EC studio EC studio 社長ブログ

山本敏行持論の記事一覧

2008年07月22日

ベンチャー精神忘れるべからず

EC studio は設立3年半のベンチャー企業です。

創業時はどこの会社もそうですが、人なし、商品なし、金なし、
情報なし、コネなしのないない尽くしです。あるのは
熱い思いの勢いに任せた創業メンバーのみです。

EC studio も同じです。まさしく何もありませんでした。

しかし、創業メンバーとして頑張ってくれてるスタッフのために
小さい会社だけどITを駆使した経営「IT経営」を
実践すれば少人数でも大企業に負けない
商品力・待遇・信頼・安定・社会貢献を実現する!
という信念を持って必至に走ってきました。

スタッフの親に対して大事な子供を預かっているという
責任感もその原動力になりました。

3年半たってみて、ふと振り返ってみるといつの間にか
30名を越えるスタッフがおり

商品力→中小企業のIT経営を支援するソリューション群
待遇→新卒給料25万円、年間休日120日以上、その他福利厚生
信頼→一部上場企業との取引実績
安定→毎月過去最高売上
社会貢献→ハイクオリティ・ロープライスな商品

創業時が丸太で作ったイカダなら、現在はクルーザー
くらいにまで成長しているのかも知れません。

ただ、私はその状態に非常に危機感を覚えました。

なぜなら創業時はイカダで、どんな波でも乗り越えて
やろうという意気込みで、沖へ向かっていた組織が
クルーザーに乗ったら、どうしても安心してしまうからです。

EC studio が波のない池(低い目標)でクルーザーに
乗っているのであれば、安心してもいいでしょう。

しかし、EC studio には

“IT経営で日本を、そして世界を変える!”

という壮大な経営ビジョンがあります。

このビジョンを達成するためには大きな課題、障害が
あることでしょう。海に例えるなら900ヘクトパスカルの
台風が来ている時にクルーザーで出航しないといけないような状態です。

経営ビジョン実現に向け、組織のベクトルを一致させ
全精力を注ぎ込んで前に進んでいく。
そうすれば必ず実現できるはずだと信じています。

EC studio として日々の生活は一般企業、大手企業以上に保証します。
しかし、そんな低い目標で満足してはいけないということです。

創業時を知らないECスタッフにもこの気持ちを共有すべく
初心忘れるべからず ならぬ ベンチャー精神忘れるべからず
という記事を書いてみました。

2008年07月18日

知恵と努力なきところに両立なし

私は一般的に考えて、相反するものを両立させるには
知恵と努力が不可欠だと考えています。

スピードとクオリティ
仕事と家庭
利便性とセキュリティなど

「片方だけなら誰でもできる。両立させるために
努力をしよう。知恵を絞れば必ず実現できるから。」
とECスタッフに対して言っています。

必ず実現できる!と信じて考え続ければ
不思議と解決できるアイデアが”必ず”出てくるのです。

そんなことは無理だ、できるはずがないとあきらめた瞬間に
できる可能性を自ら捨ててしまっているのです。

「山本社長は何でそんなにアイデアが出てくるんですか?」と
質問されることがあります。その質問に対する答えは

「考えてるからです。」と答えます。笑

自分に解決できない問題は自分の前に現れないのです。
北朝鮮や原油高、高齢化社会の解決策を誰も
私に望んでいません。私の前に現れている問題は全て
私が解決できる問題だから、答えは必ずあるのです。

それを解決するかしないかは自分次第です。

その問題を解決し続けることが成長だと思うのです。

———————————————————

■ヒトリゴト

●昨日、今日の出来事

昨日、今日は東京出張で2日で合計8件の商談でした。
分刻みのスケジュールでしたが、いろんな出会いが
あってとても楽しかったです。

今はまだ書けませんが衝撃的な商談もありました。
近いうちに新サービスとして提供を開始することに
なりますが、EC studio を爆発的に成長させる
可能性を秘めています。

ビジネスモデルや今後の展開を考えると2、3時間
鳥肌が立ちっ放しでした。こんな感覚は2、3年に
1回あるかないかです。スタッフにも早速商談動画を
見せましたが「これはすごいと思いました、
よくこんな出会いがありましたね。」
「うちのサービスラインナップとして不可欠ですね。」

など、早速サービスの展開方法について考え
始めているようでした。楽しみです。

頭の中でイメージしているEC studio の理想の
サービス提供ができている未来にタイムマシンで
ワープしたいなぁ・・・なんて。。

でもそのプロセスがまた楽しくもあり苦しくもあり、
それが結局やりがいなんでしょうね。頑張ります!

2008年07月11日

無理せず焦らず、じっと待つ

人にはバイオリズムがあります。
なぜかうまくいく時と、いくら頑張ってもうまくいかない時、
それはバイオリズムの高調期、低調期によるものだと思います。

私は超プラス思考なので、バイオリズムが高調期じゃないかな
という時がほとんどなのですが、何ヶ月かに1回は
今はちょっと低調期かなぁと思う時があります。

ちょうど今ですね。笑

いつもと同じように仕事をしているつもりなのですが
仕事ははかどらないし、アイデアもいつものように出ない、
季節の変わり目で体調も崩し気味だし、という感じです。

そんな時はどうするか。

じっと待って静観する。
無理しないし焦らない。

だって低調期なんだから。

嵐の時は過ぎるのを待つ、冬が終われば春が来ますから。

ホームページがいいのは高調期に作ったコンテンツが
低調期であっても100%の力を発揮してくれるところですね。

来月のシリコンバレー出張の時に頂点に持っていければと思います。

2008年06月23日

細切れ時間で差をつける

人よりいい生活がしたい、若くして成功したい、
より早く成長したい。みんなそう思っています。

いい人脈を持つ、仕事の業務効率を高める、
人が休んでいる時に頑張るなど、一般的に
言われている手法で頑張るのもありです。

ただ、その方法はみんな本を読み、いい話を聞き
それぞれ取り組んでいるため差がつきにくいです。

しかし、ほとんどの人の盲点は

「細切れ時間」です。

細切れ時間とは、電車に乗り込む時間、駅から
歩く時間、ふと何もすることがない時間など
誰にでも一日数十分~2,3時間は無駄にしている時間です。

ほとんどの方がこの時間を無駄にしています。

電車に乗ったら周りをみてください。皆さん
社内広告を見たり、外を眺めたり、寝たり、
ぼーっとしています。

はい、そこがチャンスです!笑

細切れ時間の活用に最も効果的なのは携帯です。

携帯でRSSで情報を収集したり、メールをチェック
したり、アイデアを考えては自分のPCに送っておくなど、
これからは細切れ時間を制する者が勝つと思います。

この社長ブログの記事も電車に乗ってる20分間に
周りを見て、相変わらず細切れ時間を無駄に
している人が多いなぁと思って書きました。

そこに気づいていない人がほとんどなので
逆にチャンスですね。。皆さん気づきませんように。笑

—————————————————–

■ヒトリゴト

●本日の出来事

大阪の4つのオフィスのうち、私の働いているオフィスは
唯一ADSLでした。最もたくさんのスタッフが働いている
オフィスがADSLで、しかも動画もたくさん活用していますので
回線の重さがかなり苦痛でした。。。

※吹田市の一部地域は光が引けないと言われてました。

NTTと何度も何度も交渉して、なんとか光を引いてもらい
本日無事開通しました。かなり快適です!

どこまで回線が耐えれるか無駄にデータを転送してみたり
意味のない実験をしてましたが、全然余裕です。

やはりインフラは大切ですね。

●明日の予定

明日は日帰り東京出張ですが、同時に自宅の引越もあります。
今夜までにパッキングをして、明日はアリさんマークの
引越社が運んでくれます。

始発で家を出て、終電で帰ってきたら新しい家に
帰ることになります。間違えて前の家に帰りそう。。

2008年06月20日

目標や夢は話せば早く実現できる(できてしまう)

最近スタッフからの報告で何名かで週一回終業後に
晩御飯を食べながらお互いの人生の目標や夢を話し合う
「人生がんばるプランの会」という会が発足しているようです。

会の名前はもうちょっとカッコ良くできるんじゃないかな?と
思いつつも(笑)会の感想を聞いてすごいと思いました。

自分の考えている目標、夢、悩みなどありとあらゆる内容を
マインドマネージャーにまとめ、それを見せながら話すそう。

「自分で深刻だと思っていた悩みを話してみたら、「こうしたら
いいんじゃない?」ともらったアドバイスであっさり解決できました。」

「自分の目標を話しているうちに矛盾していることに気づきました。」

「夢を話してたら、ますます大きな夢に広がりました。」

「延び延びになっていた計画がみんなからプッシュされ
早く実行できるいいきっかけになりました。」

「みんないろいろ考えてるんだなぁと感心しました。」

など、普段は仕事の話が中心になりがちですが、それぞれに
自分の人生設計がある訳ですから、それを気心の知れた
ECスタッフに話してみる。非常におもしろい試みだと思います。

ランチ支援制度に「ドリームトーク」という夢や目標を
話し合う新制度を導入してもいいかもしれません。
※「人生がんばるプランの会」メンバーは新制度に
できるよう、継続してより良い会にしてくださいね。

そして、今日の記事タイトルである

「目標や夢は話せば早く実現できる(できてしまう)」

これは私の実体験でもあります。私は「人生がんばるプランの会」
メンバーではありませんが、目標・夢を話す場があります。

そうです、この社長ブログです。

ブログを書いてるうちに整理されますし、目標や夢、やりたいこと
現在やってることをどんどん書きますので、コメントやスタッフ
からの感想などフィードバックも返ってきます。

「シリコンバレー支社設立!(予定)」という記事を書いた時は(08年5月)
設立できる見込みなどありませんでしたが、その後あれよあれよと
8月には不動産を探しに行くスケジュールまで決まってしまいました。

はい、シリコンバレーにいらっしゃる日本人の方、行ったことの
ある方からのアプローチ、紹介紹介でいつの間にか
実現レベルまで達してしまいました。

一人で抱えてたらもったいないです。恥ずかしい、反対されるかも、と
いろんな想いがあると思いますが、話しているうちに洗練されますし
反対してた人に継続して言い続けると、いつの間にか応援側に
回ってくれることも多いのです。とにかく話してみましょう!

——————————————————————–

■ヒトリゴト

●2日前の出来事

いつの間にか大阪IT飲み会も第4回になりました。

毎月第3水曜日19時に大阪のIT業界を盛り上げよう、
そのためには売上を上げないといけないということから
「売上の上がる情報交換、売上の上がる人脈ネットワーク、そして
飲み会の場で実際の売上につなげよう」という主旨です。

今回は過去最大の人数ですごい盛り上がりました。
あまりの盛り上がりに私も楽しくなって、熱く話してたら
帰ってきたら喉がかれてました。笑

「すごい刺激になりました、次回うちの取引先も連れてきて
いいですか?」とたくさんの方から声をかけられました。

全員に「もちろん、いいですよ!」と返してますが
来月の人数はどうなることやら。。

まぁ、増えても減っても、とにかく毎月第3水曜日19時に
IT飲み会は継続しようと思ってます。

IT飲み会の運営を手伝ってくれてるスタッフとは
「たとえ僕達4人しか集まらなかったとしても、
4人で飲みに行くくらいの気持ちでやろう!笑」と
盛り上がっていました。

手を上げてやり始めたらやり通さないとですね。

——————————————————————–

●第15回EC合宿終了

2週間にも及ぶEC studio のプロジェクト合宿も本日が最終日。
来週の朝礼でスタッフそれぞれに割り当てられたプロジェクトの発表が
ありますので、最終日もテンション高く仕事をしています。

3ヶ月に1回全員揃っての記念撮影もしていますが、
そろそろ定員オーバーな気が・・・
合宿打ち上げは夫・妻・彼氏・彼女・ECに関係の深い人を誘ってもいい
というルールがありますので、人数がさらに増えます。飲みます!

 

2008年05月28日

日本の経営者は社員に甘えていると思う

少し刺激的なタイトルですが、独り言として捉えておいてもらえれば。。

私が日本の政治家や経営者を見ていて良く感じることであり
私自身もそうあってはならないと自分自身を奮い立たせるように
していますが、まだまだ甘いなと自己反省する毎日です。

どういうことかと言いますと、私は定期的にアメリカに
行くのですが、行く度につくづく日本人って優秀だなぁと思います。
ミスは少ないし、丁寧だし、商品の質は高いし、いい所だらけです。

ではどうしてアメリカに負けるか、なぜおいしい所はアメリカに
持って行かれるかですが、それは完全に”リーダーの力不足”です。

リーダーというのは国家においては総理大臣だけでなく政治家も、
会社においては経営者だけでなく経営幹部も含まれます。

国民の平均レベル、社員の平均レベルは圧倒的に日本の方が
高いのに、リーダーの力不足で負けてしまうのです。
裏を返せば日本の一般レベルが高いからリーダーの力が
足りなくても今までやってこれました。

例えば日本人同士だったらこれくらい常識だからと曖昧なままで、
明文化しないことも多いですが、アメリカは移民大国ですから
一般常識と思われることでも、国が違えは常識が通用しません。

全てを明文化しますし、いろんな価値観の人を動かさないと
いけませんから組織論も発達しています。アメリカは
必然的にリーダーの能力を求められる厳しい環境なのです。

重役出勤、平日ゴルフ、仕事につながらない会合や飲み会、
そして売上が上がらないのを社員のせいにしている経営者は
今すぐ辞めた方が会社のためではないかと思います。

職場は一将の影と言います。全てはリーダーに責任があるのです。
教育は口でするより、背中を見せるのが最も効果的だと思います。
部下が問題を起こしても叱るのではなく、原因自分論で
全ては上司である自分に責任があるというリーダーに
人はついていくのではないでしょうか。

これから少子高齢化、BRICSの台頭で日本はますます
厳しくなると言われていますが、私はそうは思いません。

日本には最高レベルの社員が揃っていますから、
リーダーが頑張れば、まだまだ伸びしろはあると考えています。
少子高齢化も世界最高水準のITインフラが整っている
日本ですからITを有効活用すればいいのです。

リーダーはどんなに大きな問題があったとしても、
明るく大きなビジョンを掲げ、組織を率いていくべきだと思います。

2008年04月24日

経営に偶然はない

最近は各地を飛び回っていてブログの更新頻度が
落ちています。。。(今は終電の中で書いてます。)

昨日は福岡でカヤック柳澤社長とペンシル覚田社長と
飲んでいました。今朝始発で大阪に戻り、
夜には第2回大阪IT飲み会に参加していました。

※定員が30名で埋まってしまっていましたので
ブログで案内できませんでした。すいません。
次回は50名超までは集めたいと思っていますので
ブログで案内したいと思います。5月21日水曜日に
開催する予定です。今のところ毎月第3水曜日の予定。

そしてつい先ほどまで、大阪IT飲み会にペンシル
覚田社長も参加いただいていましたので、キルギス人の
アントンさんを誘って2次会としてバーで飲んでいました。

昨日も今日も飲みながら深い話をしていましたが
やはり経営に偶然はないんだなぁと思いました。
うまくいっている会社には必ず経営者の信念が貫かれています。

カヤックは去年は2007年だから77個のプロジェクト、
2008年は88個のプロジェクトをリリースするんだ!と
一見ハチャメチャな感じに見えるのですが、柳澤社長と
話していると、経営に関しての本気さが半端ではないです。

今夜も覚田社長と飲んでいて、いろいろ考えさせられる
お話をたくさんしていただき、とても勉強になりました。

特に心に残ったのは「僕は自分が死んだ時に
自分自身に尊敬される生き方をしたい。」です。

大阪IT飲み会という縁を大切にし、いかに大阪に、
日本に、そして世界に貢献できるかということを
意識して、日々精進していきたいと思います。

2008年04月10日

社員数は40人まで

リクルートサイトをリニューアルしてから次々と応募があり
複数名の優秀なスタッフの入社が決まっています。

リクルートサイトをリニューアルして良かったなぁと思います。

ただ、このままどんどん増えていきそうな感じがするので
どこまでEC studio を大きくするかを考えていました。

EC studio は売上規模は追求するが、会社の規模は追及しない
という方針があります。いわゆる少数精鋭のスタイルです。
しかし、明確な指標がないとズルズルといってしまいそうです。

そこで先輩経営者の方々に相談してみました。すると
「社員数が30人くらいの時が一番楽しかったなぁ」や
「社員数が40名を越えてきたくらいから部署間の対立が
起きて、責任のなすりつけ合いが始まったよ。。」など
かなり具体的なアドバイスをいただきました。

なるほど。。売上規模の追求は継続するが、社員数は
上限を決めよう!と思いました。
(現在社員数15名、アルバイト12名)

EC studio の場合はスカイプチャットやオンライン会議システム、
毎月1回の全員飲み会があるため、風通しは良く組織も若いため
40人までは大丈夫だろうということ、そしてEC studio は
1と4(EC)にこだわりたいので、EC studio(1社)あたり
40人までとすることにしました。

よくよく考えてみれば、小学校や中学校の1クラスも
40人弱と、1人の経営者(担任)で見ることができる
人数の事例として参考になりますね。

では40名を越えそうな場合はどうするかですが、
採用を止める?、入れ替え戦?、新しいクラスを作る
(別会社を作る)など、いろいろ選択肢はありますね。笑

実はすでに次の会社の構想も練っていて、会社名も
決めています。ECのグループ会社になりますので
もちろん新会社も1社40人ルールは適用されます。

クラスがどんどん増えていったら、今度は年代別に
学年に分けていくことになるんでしょうか?!笑

2008年04月07日

売れ過ぎても困らない

EC studio は創業当初から、ハイクオリティ・
ロープライスをスローガンにサービスを提供してきました。

これまでのところ、このスローガンで順調に
成長してきましたので、確信が実感に変わっています。

もっともっと喜んでいただけるサービス提供を目指します。

また、創業当初から意識していたことの一つに
売れすぎた時の体制を整えておくというのがあります。

サービスを提供する前から売れ過ぎたことを
考えるなんて早すぎるとか、どれだけ自信満々
なんだと思われそうですね。

しかし、私が思うのは売れすぎた時の体制を
しっかり整えておけば、安心して売込みができるので
心にロックがかからず、売れるようになるのです。

そして、売れ過ぎたことを考えるわけですから、
このくらい利益が出たらこうしよう、会社はこれだけ
成長しているだろうと夢がどんどん広がります。

ある意味ビジュアリゼーションができてしまうのです。
※頭の中に明確にイメージができることは99%以上
実現したのと同じと言われています。→ビジュアリゼーション

EC studio がサービスをリリースするときは、売れ過ぎた
時の対策ができていますから、4月1日から販売開始した
イーセットスマートセキュリティが仮に1000万本売れても
問題ないような体制を想定して準備しています。

※実際に売るつもりです。笑 ウイルス対策ソフト市場の
シェアをひっくり返したいと考えています。そのくらい
このソフトはいいので、出来て当然だとも思っています。

実際に想定以上の体験版ダウンロード数が続いていますが
例え100万本や1000万本の同時ダウンロードでも
大丈夫なシステムを構築していますので、安心して
ありとあらゆるプロモーションを打つことができます。

考えられる究極の状態に対策しておけば、慌てて
その場しのぎの対策をしなくて済みますし、結果的に
売上アップにもつながるのだと思います。

2008年03月26日

ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・ギブン

最近は商談づくめの日々を過ごしていますが、
今週は特に多くて10件あります。

内訳は大阪3件、東京6件、名古屋1件です。
明日からは東京で午前、午後、夕方の3連チャン商談×2日です。

手前味噌ですが、私は商談をうまく取りまとめるのは
得意な方だと思います。必ずといっていいほど、
想定以上の成果やいい情報が入り、WIN-WINの関係になります。

商談をすればするほど、EC studio のコラボプロジェクトが
増えますし、強力なネットワークが広がっていきます。

皆さんの役に立つかはわかりませんが、私がいつも
商談の時に意識していることを書きたいと思います。

私が商談の時に意識していること、それは・・・

「ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・ギブン」です。

いったい何のこっちゃ、という感じだと思います。笑

では、説明していきます。

良く言われる言葉で「ギブ&テイク」がありますよね。
私はこれがあまり好きではありません。結果的に
ギブ&テイクになるのはいいと思いますが、テイクの
ためにギブするんだというのは、いまいち。。。

私がお勧めしたいのは、しつこいようですが
「ギブ・ギブ・ギブ・ギブ・ギブン(Given)」です。

つまり、与えて与えて与えて与えていたら
求めていなくても与えてもらえるのです。
与えれば与えるほど、いいものが与えられるのです。

これは人間の心理として必ずそうなると言っても
過言ではありません。※謙虚な日本人は特に。

「そんな与えてばっかりしてたら、自分が
損するばかりでは?」と思われるかも知れません。

大丈夫です。

物やお金を与え続けたら減りますが、減らないものを
ギブしたらいいのです。

それは「情報」です!

私は商談が始まると、事前にリサーチして先方が
喜ぶだろうと思われる情報をどんどん出します。
話し出したらもう止まりません?!笑
(話す情報は公開して問題ないものに限ります。)

相手が喜ぶような情報をどんどん出すと、先方が
喜んでいる顔が見れますので、それだけで十分なのですが
必ずと言っていいほど、とっておきの情報が
与えられるのです。

そして知り得たとっておきの情報が蓄積され
次の商談に活きてきます。するとまた新たな情報が
自然と入ってくる、情報蓄積スパイラルが起きるのです。

IT業界は特に何を知ってるか、誰を知ってるかが
重要な業界だと思っていますので、これからも
この商談方法を継続していこうと思います。

また、この社長ブログもある意味、見返りを求めない
「ギブ」だったりします。未熟ではありますが
私の知っている限りのノウハウや情報を、
毎日1時間かけて「ギブ(公開)」し続けます。

もう1年半以上ギブ投稿してきましたので、
最近はギブンされる量が増えてきたように思います。

リピーターの読者、検索エンジンからのアクセス数、
そして出会った方に「ブログ読んでます!いつも
勉強させてもらってます!」と自分でも驚くほど
過分な評価を受けることもあります。

※ブログ経由の売上も伸び続けています。

ギブしても減らない「情報」を、できるだけたくさん
蓄積され続けるブログ等のホームページ上に
ギブし続けるのがより効果的ですね。

インターネット上に蓄積された情報は、時間や距離を
飛び越え、必要な時に必要な人へ、検索エンジンが
届けてくれるのです。

人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.