EC studio EC studio 社長ブログ

山本敏行持論の記事一覧

2006年09月06日

餅は餅屋

私の判断基準と言いますか、大好きな言葉に

「餅は餅屋」があります。意味としてはそのままで
餅は餅屋がついたものが一番おいしいという意味で
専門のことは得意な者に任せるのが良策ということです。

以前「私の座右の銘は”餅は餅屋”です」と言ったところ
「それは座右の銘とは言わないのでは?」と笑われました。笑

——————————————————————
座右の銘とは「常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉。」
だそうなのですが、やはり自分にとっては座右の銘ではありますが
人前で言うときは、大好きな言葉と言うようにしています。。。
——————————————————————

実は私はパソコンのソフトはワード・エクセルも使えないんです。
ましてパワーポイントなんて触ろうと試みたこともありません。。
よく「この資料作成はIT系の山本君にお願いしよう」と依頼されるですが
「えっ?本当に触れないの?冗談かと思ってたよ。」と言われる程です。

なぜ勉強しないかというと、それは私の餅屋ではないと思っているからです。

では私の餅屋は何かと言いますと

○誰もできないこと、誰もやらないことを切り開き、道を作ること

です。

ですから、「誰でも勉強したらできることはしない」と決めています。
誰でもできること・誰もできないことの両方をできるかというと
24時間という時間の制約がありますので無理ですよね。

小さい頃から父に「何でもできるという人は、自分は何にもできません
と言ってるのと同じやで。」と言われて育ってきたのが
影響したのかも知れません・・・

これは経営にも言えることで、全てのお客様を取り込もうと思ったら
全てのお客様に不満足を与えます。
誰に売るかより、誰に売らないかの方が重要だと思います。
人生も何をするかより、何をしないかを決めてからやりたい事を
始めた方がうまくいくのかも知れません。

EC studioにおいても、新しいスタッフが入ってきたら決まった
ポジションを与えるのではなく、この人の餅屋は何かな?という
視点で見て、プロジェクトを割り当てていきます。

人それぞれに餅屋がありますから、新しいスタッフが入るたびに
新たなプロジェクトが立ち上がります。笑
アルバイトさんでも餅屋がありますから、EC studioのメインサイトの
運営を任せることもあります。

EC studioではさらに「餅は餅屋」を強化していくために、
スタッフそれぞれに餅屋を持ってもらいます。
企画、デザイン、制作、SEO対策、ライティング、効果測定
マーケティング、サポートのスペシャリストを育て
餅屋 studioとなって競争の激しいIT業界を生き残って行きます。

人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.