EC studio EC studio 社長ブログ

大阪IT飲み会の記事一覧

2009年01月22日

大阪IT飲み会で大阪IT業界の不況を吹き飛ばす

リーマンショックから初めて上場企業の決算予測が
明るみに出始めています。軒並み下方修正のオンパレードですね。

Google ニュース過去1週間の「最終赤字」の検索結果は
約1000件出てきました。

IT業界も例によって景気の悪い話ばかり聞こえてくるように
なりましたが、そんな中毎月恒例の大阪IT飲み会が昨日
開催されました。

忘年会はスペシャルゲストやイベント盛りだくさんで
120名以上集まりましたが、今回は案内が遅かったのと
年明けで忙しい方も多く25名ほどでした。

その分コミュニケーションをたくさん取ることができ
いつも通りの大阪IT飲み会で楽しかったです。

世の中不景気な話ばかりで暗いですが、大阪IT飲み会は
違います。売上を上げるために前向きに参加されている方
ばかりなので、非常に活気に満ちあふれていました。

初回参加者にはいつも自己紹介をしてもらいますが
「はじめて参加させていただきます●●です。
同僚にとにかくモチベーションが上がる飲み会だからと
誘われたので来てみましたが、本当に上がりました!」
と話されて、主催者側としてもうれしかったです。

あちらこちらで協業の話が飛び交っていて、言ってみれば
単にIT企業の方が集まって飲んでるだけですが、将来的な
経済効果を考えればすごい投資対効果を生み出してると思います。

EC studio も特に積極的には営業はしてないのですが 
参加企業の方から「ESET Smart Security 使い始めましたよ。」とか
「うちの取引先にも勧めてますが代理店できますか?」など
自然と売れていってるようです。笑 ありがたいですね。

他にも「SEO Reseller 資料請求したところで、実際ECさんと
直接会って話したいと思ったので参加しました。」とか
HP売上プラスがGIGAZINEに掲載されてるのを見ましたよ。」など
お声がけいただいてます。

何気ないきっかけで始めた大阪IT飲み会ですが、11回も継続すると
それなりの影響力を持ってくるものなんですね。次回はいよいよ
1周年記念です。こういう会は生まれては消え生まれては消えを
繰り返す中で、1年継続できたのは皆様の支えのおかげです。

次回は1周年記念ですし、1月の案内が遅かった反省もありますので
本日から2月分を受付始めてますので、ぜひいらしてください。
前回から会場は100名まで収容可能、しかも料理がうまくて
店員の対応が抜群のお店になりました。
(それまでは料理がワンパターンでした・・・)

■大阪IT飲み会1周年記念お申し込み(2月18日水曜日19時受付開始)

今回も参加者の方から感想をいただきました。
その中から2名の方の感想を転載しておきます。

————————————————————–
私にとって、ec様主催のIT飲み会の良かったところは、
ほかの同じような交流会と比べ、下記のような、
弊社が一番参加したい条件が多数揃っておりました。

★IT系中心というかIT系のみの飲み会である。
(弊社の場合、異業界の方ばかりだとあまり効果が無いです。
まあ、IT業界の中枢を驀進するEC様が開く会がIT系の方ばかりなのは、
ある意味、当然なのですが・・^^;)

★年齢層が若く、これからのIT普及へ尽力される年齢層が多いこと。
(弊社のターゲットは、どこぞの年配のエラそうな社長タイプの方より、
これから頑張る若手企業家のほうがどちらかというとよいので・・。)

★経営者層が多い。しかも若手経営者♪
これは、私自身の好みかもしれないですね・・・。
過去参加した同種のIT交流会は、社長ではない、
テクニカル分野の一般業務社員の方が多く、ひたすらテクニカルの現場話題が
多いケースがありましたが、私の場合は、経営分野に直結する代表職にある
若手の方とは、経営的なテーマや悩み、課題などで共有できる部分が多く、
すぐに溶け込みやすいご参加者様層でした^^。

★アットホームである^^
年齢層が近く、業界的にも同じで、また課題や悩みなどが共有できる飲み会は、
よいですね。通常、場の雰囲気を盛り上げるような企画がないと、あまり交流が
進まなかったり、食事ばかりしてたり、旧知の仲間や自社社員同士で固まるような
交流会も世間にはありますが、大阪IT飲み会は、盛り上げ企画がなくても、
たまに、シャッフルさえすれば、まんべんなく、多くの方と仲良くなれる?雰囲気が
ありました。けっこうみんな勝手に仲良くなって、時間がたりないからまた別の場で
飲みましょう・・的な感じでよかったです。

私なんぞ、せっかくご用意頂いたおいしそうな料理を食べる暇もないくらい、
良い意味で、話してばかりの会でした。
会中は、話しに夢中で、お腹は減らないのですが、終わった後で何故か腹が減り・・・
そのときにはもう料理が無い!(当然仕方ない^^・・・帰りにラーメン・・・)的な
あっという間の会でした。
————————————————————–
昨日はIT飲み会お疲れ様でした。
初参加でしたが、疎外感を感じることなく、有意義な時間を過ごす
ことができました。
開催企画・準備等々、ありがとうございました。

Web系、デザイン系、インフラ系などなど様々な分野の方々と
お会いすることができ、みなさんの抱えている問題に共感を覚えたり、
ビジネスパートナーとして協力させて頂けるのではないかと思う
部分もあり、とても有意義なものとなりました。
是非次回以降も参加させて頂きたいと思います。

早速、先ほど、******の********様が弊社に挨拶に
来て下さり、協業についてのお話をすることができました。
お互いの強みを生かして強力なビジネスパートナーとして
進展していけたらと思います。
————————————————————–

2009年01月16日

第11回大阪IT飲み会新年会のご案内

毎月第3水曜日に開催している大阪IT飲み会のご案内です。
12月は忘年会と言うことで、スペシャルゲストの講演などで
120名以上集まりましたが、逆に交流の時間があまり取れませんでした。

1月の新年会は思う存分交流いただけるような形で
開催したいと考えています。

ITに携わるお仕事の方で興味のある方は下記からお申し込みください。

■第11回大阪IT飲み会新年会
1月21日(水)19時受付開始

———————————————————
EC studio は今年はコラボレーションの年にしようと考えています。
大阪IT飲み会を主催してからIT企業のネットワークが広くなり
最近はいろんな企業をマッチングをしています。とてもいい感じです。

うまくコラボできそうだなぁという企業同士を引き合わせたり
業務内容は違うけれどお互いのノウハウが共有できる方を合わせたり
引き合わせる中でEC studio もコラボして3社間でプロジェクトを
立ち上げてみたりという感じです。

EC studio 自身でもいろんなIT企業とコラボしていきたいと
考えていますし、業務内容や悩み、やりたいことをお話いただければ
マッチングする企業の紹介ができるようになってきたと思います。

ぜひ、いろんなアイデアを聞かせていただきたいですし
うまくコラボできそうであれば一緒に立ち上げたいなと
思っていますので、大阪IT飲み会にいらしてください。

5000円の飲み代を●百万、●千万のビジネスにしちゃいましょう!

2008年12月16日

第10回大阪IT飲み会忘年会スペシャル

今年3月に始めた大阪IT飲み会は明日17日で
第10回目になります。いつもは30~40社くらいで
飲みながら情報交換しつつ、人脈ネットワークを広げ
飲み会中に売上が上がるような会という主旨でやっています。

基本的には会を主催しながらも、継続命で負担にならない
程度に運営していく方針で、ゆるーくやっていますが、
10回記念ということ、年末で忘年会ということで、
気合い入れて100名以上集めて大々的にやりたいなと思っていました。

そしたらスペシャルゲストの講演も手伝って
予想以上に集まり、リストでは120名強。
一緒に来られる方の申し込み漏れや
突然来られる方を含めると130名越えそうな勢い・・・
※締め切りを早めたり、集客も制限しました。

大阪のIT業界を盛り上げたいと思って始めてから、
EC studio 主催の会にこれだけ集まっていただき
本当にうれしい限りです。

大阪IT業界で参加費5,000円で120名以上参加の
飲み会(セミナー?)ってなかなかない規模感だと思います。

リアルで大々的なイベントを主催するのは初めてですから
不手際等も出てくるかもしれませんが、共同主催の
サムシングファンさんと精一杯頑張りたいと思います。

私も明日はGoogle apps 活用法というテーマで
講演しますから、そろそろ内容考え始めないと。。。
※プレゼンや講演資料はいつもマインドマネージャー
30分くらいでチャチャと作れてしまいます。

2008年11月16日

第9回大阪IT飲み会のご案内

大阪のIT業界を盛り上げるべく、2008年3月から
毎月第3水曜日19時に開催している「大阪IT飲み会」ですが、
今回で9回目になりました。

●大阪IT飲み会の過去記事はこちら

大阪IT飲み会で知り合った方同士のコラボプロジェクト、その場で
売上が上がったり、人脈が広がったりと想定以上の成果が生まれています。
EC studio 自身もこれまで参加された4社に発注しています。

大阪IT飲み会は紹介でいろんな方が参加され、毎月30~40名ほど
参加されていますが、11月は景気低迷や繁忙期の影響もあるのでしょうか
エントリーが少なめですので、久々にブログで案内したいと思います。

また、12月は忘年会も兼ねつつ第10回記念ですので、大物ゲストの参加が決まっています。
私はEC studio のGoogle apps活用法のプレゼンをしようと思っています。
※12月は過去の参加者に案内メールを出すと一瞬で定員になることが
予想されるため、ブログで案内できないと思いますので
ぜひこの11月のIT飲み会にご参加ください。

大阪IT飲み会は約3時間の飲み会で、事前にプロフィール表を準備していますので
名刺交換することなく自分の目的の方に直接話しかけることができますので
効率的に交流できます。今回は途中で2社のプレゼンがあります。

■第9回大阪IT飲み会

┌■今回のプレゼンテーマ
└─────────────
キルギス共和国へのアウトソーシングと今なぜメールが注目されているか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆キルギス共和国へのアウトソーシング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回のIT飲み会のテーマであるキルギス共和国へのアウトソーシングです。
キルギスはシルクロード上にある国で、肉が好きな人はキルギスへ
魚が好きな人は日本へ行ったと先祖のルーツが同じという伝説があります。

若者が多く、日本語スピーカーが毎年1000~2000名育ち、親日国家で、
国民の性格は謙虚かつ誠実で、物価は中国と同等です。

資源のないキルギスの国家戦略はITであり、そのキルギスで最も注目されている
企業がユニークテクノロジーズ社です。国連、国会、テレビ局、
携帯電話会社の仕事を一手に請け負いながらも、日本からの仕事を
最優先してくれます。今や売上比率の80%が日本からの売上です。

今回はユニークテクノロジーズ社の副社長アントンさんをお招きし
キルギス共和国へのアウトソーシングの魅力について
EC studio 代表の山本がプレゼンします。

┌■キルギス共和国はベンチャー国家
└─────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今なぜメールが注目されているか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全ての企業が活用しているメールですが、今や全世界のメールの93%が
スパムメールで占めているといわれます。そしてそれは毎年147%の勢いで
成長しています。

スパムメールを減らすためにスパムフィルターがありますが
スパムフィルターは万全ではありません。

お客様へ大切なメールが届きにくくなる、届かなくなる問題が
日に日に増えてきています。ネット上の唯一のPUSH型広告である
メールをいかに届かせるかがIT企業の生き残りにつながります。

┌■特定電子メール法の平成20年改正について
└─────────────オプトイン方式の導入、実効性の強化等

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2008年11月19日(水)第9回大阪IT飲み会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■開催日時 2008/11/19(水)19:30~(受付開始19:00~)

■場  所 『OPEN DOOR』 大阪駅前第1ビル【3F】
(各線梅田・大阪駅より徒歩で3分、JR北新地駅より徒歩で1分、地下鉄西梅田駅より徒歩で1分)

【3F】の『OPEN DOOR』までお越しください。
!!注意!! B1F、1Fフロアにも『OPEN DOOR』がございます。

■料 金 4,000円

■エントリーフォーム:参加のきっかけには「EC studio社長ブログ」とご記入ください。

■プレゼンテーション

【1】特定電子メール法改正のポイントについて

【2】キルギス共和国へのアウトソーシングの魅力

2008年05月12日

第3回大阪IT飲み会参加者募集!

毎月第3水曜日に実施している大阪IT飲み会も今月で
3回目となりました。1回目は20名、2回目は30名と
公募することなく口コミで増えていきました。
今回の定員は50名ほどに抑えようと思っています。

今回は初めて一般公募することになりました。
参加希望の方は下記ページより応募ください。お早めに。

■大阪IT飲み会応募ページ(順次改善していきます)

参加資格はITに携わる仕事で、IT業界を盛り上げて
いきたいという思いのある方です。
※IT業界ではない仕事で、IT企業を対象にした
ビジネスをしている方は対象外です。

●大阪IT飲み会の特徴

・IT業界を盛り上げていきたいという高い志を
持っている方が集まっている
・競合他社を含む会社間を越えた情報交換
・事前にプロフィールを提出してもらっているため
プロフィール表を見れば名刺交換の必要がない
(名刺交換は積まれてある名刺を1枚ずつ取る)
・毎月第3水曜日19時開催でIT業界の慢性的な
残業体質を改善していく
・開催の度に企業間コラボプロジェクトが
あちらこちらで発生している

裏コンセプトは5000円の参加費用(場所代、飲食代込み)で
1000万円売上が上がるプロジェクトへ発展させよう!です。

●今回の新たな試み

毎回何かしら新たな試みを入れたいと思っています。
第1回はプロフィール表、名刺一括交換、動画撮影
第2回はペンシル覚田社長講演、質疑応答、ネームプレート
第3回は自社営業資料持込OK、ジャンル別営業テーブル設置、
参加者初公募

今回は第3回ですが、単に飲み会で人脈作る、情報交換
だけでなく、実際の売上をそこで上げてしまおう!という
試みです。売上を上げてきたら会社的にも、大阪IT飲み会に
参加しやすくなりますしね?!

自社資料を持ち込み、デザインコーナー、SEOコーナー、
モバイルコーナー、ソフトウェアコーナーなど各ジャンル別に
テーブルを設けて興味のあるテーブルに行って質問できます。

はい、このアイデアのヒントは明後日からEC studioも
出展するWEB2.0マーケティングフェアからです!笑

毎回新たな試みをしてますので、うまくいくかは
わかりませんが、失敗を恐れずやっちゃいます!

■大阪IT飲み会応募ページ(順次改善していきます)

2008年03月20日

第1回大阪IT飲み会を開催しました

大阪のIT企業の活性化を目的として主催した
「大阪IT飲み会」ですが、予想以上に有意義な
飲み会になりました。

まず私が今回の趣旨を話しました。

すでにプロフィール表を事前に作っていましたので
名刺交換はこんな感じで非常にスピーディでした。笑

その後は自由に飲みつつ話し合う感じで進みましたが
成長意欲の高い方が集まられていたので、刺激的な
話も多かったですし、あちこちでコラボプロジェクトが
生まれていました。

EC studio としても、知らなかった情報を知れたことで
100万以上の経費を削減できることがわかりましたし
2つの新コラボプロジェクトが立ち上がりそうです。

数千円の投資で得られた効果としては十分だと思います。

また、会話の中で出てきたのが「大阪に大きなITの
仕事がない訳じゃない。大きな仕事を請けることができる
IT企業がないだけで、それは言い訳に過ぎない。」
という話が印象的でした。

まさにそうかも知れませんね。本音ぶっちゃけ
トーク満載で最高でした。

私も「ひとつひとつの会社は小さくて、できることも
限られているかもしれないけれど、自社だけで
受けれないと思った案件でも、大阪IT飲み会の
仲間でコラボすればいいですし、逆に
そういう会にしないと意味がないと思うんです。」

「日本のIT企業で世界中から注目を浴びるような
サービスを提供してる会社がない。もっともっと
おもしろいもの、HOTなサービスを提供すべきだ。」

「IT企業なのに自社の経営にITを活用できていない
会社が多すぎる。IT企業がそれではいけないと思う。」

「大阪IT飲み会メンバーの会社は、少なくとも
経常利益10%は出してもらいたい。だって花形の
ITの仕事をしていて、経営にITを活用していたら
10%以上は出して当然という意気込みがないと!」

など、お酒の勢いもありつつ、言いたい放題でした。笑

以下は共同で主催している企業映像制作に特化している
サムシングファンさんと打ち上げの様子です。

早速次回の開催日についてですが、4月23日水曜日に
開催いたします。詳細は追って連絡いたします。

来月はペンシルの覚田社長とカヤックの柳澤社長と
飲む機会があるので、大阪IT飲み会に来てもらえるよう
伝えてみようと思います。4月は大阪IT飲み会に
覚田社長に来てもらえるかもしれません。

2008年03月13日

大阪IT飲み会の構想を練ってみました

大阪をどげんかせんといかん」の記事に書きましたように
大阪のIT業界を活性化させるプロジェクトを進めています。

前回お会いした方と来週第1回目をする話になり、
出欠を取ってみたところ、予定がすでに入っていた1人以外全員参加。

予想以上に反応が良く、うちの社員を連れて行きたい
取引先の方を連れてきたいと、どんどん増えてきましたので
今回は知り合いの招待制での集まりに限定しました。
※増えすぎるとまとまらなくなるためです。。

単なる楽しい飲み会で終わっては意味がありませんので
いかに短時間で有意義な話ができるかに知恵を
絞っています。

コンセプトは3つあります。

・業務に活かせる生きたノウハウ共有
・IT業界の人脈ネットワークの拡大
・プロジェクトのコラボレーション

これを短い飲み会の間にやってしまおうと思っています。
そのためには、初対面の方と名刺交換から入って
業務内容を話していては時間がいくらあっても足りません。

事前に自己紹介シートを書いてもらって、それを渡しておき
自社の強み、弱みや現在の課題なども書いてもらって
会った瞬間から「御社の課題を改善できるサービスありますよ」
と、いきなり核心から入れるような飲み会がいいですね。

名刺交換は最初に一気に交換してしまって、話したい人と
話すようなイメージです。まだまだ考えないといけませんが
明日の売上、明日の新プロジェクトにつながるような
HOTなIT飲み会ができたらおもしろいだろうなぁと思います。

2008年03月08日

大阪をどげんかせんといかん

今日はEC合宿恒例の社内プレゼン大会です。
スタッフが自由なフォーマットで自由なテーマで
プレゼンするので楽しいイベントの一つです。

プレゼン大会は後日報告するとして、昨日はIT企業5名の経営幹部の方と
お酒を飲む機会がありました。最近は商談やお酒を飲む機会は
ほとんど東京でしたので、大阪ノリでとても楽しかったです。

大阪(の経済)は元気がないとニュースでも言われ続けていますし
Google 社員の方に「大阪ってIT企業は電脳卸しかないんですか?」
と言われるし、さんざんな状況です。。

しかし、実際はそんなことはないんです。大阪のIT企業にも
熱い方はたくさんいますし、技術力があったり、面白い会社も
あるのです。

大阪でもうまくいってる会社は、値引きに応じない
わかってもらえるお客様だけにサービスを提供してたり
うまく仕組み化したり効率化をされています。

全般的に大阪のIT企業が元気がない理由ですが、大阪は
とにかく価格を値切る文化が根底にあるからだと私は思っています。

企業数は多いのですが、大阪全体の景気が良くないのと
クオリティより価格重視だったり、大手企業の予算のある
おいしい仕事は東京の広告代理店にいってしまったりと。。
苦労しているIT企業は多いようです。

そこで昨日思ったのが、東国原知事の言葉を借りて
「大阪をどげんかせんといかん」です。笑

東京のIT企業は活気がありますし、福岡はペンシルが中心となって
D2Kというイベントで盛り上がっていますが、大阪には目立った
活動がないように思います。(知らないだけかもしれませんが。。)

勉強会や集まる会をやろうと思ったことはありませんでしたが
ゆるーく始めていこうかと思っています。

もちろんEC studio には「インターネットを有効活用できない
ことはしない」というポリシーがありますので、他社の方の
協力も得ながら、別の組織を作ろうと考えています。

この活動に協力いただける方や、参加したいと考えて
おられる方がどのくらいいらっしゃるのか知りたいので
ブログにコメントしてください。

人数が少なければ少ないで細々とスタートしようと思っています。

コンセプトや活動内容はこれから練らないといけませんが

・勉強会
・プレゼン
・飲み会

など、良くある形でスタートすると思いますが、ゆくゆくは
どこにもないようなものにして、参加したら次の日の業務から
活かせたり、売上につながったり、コラボプロジェクトが
生まれるような意味のあるものにしたいと思います。

同じIT業界なので競合の会社もいるかもしれませんが
シリコンバレーのように、会社間の垣根を飛び越えて
情報交換や人脈ネットワーク作りができればと思います。

大阪を中心にIT業界全体を良くしていきたいという
趣旨ですので、大阪以外の方もぜひ。

12
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.