が落ち着いた時に
見ますので、作業を中断させることがありません。

しかし、チャットであればデスクトップにポンと出ますし
携帯メールの場合でも、メール着信がわかりますので
比較的緊急度の高い時に使えます。

・スカイプの活用方法はこちら

●EC会議システム

リアルタイム性が求められないもの、承認が欲しいもの、
議論したいものは、EC会議システムに書き込みます。
見て欲しい人にマークを振ることも可能です。

同時に複数のテーマを話し合うのにも向いています。

●メール(メーリングリスト)

メールは能動的に受信しないと、届かないため
簡単な報告や、日報など、最も優先度の低い内容に利用します。

上記のように使い分けることで、コミュニケーション不足
コミュニケーション過多をバランス良く調節できます。

特に上長が部下の都合を考えずに、とにかく話しかけて
用件を終わらせてしまおうとする傾向にあるので
気をつけなければなりません。(私も含め。。。)

■リモート仕事術編

GOTOMYPC

日本語訳すると「私のPCの前に行く」とそのままのサービスです。
自分のパソコンに世界中のどこにいても、インターネットさえ
つながっていれば自由自在に操作出来ます。
(操作されるPCは常に電源をONにしておく必要があります。)

無料で利用できるログミーインというサービスもあります。
(無料版は再起動ができない等の機能制限があります。)
私以外は全員こちらの無料版を利用しているようです。

●リモートデスクトップ

Windows XP professional、Vista Business Editionには、
リモートデスクトップという機能があります。

同じ建物内(ネットワーク内)であれば簡単な設定で
タイムラグもほとんどなく操作できるためお勧めです。

EC大阪は4つのオフィスがありますから、手ぶらで移動して
その場でサッと仕事を始めれる体制を整えています。
(これはIT系でも必要な人は少ないかも知れません。)

Foldershare(フォルダーシェア)

Foldershare(フォルダーシェア) はブログの記事でも取り上げました。
私は6台のPCを使っていて、触りたいときに触りたい場所で
仕事をするため、常に同じデータをPCが手間なく同期されている事が
必須です。あのPCにあのデータが!あっ上書き保存してしまった。。
ということがあっては仕事がはかどりません。

ストレス無く自分の思いついたことを思いついたときに
PCに保存するためには欠かせないサービスです。

Google Desktop(グーグルデスクトップ)

Google Desktop(グーグルデスクトップ)は自分のPC内にGoogle検索を
利用できる無料ソフトです。ファイルを探したい時に非常に便利です。

拡張機能をうまく活用すると、複数台の自分のパソコンを
いずれかの自分所有のPCで検索できるという機能もあります。
自分のPC間のファイルを横断検索できるということです。

また、タイムライン表示という機能では、過去の自分の見ていた
ウェブ、ファイルなどの履歴を見ることができます。
「確かあの日のこの時間に見てたけど、ブックマークし忘れたー」
と、見失ってしまうことがなくなります。

もちろん過去の履歴をキーワード検索することもできます。

VAIO TYPE-G

VAIO TYPE-GというSONYの薄型ノートパソコンを持っています。
モバイルPCであればVAIO派とPANASONIC派に分かれますが
VAIO派はやはり「TYPE-G」ではないでしょうか。

洗練されたデザインに、衝撃に強い強固な作り、10時間以上持つ
バッテリーに、指紋認証ログインなど言うことなしです。

もちろんイーモバイルのカードも必須ですね。

●Googleブックマーク(07/08/16日追加)

複数PCに渡って作業をする方は特に、Googleツールバーにある
Googleブックマークが便利です。どのパソコンを使っても
ログインすると自分の最新ブックマークが利用できます。

メモ機能が使えたり、タグ分けも可能です。

他人のPCを利用する場合でも、ログインして作業した後に
ログアウトしておけば問題ありません。

■携帯活用術

●Google calendar mobile(グーグルカレンダーモバイル)

Googleカレンダーの唯一の欠点がオフラインで利用できないことです。
しかし、こちらのサービスを利用することで携帯の電波さえ
届いていれば、閲覧、編集が可能です。

Google calendar mobile(グーグルカレンダーモバイル)

ポスカのストラップ

急遽何か書かないといけない時にペンがないと不便ですよね。
そういう時のためにポスカのストラップがあると安心です。

●自分へのメール

外にいる時にアイデアが浮かんだ、やらないといけないことを
思い出したなどは、自分へメールを送ることをお勧めします。
ただ単にPCメールに送るのではなく、タスク管理サービスへ
メールを送ることで、そのままTODO管理ができます。

こちらの2つの無料タスク管理サービスがお勧めです。

Remember the milk(リメンバーザミルク)
Checkpad(チェックパッド)

●電話帳を工夫する

私の電話帳の一番始めのリストは「あ」です。
これはスタッフでも友人でもなく、自分用です。
「あ」というリスト名は50音で一番上にきますので
ここに以下のメールアドレスを登録しています。

「あ」に設定すると、携帯のメールボタンを押し、決定ボタンを
押し続けるだけでアドレスが入り、あとは新規作成画面で
文章を入力するだけです。私の携帯には3つのメールアドレスが
登録できますので、以下の3つを「あ」に登録しています。

1、自分へのPCメール

重要なメールや長文メールはじっくりみたいので、PCメールへ
転送するようにしています。広告などでメモしておきたい
内容があれば写メールに撮ってPCメールへ送信です。

2、チェックパッドへメール送信でタスク追加

自分で思いついたアイデアやタスク、依頼されたことは頭の中に
一切記憶せず、全てチェックパッドへ送信します。

毎日10個~20個以上のメールをチェックパッドへ送ります。

3、ECスタッフへのメーリングリスト

ECスタッフへのメーリングリストを登録しています。
このメーリングリストはECスタッフのPCメールではなく
スタッフの携帯メールへ送信されるメーリングリストです。

予想以上に便利でエラーなどの緊急のとき、もしくはEC飲み会で
タクシー数台に乗り分けたときなど、状況に応じて利用しています。
携帯さえあればボタンを3回押し、メッセージを書けば30秒ほどで
全スタッフに配信できます。

・ECスタッフは「EC」を前につける

スタッフ数がどんどん増えてきて、○○さんに電話したい
○○君にメールしたいなど、電話帳から探し出すのが手間になります。
そこで全てのスタッフの前に「EC」をつけることで、電話帳の
最後のページにスタッフ一覧のリストが並ぶことになります。

詳しい携帯活用術はこちらの記事で

●携帯メールの活用(07/08/16日追加)

肌身離さず持っている携帯電話のメール機能も活用しましょう。
私の行っている携帯メールの活用法です。

・売上メール

注文が入るたびに携帯にメールが届くため、売上レポート
システムにアクセスすることなく日々の売上が確認できます。
メールが届くたびに売上かも?!と、モチベーションが上がり
メール確認が楽しみになる効果もあります。

・リマインダーメール

Googleカレンダーのリマインダーを設定しています。
来客、各種予定、ゴミの日など、覚えておかないといけない
スケジュールが届きます。設定しておくことで、覚えておく
必要がなく、頭の中がスッキリしてクリエイティブな発想が
生まれます。ストレスからも解放されます。

・地図情報

来訪する場合や、レストラン、その他、ノートパソコンを
持参しない場合など、地図情報はプリントアウトせず
携帯メールへ送ります。紙・インク代も節約できます。

外出先で行き先を知りたい場合は、スタッフに地図情報を
携帯メールに送って欲しいと伝えるだけです。

■時間に対する意識

●相手の時間を奪わない

時間は最も大切なものの一つであると思います。それは自分だけでなく
他人においても同じです。常に相手の時間を無駄にしないように
意識することが重要であり、同じ時間を共有している場合は、
その時間を有効かつ楽しんでもらえるように意識する必要があります。

●極力動かない

移動時間や探し物の時間ほど無駄な時間はないと思います。
自分が移動しないといけない場合は、何かそこでできることは
他にないか、移動中に考えれることはないかと意識しましょう。
(何か思いついたらすぐに携帯でチェックパッドへ送信です。)

●自動化する仕組み作り

毎月銀行に支払いに行かないといけないなど、日々の業務の中で
自動化できるものはないか考えてみます。

費用の支払いは全て口座振替、料金の自動請求書発行システム、など
人がやらなくてもいいものは人の手でしなくていいと思います。
今までこれが当たり前と思っていたことでも、知恵を絞れば
自動化できるものはまだまだたくさんあると思います。

●突発的な時間を減らす

EC studioではスタッフがクリエイティブな仕事に集中できるように
突発的に動かないといけない時間を減らすように心がけています。
そのためコミュニケーションは重要度に応じて
スカイプ、メーリングリスト、会議システムを使い分けています。

突発的な用件はストレス度も大きいため、スタッフ自身の
心が疲れないようにという考えもあります。

●とりあえずで始めない(07/08/16日追加)

何か新しいことを始めるときに、アイデアが行き詰ったり
すると、「とりあえずやってみようか!」とスタートする
場合があると思います。

新たなことにチャレンジすることも大切だと思いますが
うっすらとでもゴールが見えてない状態で
スタートすることは非常に危険です。

もし、とりあえず支店を出してみよう、とりあえず
起業してみよう。。。など、うまくいかなかった場合に
取り返しのつかないこともあります。

まずは、理想の状態をしっかり練り、いかにそのゴールに
到達できるかのステップを見極めてからスタートしましょう。

●逸失利益を意識する(07/08/16日追加)

逸失利益とは「得れるであろうはずだった失った利益」
のことです。目に見える損害ではないため、気づき
にくいですが、1日早くサービスをリリースしていたら
生まれた注文、新たな出会いなど、失われた利益は
はかり知れないものがあります。

誰もが経験したことあると思いますが、あの時あの場所
あの瞬間でなければ今の自分はなかっただろう出来事、
出会いがあったと思います。

「その瞬間がその日に起きるかも知れません。」

ですからEC studioはリリースを急ぐようにしています。

1日で終わるプロジェクトが2個あったとしたら、
同時に進めて明日リリースするのではなく、今日
1個リリースして、明日に1個リリースするのです。

●怒らない(07/08/16日追加)

しかるべき時に怒ることは大切だと思います。
しかし、怒らないことも大切だと考えています。

イライラや八つ当たりから来る怒りは論外ですが
教育として怒ることの目的は、相手に変わって欲しい
できるようになって欲しいことではないでしょうか。

ただ、人が最も変わるのは自分自身で気づいた瞬間です。

恐怖心で人を変えるのではなく、気づかせるのです。

怒るということは基本的に非生産的な行為であり
怒る側にも活性酸素が発生し、自分の健康にも悪いです。

怒らないといけないような状態を作り出してしまった
原因は全て自分にあるのだという、原因自分論の
考え方が大切だと思います。

・原因自分論

■時間を意識した習慣

●早起きする

早起きは三文の徳と言いますが、本当にそうだと思います。
いつもより1時間早く起きて、本を読む、お風呂で考え事をする、
早く出社してやるべきことをやっておくなど、誰にも
邪魔されないリラックスした時間は発想を豊かにします。

私は朝1時間早く起きて、六甲山をウォーキングしていますが
左手には携帯を常に持ち、山の中でアイデアが浮かぶたびに
メールを送信しています。

●ベストな睡眠時間を見つける

「3時間しか寝なくても大丈夫な方法」のように、睡眠時間を
減らしても支障が出ないような方法論を解く本もあるようですが
私は反対です。起きている時間の効率を高めることなく
睡眠時間を減らして乗り切るのはナンセンスだと思います。

必ず無駄にしている、効率の悪い時間があるはずです。

それより翌日も元気良く仕事をするために、エネルギーを
蓄える十分な睡眠をお勧めします。
人によってベストな睡眠時間は違うと思いますから
体調の良かった日の睡眠時間を把握しておきましょう。

私の場合は6時間です。今のところどんなに忙しくても
きちんと確保できています。

●自分の時間を時給換算する

働いている時だけでなく、普段から自分の時間を時給換算
することをお勧めします。ビルゲイツと自分の何が違うか。
同じ24時間365日を持っていますから、違うのは時給ですよね。

私は服を買ったときの裾直しなど、必ず宅急便で送ってもらいます。
1時間後に出来上がると言われても送ってもらいます。

数百円の宅急便代を節約するために、もっと付加価値の高い
ことができるかもしれないのに、目先のお金を気にして
その先にある大きなチャンスを逃すかもしれません。

常に自分の時給を意識していたらそんなことは起きないと思います。

●同じことを繰り返さない

同じ話を同じように別の人に話す。時間がもったいないと思います。
もちろんこれも内容に応じてですが、動画でいいものは
動画で撮って見ておいてもらったらいいのではないかと思います。

コミュニケーションレベルの時と同じように優先度によって
仕組み化していくべきだと思います。

こちらの動画は今年のインターン生に向けての私の挨拶です。

大阪、東京で各4回ずつインターンがあるため、このような
形での挨拶にしました。インターン生とは直接飲み会の時に
じっくり対面でコミュニケーションを取ります。

同じ話をしなくてはいけない場合は、前回よりいかに
わかりやすく話せるか、もっと効果的な表現はないかなど
前回より成長した話ができるようにしましょう。

前回と同じことを話すだけならビデオで十分です。

●ファイル整理(07/08/16日追加)

・全てのファイルに日付をつける

全てのファイルを新規作成するときはファイルの前に
日付をつけましょう。「ブログ記事」というファイルを
作るのであれば「070816ブログ記事」です。

こうすることで、ファイルは時系列に自動的に並びます。

ファイルのタイトルには誰にでも簡潔にわかる内容に
することで、ファイルを転送しても日付とタイトルで
パッと見ただけで中身が想像できます。

ファイルはいつ誰が見るかわかりませんから
作成時から意識しておくことが大切です。

・時系列に保存する

「超整理法」でも述べられていますが、ファイルは
時系列に保存するのが最も良いです。
タイトルやフォルダ分けでは時間が立てば
わからなくなります。

同じファイルの種類は一個のフォルダ内に
どんどん追加して保存していきます。

人間は複数の場所に保存したありかを覚えておくのは
苦手ですが、一箇所にあるファイルで時系列順に
並んでいれば、いつ頃作成したかを思い出すのは
それほど不得意ではないようです。

・共有ファイルには★マークをつける

複数人で共有するファイルには★マークをつけます。

例えばEC studioではたくさんの動画を保存していますが
各部署のスタッフはどれを見るべきかがわかりません。
そこで日付の後に★マーク、そして内容です。

「070816★★★経営ビジョン発表動画」という具合です。

EC studioで作っているルールとして

★★★ — ★マーク3つは重要な動画であるため、
全スタッフが必須で見るべき動画です。

★★ — ★マーク2つは社内制度、ルールの変更など
現在在籍しているスタッフは必須の動画です。
新たに入ったスタッフは、変更部分を知る必要がないためです。

★ — ★マーク1つは見たい人だけ見る動画です。
技術的な専門的な内容など見るか見ないかは自由です。

●情報のデジタル化(07/08/16日追加)

後で必要になるかも知れない情報は、全てsearchable
(検索可能)な状態にしておくべきだと考えています。

記憶、検索はデジタルの得意技です。

あちこちにメモやノートで残しておいて、整理して
おくのもいいかも知れませんが、整理する時間、
探し出す時間を考えても、デジタル化がお勧めです。

講演などノート取っている人のうち帰ってから
何%の人が見直しているでしょうか。一生懸命
聞いているんだという、自己満足になってませんか?

講演を聞きながらマインドマップで保存し、
その議事録をメーリングリストで配信すれば
複数人で共有できますし、時系列に並んでいる
ファイルで後から見直すことも容易です。

●チェックリストを作る(07/09/25日追加)

人間の脳は複数の項目を正確に確実に覚えておくことが
苦手です。たとえ出張によく行く方でも、出張前の準備に
必要な物を確実にスラスラ言える方は少ないと思います。

何か忘れてないかな?これだけで十分だったはず。。。なんて
考えながら毎回準備していたのでは時間をロスする上に
出発してから不安にもなります。

そこでお勧めなのが、ありとあらゆるものにチェックリストを作ることです。
出張の持ち物チェックリスト、ジムの持ち物リストなどはもちろん
今日一日のやることチェックリスト、今週、今月のチェックリストもです。

TODOリストではなく必ず繰り返し行うものにチェックリストを作ります。
「毎日自分の行っている仕事だからチェックリストなんていらないわ。」
と思われるかも知れません。

しかし、仕事のはかどり具合、モチベーションが全然違いますよ。
ぜひ一度作って試してみてください。

私の場合は通常の一日のやることは以下の7項目です。

・プロジェクトチェック
・郵便物処理
・会議システムチェック
・情報収集(RSS)
・メールチェック1
・メールチェック2
・ブログ

この7項目を終えれば今日一日の仕事が終わりだと思えば
どんどん消していきたくなりますよね。
ブログ以外は午前中の1~2時間で終わらせて
午後は自分のやりたいプロジェクトに没頭します。

毎日たくさんの自由時間を生み出せるのも
このチェックリストのおかげだと思います。

一日のやることチェックリストのツールとしてお勧めなのは
Google DESKTOPのサイドバーの「タスク」ガジェットです。
常にデスクトップに見えてるため、あと何を終わらせるべきかが
一目瞭然ですから、必然的にモチベーションが上がります。

●スケジュールを振り返る(07/09/25日追加)

何かを行うときにスケジュールをたてるのは当然ですが、
実はスケジュールを振り返ることがもっと大切なのです。

スケジュールがうまくいかなかったのはなぜか、次回は
どうすべきかを全て洗い出すことが大切です。(いわゆる反省会ですね)
うまくいかなかったことは、チェックリストに入れておけば
次回は同じ失敗を繰り返すことなくうまくいきます。

チェックリストのお勧めツールは、Google Docs&Spreadsheetの
エクセル機能です。自分だけのチェックリストも作れますし
社内のスタッフと、友人と、家族との共有など自由自在です。

同じ失敗は二度と繰り返さない仕組みづくりが重要です。

■時間を意識した意思決定

●時間効果の見込めるものに投資をする

上場企業が会社を買収する大きな目的の一つは
「時間が買える」ことです。自分たちでも開発できる
かもしれないが、それ以上に買収することで得られる
時間短縮の方が、メリットが大きいと判断すれば買収します。

それほど時間は大切なものです。

ですからEC studioでは時間効果が見込めるものには
惜しまず投資します。例えばPCのスペックです。
必要以上に強化して購入します。

なぜならそのことによって日々作業するPCの動作が
少しずつでも早くなれば、累積すると大きな時間に
なるからです。

まだ使えるからと、PCの買い替えを渋るのは
大きな機会損失につながると考えています。

●権限を委譲する

自分でなくても良い作業は委譲する。これは鉄則です。
IT企業でも良くありますが、技術出身の経営者は自分で
技術がわかるために、作業に入ってしまう場合があります。

経営者には経営者のやるべき仕事があるのと同じように
自分でなくても良い作業はどんどん委譲して、自分は
さらに高度な仕事にステップアップしなければいけません。

それが自分の新たな付加価値になるのであって、仕事を
委譲しないのは、自分の地位を守りたいだけと思われても
仕方がないと思います。どんどん委譲し、日々チャレンジです。

●専門家に相談する

EC studioはあらゆる専門家に支えられています。
餅は餅屋で自社は自社の強みに特化し、得意分野でない
部分は外部ブレーンの力を借りる必要があります。

こちらも専門家の経験や時間を買っているということです。
自分(自社)の強みをとことん追求した方が良いのです。
何でもする=何も強みがないのと同じです。

●人脈ネットワーク(07/08/16日追加)

ノウハウ(know-how)よりノウフゥ(know-who)だと
言われます。つまり「何を知っているかより、
誰を知っているか」の方が大切であるということです。

自分ではどうしても解決できない問題でも、
わかっている人からすると簡単なこともあります。

業界の中だけでなく、いろんなジャンルの方との
お付き合いも大切じゃないかなと思います。

■日常生活

日常生活においても工夫できることはたくさんあります。

●宅配クリーニング

私はクリーニングに出すのが非常に手間で面倒に感じていました。
そこで会社と自宅周辺に取りに来てくれるクリーニング屋さんを
探し出しました。多少割高ですが、出しに行って、取りに行く
ことを考えると安いです。

●ネットショップ

仕事でもプライベートでもオンラインで買える物はオンラインで
買うようにしています。アスクル、ヨドバシドットコム、
アマゾン、楽天などです。手に取って見なければいけないものでも
店頭でチェックしてその場で同じ物で安く売っている
ネットショップで買うと安いうえに、持ち帰る必要もありません。

●イーバンク

仕事もプライベートもイーバンクを利用しています。
メルマネというメールで送金できるサービスが便利だからです。
スタッフの給料、リンクスタッフへの報酬、取引先への支払いも
全てイーバンクです。金銭の授受は「あっこの前の支払いは
イーバンクで請求しておいて欲しい。」と伝えるだけです。

SONYハードディスクレコーダー

テレビ番組は新しい情報を仕入れるのには向いていますが
番組表を見るのは面倒なものです。

私は自宅でSONYハードディスクレコーダーを使っていますが、
キーワード登録や過去の録画の傾向から私の嗜好に合った
テレビをどんどん録画してくれる優れものです。

また、お勧めされた番組や、急遽この番組がみたいと思ったら
携帯から遠隔予約できます。もちろん無料のサービスです。

●必ず気づく仕組みを作る(07/08/16日追加)

人間の脳は記憶しておき、特定の時間に思い出すことは
苦手なようです。何時に●●すると一生懸命覚えたとしても
その時間に別の用事で気を取られていると思い出せません。。

それは人間として仕方のないことだと思います。
リマインドはITのツールに任せるとして、忘れない
仕組みづくりも大切だと思います。

例えば明日持っていくものは、玄関に置いておく、
メモはドアに張っておくなど、必ず気づく仕組みを
作るのです。必ず気づく仕組みを作るということは
忘れることができる状態を作るということです。

覚えておかないといけないという行為は非常に脳内の
メモリーを消費しますし、ストレスがたまります。

———————————————————–

非常に長くなりましたが、以上が私の現在行っているITを
時間製造ツールとして利用している活用方法です。

・仕事とプライベートの時間の使い方

こんなに時間のことばかりを意識していたら、窮屈な生活に
なるなぁと思われた方もいるかも知れません。

しかし、私は仕事とプライベートの時間の使い方は全く反対です。

月曜日から金曜日までは業務効率をとことん追求するのは
プライベートの時間を贅沢に使いたいからです。笑
休日は逆にゆったりとした時間を過ごすようにしています。
無駄とも思えるようなことに時間を費やすのがプライベートでの
楽しみだったりします。

EC studioでは経営理念にある「時間的ゆとり」を実現するため
年間120日以上の休みを設けてあります。140日を目指しています。
(もちろんIT業界では当たり前の徹夜は一度もありません。)

しかし、業績は伸ばし続けなければなりません。

ということは必然的に業務効率を上げるしかありません!笑

これからもストレスなく業務効率を徹底的に高める方法を考えて、
システム開発し、お客様に提供してきたいと思います。

※もちろんブログの内容も、時間を使って読んで頂いているので
全ての記事に何か役に立つ事を一つ以上は入れるというテーマで
書いています。
(何を書くか毎日プレッシャーを感じながら、楽しみながら書いています。笑)

2006年09月20日

断る勇気

再び持論シリーズへ戻ります。
会社が大きくなるにつれて「断る勇気」は重要だなぁと
しみじみ感じています。

・上場目指しませんか?投資しますよ
・○○会に入らない?
・一緒にビジネス立ち上げましょう
・うちの取締役になりませんか?
・ゴルフ行かない?

などなど、お誘い頂けるのはありがたいことなのですが、
経営理念・経営ビジョンが明確になっていますから
自社の経営目的にプラスにならないことは全てお断りしています。

(会社概要ページに「しないこと10カ条」を作りました。)

経営目的とズレたお誘いを断れないと、会社はズルズル
下降線を辿ることになります。お付き合いなどで断れない事も
あると思います、しかし「弊社にはこういうポリシーが
ありますので、ご理解下さい。」という形で
勇気を持って断るべきだと思います。
(理解頂けない人(会社)とはお付き合いを辞めた方が良いとさえ思います。)

経営者は自社にマイナスになることを断らなければ
後ろに控えている社員をどれだけ不幸にするかを
考えないといけないと思います。

もちろん、ただやみくもに断ればいいということではありません。笑
自社(自分)のやりたい事、やるべき事を明確にしておき(重要)
それとズレていると判断したら、断るべきだということです。
(会社だけでなく、自分自身にも置き換えてみてください。)

————————————————————-

○山本敏行ポリシー

・名誉は求めない

いろいろな役や肩書きがつくようなお誘いを受けますが
自社にプラスにならないので、お断りしています。

・誘惑に乗らない

いろんな誘惑がありますが、会社の目的とズレているものは
全てお断りしています。

・社外の人と極力飲みに行かない

お互いの会社にメリットがないのであれば、付き合いの
飲み会には参加しません。相手の会社にメリットを出せるような
提案が出来ないときはこちらからもお誘いしません。

付き合いだけの飲みであれば、社内で飲みに行くか
友人と飲む方が楽しいですし、コミュニケーションもとれます。

仕事上の飲みで自分が楽しいからという理由だけでは
会社のためにならないので参加しないようにしています。

・その他にもありますがこの辺で、、、

————————————————————-

自分で読み返してみて思いますが、この記事だけを読むと
非常に冷たく、メリットしか考えていないような人に見えますね。。笑

違うんです。。。そうではなく、言いたいことは
自分のやりたい事を明確にせず、断るべきことを断れずに
ズルズル行くと、一度きりの人生、やりたいことをできないまま
終わってしまうかも知れません、ということなんです。

やりがいのある人生を送るためには、断る勇気も重要だと思います。

2006年09月15日

American don’t miss the chance

昨日お休みした持論シリーズを引き続き始めたいと思います。

タイトルの「American don’t miss the chance」ですが、
意味としては「アメリカ人はチャンスを逃さない」です。

私は2000年から1年間ロサンゼルスに語学留学していました。
留学する前はアメリカは世界一の国ですから、何もかもが
素晴らしい国なんだろうと思っていました。

しかし、現実はそうではなかったです。街中走っている車は
ボロボロ、適当な接客態度、食事は・・・などなど。
アメリカ人の平均月収は2000ドル前後と実は日本人より
低いんです。何でも二極化している国ですから一般の人は
貧しい生活をしています。
(CEO一人の給料が他の全社員の給料を足した額より多いのも普通)

国民一人一人を見ても、日本人の方が勤勉でしっかりしています。
でもなぜか、アメリカは世界を牛耳っているんです。留学中も
ずっと疑問に思っていて、たくさんのアメリカ人に質問しました。

「アメリカ人と日本人の根本的な違いは何なの?僕は日本人
の方が勤勉で丁寧で頑張っていると思ってるんだけど、
アメリカ人の何が優れているのかがわからない」と。

いろんな答えを得ましたが、その中で最もピンときたものが
「American don’t miss the chance」でした。
遠慮や謙虚さを美徳とする日本人の文化では、こうしたい!
と思っても、周りを伺う人がほとんどだと思います。

アメリカは自己主張の国ですから、欲しいものは欲しい、
やりたいことはやりたいと主張し、躊躇しません。
そこに大きな違いがあるんだなと思いました。

Winner takes ALL (勝者は全てを得る)という言葉が
あるように1番手と2番手では天と地の差があります。
マイクロソフトのウィンドウズを見てもわかりますよね。
(Yahoo!や楽天でもmixiに勝てないのもそうです。)

アメリカ人は利権を取れると思ったものに対する執着心、
本気さが半端ではありません。多少ミスがあったとしても
それを得るためだったら少々の犠牲があっても気にせず
勝利を勝ち取るまであきらめません。

私は必ずしもそれがいいとは思いません。日本の趣きある
文化も大好きです。しかし、出るとこは出ないと相手に
好き放題されてしまいます。

私は出るとこは出るという考え方になってから、これは
会社の将来に、自分の将来にプラスになることだと ピン!
と来たら、即決し、全力でそれに力を注ぐようにしています。
タイミングを逃して後悔するくらいならチャレンジして
失敗した方が良いと思っています。

ますますグローバル化してボーダレスになってきている
時代です。出るとこは出ないとどんどんツケこまれます。
(今のアジア外交なんてまさにそうですよね。。。)

私はEC studioの中でパソコンのスキルは一番低いですが
チャンスを逃さない積極性は一番高いです。
(もちろん失敗体験も一番多いと思いますが。。苦笑)

———————————————–

○大阪第4オフィス契約

14日14時に無事サイトマップラスをリリースし
休憩がてらコンビニに行く途中に、良さげな物件の空き室有りの
看板を見てそのまま管理人室へ直行しました。

予想通り不動産屋を通して欲しいと言われたので、コンビニに
行かずにそのまま不動産屋へ。そして、家主さんを呼んでもらって
一緒に物件を見に行き、その場で家賃・保証金交渉。

帰ってきてから保証人の父に印鑑証明を取得してもらい
登記簿謄本を準備して、4時間で契約準備を完了しました。

その時近くにいなかったスタッフは、いつの間にかオフィス
が増えていて、目が点になっているスタッフもいましたが。。。

いい物件を押さえるチャンスは逃せませんので!笑

その後スタッフを連れてEC第4オフィスツアーをしました。
予想以上の広さに驚いていました。喜んでくれたようで
とてもうれしいです。契約に踏み切って良かったと
胸をなでおろしました。

2006年09月13日

原因自分論

引き続き持論シリーズです。

今日の持論は「原因自分論」です。
原因自分論に関しては、自分で生み出した考え方ではなく
松下幸之助翁に次いで尊敬している経営者である
佐藤満先生からご教授頂いたものです。
(ホンダ社長(タイ)、フォルクスワーゲン社長、GM社長を歴任)

原因自分論とは文字通り、全ての原因は自分であるという考え方です。
非常にシンプルかつ深い考え方です。
全ての原因は自分が作り出しているということです。

売上が上がらない、利益が出ていない会社の経営者は社員、商品、
お客様、流行のせいにしている方もいらっしゃいますが、
そう考えている限り永遠に利益は出ません。
原因は自分(経営者)にあるのです。

社員教育、商品開発、お客様のニーズ、時代の波に乗るなど
対策を怠っていたに過ぎません。

もちろん経営者だけではありません、原因自分論は全ての人に有効です。
会社のグチ、奥さんの悪口を言う人もいます。しかし、良く考えてみると
その会社を選んだのは?その相手を選んだのは誰でしょう。

はい、、、自分です。グチや悪口を言うことは過去の自分に対して、
不平不満を言っているという恥ずべきことなのです。。笑

例え今の会社を辞めたとしても、次の会社も同じ出来事が起きれば
同じようにグチを繰り返し、悪循環に陥ります。

そうは言ってもやはり理不尽な出来事も起きますよね。
原因自分論、原因自分論と言い聞かせてもそう思えない時も出てきます。
しかし、なぜその出来事は起きたのか、その理不尽な出来事は未然に
防ぐことはできなかったのかと、やはり自分がその原因として考えます。

逆にうまくいったらどう考えるか。それも原因自分論で自分のおかげ
であると考えると「天狗」になって、おめでたい人になってしまいます。笑
うまくいっている場合は、「周りの人の協力があってこそ」と
考えると、原因自分論と感謝の気持ちが共存できます。

原因自分論が自分の中で定着してくると、怒ったり、イライラする
ということがなくなります。イライラするのも自分が原因ですから。
そうなってくると、人間関係も向上して、良いことづくめです。

ブログを読んでいる皆さんもぜひ原因自分論信者になって下さい。笑
きっと自分の人生、仕事、プライベート、人間関係が好転しますよ。

※グチを言っている人に対して、「原因自分論で考えないと駄目よ」
というと、イライラを増幅させるだけですので注意しましょう。

2006/06/22 佐藤満先生講演
(クリックすると拡大画像が見れます)

————————————————————-

○私の持論はいろんなシチュエーションで使い分けています。

「餅は餅屋」— 自分でやるべきかどうかを判断
「マラソン理論」— 競争に勝ちたい時
「必要性理論」— 物事の背景を知りたい時
「原因自分論」— うまくいかない時、イライラする時

2006年09月12日

必要性理論

昨日に引き続き持論シリーズを展開していきたいと思います。

私には「餅は餅屋」「マラソン理論」を含む判断基準や支えとなる言葉、
法則がたくさんあります。逆に法則が出来上がっていないことに関しては
非常に慎重で、情報収集し、客観的に判断、独自の法則を作り上げます。

一旦法則が出来上がれば、後ろを振り返ることなく行動できます。

今回紹介する私の持論として「必要性理論」があります。

私は人間社会には全てにおいて必要性が関係していると考えています。

○英雄

それぞれの国に歴史上の英雄がいると思いますが、英雄と呼べるほどの人物が
いない国もあります。ではなぜ英雄が生まれる国と生まれない国があるのか。
それは、英雄が生まれる必要のない平和な国だからです。

英雄がたくさん生まれている国は、混乱した社会を解決すべく
生まれるべくして生まれているということです。

○アメリカの訴訟社会、契約社会、組織論

アメリカは裁判が多く、契約社会、そして組織論が発達しています。
これを必要性理論から考えてみると、アメリカはもともとの始まりが移民です。
移民という事はそれぞれの価値観が違います。日本のように
阿吽の呼吸は全くないと言っても過言ではありません。

その結果、明確な文章による契約書、問題が起きたときは裁判
そして、価値観の違う集団をまとめる組織論が発達せざるを
得ないということです。

その他、宗教、法律、商品、などありとあらゆる人に関係するものに
必要性理論を当てはめることができます。

経営においてもそうです。会社の売上が下がるということは
社会からの必要性がなくなってきていると言うことです。

会社において自分はいかに会社にとって必要とされるかを
考えて仕事をすると、リストラされることなく、満足いく給料を
与えてもらえるはずです。

こう説明すると当たり前のことを書いているだけだと思われますが

例えば、素晴らしいと思える人がいたら「この方はどういう必要性で
こうなられたのだろう、家庭環境は?時代背景は?」などなど
必要性を意識することで、自分自身が必要とされる人になるための
ヒントを得ることができますね。

————————————————————-

○ブログの活用方法

営業日は毎日記事を書くというポリシーを持って書いていますが、
書く内容は濃い内容が多いので、1年もすれば私の考え方が
全てこのブログ内に詰まっていると言う状態になるのではと思っています。
(一つの記事に一つ以上の情報、役に立つ内容を書くように意識しています)

そうなれば、新入社員が入ってきても「僕の基本的な考え方は全て
このブログの中にあるから読んでおいてね。」と教育ツールに使えます。

このような形でEC studioでは、ITを有効活用できるところは徹底的に
ITを有効活用しようと考えています。ITでできるところはITに
人間は人間にしかできないクリエイティブなことに注力する。
これが根本的な考え方です。(餅は餅屋です。笑)

2006年09月11日

マラソン理論

先週の記事「餅は餅屋」が会う人会う人、そのネタについて
話題に上がり、少し恥ずかしくもあったり。。

本日はインターン志望で面接に来られた学生さんが
「社長の餅は餅屋の記事読みました!」と。。。

自分の知らないところで、自分のことを知っている人がいる、
インターネットはホントおもしろい(おそろしい)ですね。笑

餅は餅屋の記事が好評?だったので、私の持論シリーズを
続けたいと思います。

私が何か競争をする時にいつも頭の中に入れているのは
「マラソン理論」と名付けている持論です。
この理論通りに実践すると、どんな競争にでも勝てます。

この理論のもとになったのは、小学校の時のマラソン練習です。
マラソン大会に向けて授業時間、休み時間も毎日練習がありました。
私は負けず嫌いな所があるのですが、周りのライバルには野球部がおり
非常に強敵でした。なかなか勝つことが出来ませんでしたが、
日々練習する中で、勝てる法則を見つけました。

よーいどん!で一斉にスタートする訳ですが、目立ちたがりやの
猛ダッシュする人は放っておいて(いますよね。笑)、トップ集団に
ピッタリくっついていきます。

トップ集団にくっつき様子を伺いながら、そろそろお互いが
疲れてくるだろう時に、一気にスパートします。
それはそれは心臓が破裂せんばかりに必死でスパートします。

相手も不意を突かれたものの、スパートに付いて来ざるをえません。
必死で追いかけて来ても、とにかく容赦なくスパートし続けます。
2位に校庭の半周くらいの差をつけても、安心してそこで止まってはいけません。
とにかく周回遅れになるまで走り続けます。(相手の心が折れるまで)

周回遅れにまで持っていくほどスパートし続けると、2位の人は
「あんな奴に付き合ってられないわ」とあきらめるポイントがあります。
校庭のマラソンであれば周回遅れです。周回遅れになれば
私自身も非常に疲れてはいるのですが、あとは2位の人と同じペースで
並んで走り続ければ、そのまま悠々と1位でゴールを切ることができます。

この理論はありとあらゆる場面で使うことができます。
現在の会社経営に置いてもそうです。流れの速い、競争の激しい
IT業界で生き残るにはとにかくマラソン理論だと思って
創業以来ガムシャラに頑張ってきました。

その甲斐あってか、創業6年目の今年はビジネスモデルも固まり
スタッフも育ち、仕事もプライベートも非常に充実しています。
やはり経営にもマラソン理論が通じるんだなと実感しています。

もちろん人生に置いてもマラソン理論を実践したいと思っていますので
若いうちに仕事にプライベートに一生懸命打ち込みたいと思います。

ポイントは1位になっても油断せず、圧倒的な勝ちを確信できるまで
頑張り続けることだと思います。相手も人間です、自分がしんどいと
思ったら相手も同じだけしんどいはずです。そこで踏ん張れるかどうか。

そこに人生の分かれ目があるのかもしれません。

2006年09月07日

晴れ男・雨男

良く言いますよね。「僕は晴れ男なんだよね。」「私は雨女だから
次のイベントは雨降ったらごめんなさいね。」と。

私の主観ではありますが、自分のことを晴れ男・晴れ女という人は
プラス思考の人だと思います。逆もしかりで雨男・雨女と
思う人はマイナス思考ではないかと。

天気はその地域にいる全ての人に共通しているはずなのに
なぜ自分は晴れ男・雨男と思ってしまうのでしょう?
決めているのは自分なんですよね。その心の奥にはプラス思考、
マイナス思考の部分が潜んでいるのだと思います。

自分でいうのもおかしいですが、私は自分自身でスーパーポジティブと
表現することもあるくらい、プラス思考です。
もちろん自分のことは晴れ男と思っています。。。

天気予報が大雨と予報を出していても、自分がそのイベントに行ったら
その時間だけは晴れると信じて疑いません。笑
(雨が降っていても自分だけは雨に濡れないと思うことも。。。)

ここまで言うとEC studioの代表は単なるおめでたい人だと思われますが、
意図的にそう思うようになった、そう思うようにしています。

一度きりの人生ですから、やりがいのある楽しい人生にしたいですよね。
それが天気という万人に共通の出来事が起きているのにも関わらず
自分の解釈だけでプラス、マイナスにとらえる訳ですから、普段の日常生活で
マイナスに考える事がいかに多く、損をしているかということです。

○プラス思考になる方法

人間の思考には小さい頃の教育が大きなウェイトを占めてくるのですが
マイナス思考だと思っている人でも、プラス思考になることはできます。

それは、

「自分の発する言葉は必ずプラスの内容で話すこと」

言葉は言霊ともいうように、非常に大きな力を持っています。
マイナスのことを口で発し、耳で聞き、脳にインプットする。
マイナス思考の悪循環が起こります。

失敗した時、出来なかった時、大きな問題が起きたときでも
発言する言葉は全て尻上がりにプラスの内容で終えるようにしましょう。

「この失敗の経験は次の人が失敗しないように教えてあげよう」
「今回は○○できなかったけど、ここを対策すればできるようになるね」
「こういう問題が起きるということは、自分を試されているんだな。
 これを乗り切って、成長できるように頑張ろう」

という風に、同じ出来事でも尻上がりにすれば脳にプラスの言葉が
インプットされますから、少しずつプラス思考へ変わっていきます。

どうしてもプラスの発言が出来ない場合でも、マイナスの言葉は
“絶対に”口に出さないように、心の中だけでとどめて置くのもポイントです。

プラス思考の人の周りにはプラス思考の人が集まります。
プラス思考の組織(会社)は必ず良い成果(売上)を生み出します。
EC studioはもちろんプラス思考集団です。マイナス思考の人が
入社しても1ヶ月間「プラス studio」の中にいれば、プラス思考になります。

周りにマイナス思考の人が多いから無理、と考えるのはマイナス思考です。
まず、自らがプラスの言葉を発し、プラス思考になり、オセロのように
周りをマイナスからプラスへ切り替えるように接していきましょう。

人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.