EC studio EC studio 社長ブログ

HP売上アップノウハウの記事一覧

2007年09月07日

ディレクトリ登録はかけるべき経費

2日前にリリースしたディレクトリ登録代行サービスが人気です。
弊社クライアントへメールで案内したこともあり、本日だけで
50件以上の注文がありました。うれしい悲鳴状態が続いています。

■ホームページ登録ドットコム

単発費用で良質な被リンクを得れる訳ですので
効果を理解できれば、今すぐにでも投資すべきだと思います。

今日はSEO Resellerを導入されているHP制作会社様が
あるコラボプロジェクトのミーティングのため来社されていました。

そこで、「ディレクトリ登録代行サービスを原価で提供開始
したので、もしよろしければクライアント様に
提供しませんか?」とSEO担当者の方に話をしてみました。

すると「クライアントに登録の必要性をうまく伝えられなくて
それ以上の効果があるのかと聞かれて、なかなか理解
いただけないんですよ。。何かいい説明方法ありませんか?」と
聞かれました。

そこで私が答えたのは「そんなの簡単ですよ。クライアント様に
対して、こう聞くんです。”売上あげたいですよね”→はい。
“売上をあげるためにSEO対策は重要ですよね?”→はい。
“じゃあ単発費用で持続的に効果のあるディレクトリ登録は
申請しますよね?”→はい(としか言えないはずです。)」

それでも断られるようであれば、「50万、100万かけて
ホームページを作りましたよね。単なる自己満足のカタログ
としてではなく、たくさん見てもらいたいですよね?
じゃぁ、やるしかありませんよね?」となります。

それでもそれでも断られるようであれば、ホームページに対して
やる気がないということで、今後のお付き合いを辞めるのが
良いと思います。やるべきことをせずに、売上が上がらないと
文句を言われてはたまりませんもの。。。

その分、HP制作会社側もクライアント様の本当の成功を
望むのであれば、ディレクトリ登録代行サービスに対して、
出来る限り少ない利益ででも、提供すべきだと思います。

結果的にクライアント様の売上アップが、後々の自社への
追加発注につながり、双方がWIN-WINの関係を築けるのだと思います。

経費には2種類あって、積極的にかけるべきものと、
削減すべきものがあります。

私はこの2種類の経費を見分ける基準として以下のように考えています。

・積極的にかけるべき経費 — 未来の自社に還元される可能性があるもの。

例:設備投資、人材育成、社員の給料

・削減すべき経費 — 現在利用するだけのもの。

例:家賃、光熱費、通信費

EC studioはホームページをリリースしたら、真っ先に行うのが
ディレクトリ登録であり、それが世間一般的に認知されているものと
思っていました。(業界にどっぷり浸かっているとダメですね。。。)

予想以上に登録されていない方が多かったため、
今回のサービス提供に至りました。

原価で提供しているサービスですので、ぜひご活用ください。

■ホームページ登録ドットコム

2007年09月05日

意外と行われていないSEO対策の盲点

検索エンジンで上位表示を目指すSEO対策には大きく二つあります。
それが内部的要因と外部的要因と言われるものです。

内部的要因とは、メタタグの挿入やHTML・CSSの構造など、
文字通りウェブサイト内の対策になります。

そして外部的要因とは、外部からの自社サイトへのリンクになります。
Googleを起点として始まった外部リンクによるサイト評価付けは

「良質なサイトからリンクを張られているサイトはまた良質である」

という考え方にもとづいています。

ですから本来SEO対策というのはリンクを買うことでもなければ、
偽造する不正行為のことではないのです。悲しいかなSEO業界は
多くのスパム業者によって悪評が立っているのが現状ですが。。
(詳しくは「SEO業界の悪評」という記事で書いています。)

EC studioの考える本当のSEO対策というのは、
検索エンジンのためにホームページを作るのではなく、
顧客志向に立ったホームページを作成することが
結果的に上位表示されるのだと常々お客様に訴えています。

そんな中、意外と行われていないSEO対策の盲点として
「大手検索エンジンへのカテゴリ登録」があります。

カテゴリ登録には大きく以下の三つがあります。

・Yahoo!ビジネスエクスプレス(登録費用 52,500円)
・クロスリコメンド(登録費用 42,000円)
・Jエントリー(登録費用 31,500円)

SEO対策を行う上で、上記三つのカテゴリ登録は必須なのですが
意外にも登録されていないサイトが多いのが実情です。

Yahoo!で上位表示されるためにはビジネスエクスプレスへの
登録は必須ですし、クロスリコメンド、Jエントリーへの登録は
以下の大手検索エンジンからリンクを張られるため、
Yahoo!、GoogleのSEO対策に、非常に効果的なのです。

070905xjlogo1.jpg

SEO対策の外部的要因のポイントは

「良質なサイトからリンクを張られているサイトはまた良質である」

です。

これほど良質なサイトからのリンクを正当な方法で
受けることができるのに、「登録費用が高い。」「本当に
効果があるの?」「予算が足りないから今回はなしで。」と
チャンスを自ら捨てている方がいかに多いことか!笑

逆転の発想をすれば、最初の登録費用さえ払ってしまえば
半永久的に良質なリンクが得られるということです。

しかし、登録費用を支払えば掲載されるかというと違います。
検索エンジンで上位表示されるためには、顧客志向に立った
ホームページである必要があります。

つまり掲載されるためには、非常に厳しい審査があります。

特に初めてサイトを持たれる方は、大手検索エンジンから
良質なサイトと認められるための審査を通過するのは
至難の業です。

そこでEC studioではカテゴリ審査通過を支援する
ディレクトリ登録申請サービスを開始いたしました。

審査に通過できる良質なサイトへの改善点を”無料!”で
登録申請前にお教えするサービスです。

まずは以下のツールでカテゴリに登録されているか
チェックしてみましょう。登録されていなければ
いち早く登録されることをお勧めいたします。

ディレクトリチェックツール
URL
サイトタイトル

2007年08月30日

シリコンバレー最新WEBマーケティング手法を公開!

シリコンバレーで行われていた
Search Engine Strategies in San Jose(以下、SES)で
参加したカンファレンス(講演)、トレーニングの内容を
参加した全ての講演を動画で解説しました。

当初はECスタッフ内のみに公開する目的でしたが
どうせなら日本のインターネット業界発展の意味も込めて
ブログで全て公開してしまおう!と方針転換しました。

議事録を元に解説しながら、私の知ってる知識の中から
WEBの将来についての推測、意見、感想も入れています。

続きを読む

2007年08月03日

ホームページ制作の限界

2000年にEC studioを創業してから7年間WEB業界に
どっぷり浸かっています。その中で自分なりに考察した
「ホームページ制作」の現状と今後について書きます。

■本当にいいホームページとは

●本当にいいホームページとはどんなホームページなのでしょうか。

私は「機能性+デザイン」だと考えています。
機能性とデザインのどちらも大切ですが、比重で言うと
機能性≧デザインです。機能性ありきです。

ホームページで言う機能性は、導線がわかりやすく
購入(目的)ページまでの誘導率が高いことです。
つまりネットショップであれば売れるホームページであるということです。

●ホームページは作って終わりではない

今までホームページがなく、とりあえず形になったから
それでOKという自己満足的ホームページであれば
いいと思いますが、多くの場合はそうではないと思います。

ホームページは完成した瞬間からがスタートなのです。
どんなプロが作っても最初から完璧なホームページはできません。

しかし、多くの会社はホームページは初期費用を払って
出来上がれば良いと思っています。それで成果が上がらないから
不正なSEO対策会社に依頼して、安易にスパムを行ってしまいます。

私はホームページを作るという方には「もし、本気じゃないなら
ホームページは出さない方が、お金も時間も無駄にならなくて
いいですよ。ホームページを出すということは、新たな事業部を
作る、支店を出すくらいの気持ちがないと絶対成功しません。」
とお伝えしています。

■本当にいいホームページを作る方法

私の見てきた経験からうまく行く方法は、下記の3つだと思います。

●本当にいいホームページを作る方法は3つしかない

1、クオリティも高いが値段も高い制作会社に依頼する

初期費用は200万~、月額費用は20万~でマーケティング部分まで
しっかりアドバイスしてくれる大手制作会社です。

この費用を出そうと思うと、社運をかけてチャレンジ
するくらいの気持ちが経営陣にも必要です。

2、クオリティの高いホームページ制作会社に勤める知り合い・友人に安くお願いする

これはある特定のジャンル(例えば音楽業界など)、制作してくれる方が
応援したいと思っている趣味の分野や、目的に賛同してくれている場合に
多いです。

しかし、通常のネットショップ等であれば、難しいかもしれません。

3、自社に制作できる社員を雇う、育てる

中小企業であれば、これが最も良いかもしれません。ホームページは
完成した瞬間から改善していかなければなりません。制作会社は
複数の案件を抱えていますから専属で作業してくれませんし
作業のたびに費用が発生してしまいます。

自社のサービスにも詳しいですし、専属で作業できる社員が
いることほど心強いことはありません。ただ、業務を兼務していたり
自社ホームページのみの制作だと、スキル面での成長が難しいですが
EC studioが運営しているホームページ売上アップドットコム
社内制作担当者をフォローしています。

—————————————————————-

■中小ホームページ制作会社の現状

私が今まで制作会社の方にヒアリングして相談された
問題点をまとめました。

●価格競争

どこの業界でも価格競争はありますが、特に制作業界の
価格競争は激しいと思います。なぜなら、スキルがあれば一人で
パソコン一台で小規模なホームページは制作できるからです。

小規模なホームページ案件は、制作会社を退職して独立した方、
専門学校を卒業した方と価格競争しなければいけません。

毎年膨大な数の卒業生が卒業します。しかも、一人で受注しているから
低価格でいいですし、年齢も若いですから夜通し作業するエネルギーが
あり余っているのです。

●集客が弱い・情報収集力が弱い

日々制作作業に没頭しているため、どうしても営業部分が弱くなります。
そして、同じく情報収集する時間が取れないため、
どんどん変わるWEB業界の流行に乗り遅れがちです。

●成果を求められる

クライアントからは検索エンジン上位表示や、売上アップの
成果を求められます。しかし、ホームページ制作会社は
リアル世界でいうオシャレな家を建てる工務店なのです。

店舗運営を任されてコンサルティングまでホームページ制作会社に
求められても本来は専門外なのです。未発達な業界なので
全てをホームページ制作会社に求めてしまうのだと思います。

もちろんSEO対策のノウハウを持ち合わせ、マーケティング
までフォローできるのが理想ですが、激しい価格競争の中
情報収集する時間もなく、次から次へ案件を処理しつつ
全てをこなすことは不可能です。

(クライアントからの要求に答えるために、不正SEO会社の
サービスを使って上位表示させるのは、目先の利益だけで
将来的に信用も失うことになります。)

それを解決するには値段を高くして、案件数を減らし、
質の高いホームページ制作をするしかありませんよね。

全て完璧にこなして、しかも値段は破格値でお願いします
というクライアントの要求は、到底無理な話なのです。

しかし、受注が欲しいために「できます!」と請けてしまい
後々トラブルになるケースも多いようですが。。。

●とにかく忙しい

ホームページ制作会社はとにかく忙しい。これに尽きます。

クライアントの要求は上がり、案件単価は下がる、
とにかく利益を出すには件数をこなすしかありません。
そして、案件数をこなすことによる質の低下も否めません。

ホームページ制作は人に依存する属人的な仕事ですから
売上を上げようと思うと人を増やさないといけません。
しかし、売上が上がっても案件ごとの利益は薄いため
会社を大きくしても、経営は決して楽にはなりません。。

ASP型サービスの提供によるストック型ビジネスへ移行したいと
ほとんどの制作会社の方が思っておられますが、
現在のクライアントの案件をこなしながら、競争力のある
ASP型サービスを開発することはほぼ不可能です。

うまく開発したとしても、今までWEB上でサービス展開した
経験値が少ないため、集客がうまくいかず投資対効果が
低い結果に終わってしまいます。

—————————————————————-

上記が私の考察なのですが、いかがでしたでしょうか。

EC studioはホームページ制作事業を行っていないため
事実とは違う部分もあるかもしれません。しかし、制作業界を
ヒアリングしながら客観的に見た意見ですから、当たっていることも
多いと思います。

●中小企業にお勧めのホームページ制作会社

EC studioには「ホームページを制作してほしい」という依頼が
たくさんあります。「制作していないなら、せめてお勧めの
制作会社を教えて欲しい」と言われます。

しかし、お勧めできるホームページ制作会社がなかなか「ない」のです。。

大企業のように予算が取れるのであれば、お勧めはあります。

株式会社ペンシル」 です。(東京・福岡のみ)

ただ、中小企業でこれからホームページを作る、現在のホームページを
リニューアルするというのであれば、安心してお勧めできる会社は
ないです。上記の理由から存在するはずがないのです。

良い会社が出てきたなぁと思って、そろそろ初めて紹介できる
かも知れないと思った頃に、口コミで広まって案件が集中し
潰されて(疲れきって)しまうのです。とても残念です。

ただ、そうなってしまうのは無理をしてるからなのですが。

—————————————————————-

■EC studioの現状

●WEBは底なし沼

EC studioには現在25名のスタッフがいます。企画デザイン部、
技術部、総務部、カスタマーサポート部の4つの部署があります。

企画デザイン部、技術部はもちろん、総務部、カスタマーサポート部
まで全員が自社サービス・ホームページの改善を行います。
外部へ販売する営業部、外部の制作を請ける制作部署はありません。

100%自社内デザイン、自社内開発で、毎日自社ホームページや
自社サービスを改善しています。それでも全く終わりが見えてきません。
WEBはそれほど奥が深いのです。

Googleで「SEO対策」で1位を獲得していますが、それでも
「SEO対策ができます!ホームページ制作を任せてもらえませんか?」
と言えるほど、外部の制作を請ける余裕がありません。

人が増えてもさらに研究開発すべき課題がありますから
今後も請けません。親の会社のホームページでさえ
請けることができていません。

●企画が山積み

新プロジェクト、研究開発、新サイト運営など、
やりたい企画が山積みでどんどん増えていきます。

人数が倍になっても追いつくことはないと思います。

●制作事業部がない

「インターネットで日本を変える!」という経営ビジョンがあります。
本当であれば全ての会社のホームページを制作して
日本中のホームページを改善したいのが本音です。

しかし、自社だけでも底なし沼状態なのに、日本全国の
ホームページ制作なんてとてもできません。。。

—————————————————————-

■EC studioの今後の展開

●餅は餅屋

EC studioには上記のように7年間のWEB上でのマーケティングノウハウ、
30000サイト以上へ提供してきたストック型ビジネスのノウハウが
蓄積しています。これからも日々蓄積していきます。

しかし、いくら蓄積しても全国のクライアントには届かない。。。
そこでどうしたら良いか考えました。

そうだ、全国の制作会社にEC studioの持っているノウハウ、
システムを提供しよう。日本中のホームページを良くするには
無料に近い値段で提供しないと広まらないから
極限まで安くしよう。

今まで蓄積したノウハウを出しても、これからまた蓄積
すればいいから、どんどんオープンにしていこう!

EC studioもホームページ制作会社も、全国のクライアントも
みんなが喜ぶ「三方良し」をコンセプトとして
SEO Resellerをリリースしました。

●SEO Reseller

全国のホームページを良くするため、SEO Resellerを
普及させるには、EC studioの名前を一切伏せるOEMで、
価格も損益分岐点ギリギリまで落としました。

1URLあたり1,980円という値段は、SEO業界の方から
「何であんなに安く出せるんですか?」
「うわー、ECさんにあそこまでされたら・・・」
と、たくさんの方から連絡いただくほどでした。

はい、損益分岐点の限界ギリギリまで下げてますから。。

30URL分を含んだ月額5万円という管理費用を設定したのは
申し込み殺到を防ぐためと、真剣な制作会社だけに
利用いただきたいからです。

SEOツールをページ更新サービスやアドバイスを含めて
クライアントに提供することで、少なくとも3万円~5万円、
会社によっては15万円の月額費用をもらい、
クライアントと円満な関係を築くことができます。

それでもかかる費用は1URLあたり1,980円の卸価格のみです。

SEO Reseller

●お勧めのホームページ制作会社を全国に

私の願いは全国にいる友人や知人の会社にお勧めできる
ホームページ制作会社を増やし、日本の
インターネットレベルを底上げし、国際競争力を高め
「インターネットで日本を変える!」ことです。

正しいSEO、正しいマーケティング手法をマスターし
クオリティの高いホームページを制作できる制作会社が、
既存の制作事業に加えて、ストック型の収益モデルで
適切な利益をきちんと確保できる会社を増やしたいと
考えています。

2007年08月01日

PING送信プラスリリースしました!

本日、ブログの訪問者数アップに必須であるPING送信が
1クリックで送信できる「PING送信プラス」をリリースいたしました!

ブログのPING送信の必要性について簡単に説明します。

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンにはブログ検索エンジンがあります。
通常のウェブページは検索エンジンが順次データを収集してくれますが
ブログ検索エンジンは自ら更新したことを知らせる必要があることは
ご存知でしたか?

ですから、新しい記事を投稿したら必ずPING送信を行わないといけません。

無料ブログやムーバブルタイプ、ワードプレスにPING送信設定を
している方もいると思いますが、実はPING送信は
検索エンジン側の問題で、送信が失敗に終わることも多いのです。

そこでEC studioは、無料で初心者でも簡単に使え、送信が成功したか
失敗したかが一目瞭然なPING送信ツールを開発しよう!となりました。

この社長ブログの右側に「PINGを送信!」というボタンがあると思います。
こちらが「PING送信プラス」です。1クリックで送信完了です!

昨日まではブログ管理画面から自動PING送信を設定していましたが
ブログ検索結果に出てこないことが頻繁にありました。
昨日の記事も出てこなかったため、早速PING送信プラスで
送信したところ、すぐ結果に反映されました。(実際の結果画面

PING送信プラスは来年新卒入社のプログラマー川村が担当しました。
EC studio恒例の「スマート洗礼」を見事乗り越えてのリリースです。

川村には仕様面でいろいろ先輩社員から注文がつきました。

・PING送信を知らない人が張りつける必要性を感じれるように。
・ツール結果画面までの導線がスマートじゃないと思う。
・デザインがダサイと張ってくれないんじゃないかな?
・EC関連サービスの集客部分も意識して欲しい。
・他社サービスにはない独自性も組み込もう。
・「PING送信」のキーワードで1位を取ろう。
・一気に流行るようなツールにしよう。

リリースまで何回も作り直して、いい出来に仕上がったと思います。
ブログ読者の方でブログを書いている方はぜひ張りつけてください!

その中でも最も工夫した点は、PINGを簡単確実に送信できるように
したところです。具体的には

ブログオーナーは記事を投稿したら、記事を確認しますよね。
その時に記事の内容に問題がなければ、その場でPING送信ボタン!
というシンプルさです。

さらにPING送信プラスを自分のブログに張りつけることで
ブログ読者がPING送信ボタンを押すことも考えられ、
半自動的に送信されるオートマチックPING送信機能も。笑

万が一自分が送信したときに失敗しても、ブログ読者が24時間以内に
クリックしてくれる確率が高いため、ほぼ確実に検索結果に反映されます。
(読者に送信されたくない方は目立たない場所に張りつけてください。)

もちろん、送信されすぎて検索エンジン側に負荷をかけても
いけませんので、送信には制限をかけています。

RSSプラスブックマークプラスに続く人気ツールにしたいと思います!

2007年07月31日

SEO業界の悪評

今日はSEO業界について書きたいと思います。

つい先日このような記事が出ていました。

—————————————————————–
読売新聞ニュース

「検索で上位」のはずが…SEO業界団体に苦情続々
 「グーグル」や「ヤフー」などで、ホームページ(HP)の検索順位を
上位に表示させる技術「検索エンジン最適化(SEO)」の市場が急成長を
遂げている。広告効果が上がると注目が集まる一方、「逆に順位が大幅に下がった」
などの苦情が、業界団体に寄せられ、訴訟を視野に弁護士に相談する
経営者も出始めた。危機感を募らせた業界団体は対策の検討を始め、
「『順位を保証する』という甘い言葉には特に注意を」と呼びかけている。
—————————————————————–

最近流行ってますね、成果報酬型SEO対策サービス。。。
アフィリエイト的に売上が上がったら一定額の報酬をもらうという
売上成果報酬型であればいいと思いますが、ほとんどが
検索順位に対する成果報酬なんですね。

検索エンジンの順位付けの最も大きな要因は被リンクと言われるものです。
被リンクとはつまり、別のページからリンクを受ける(張ってもらう)ことです。
検索エンジンは被リンクをリアル世界でいう口コミとしてとらえ
口コミが多いホームページは良いページであるという基準です。

ですから順位を上げるためには、たくさんの被リンクがあった方が
良いのです。そして通常は、被リンク(口コミ)を増やすためには
商品力やサービスの質などを向上させることで自然に増えていくものです。

これはリアルの世界では当然のことですね。

でもネットの世界ではリンクを売買したり、偽造したり
ありとあらゆる方法で検索エンジンを騙そうとしている会社も多いのです。

全ての成果報酬型SEO対策サービスがそうであるとは言いませんが、
ホームページの本質を高めずしてどうやって順位を上げるのでしょうか?

「順位が上がらなかったら無料ですからとりあえずやってみませんか?」

というキャッチフレーズで営業しているようですが、
初心者騙しもいいとこです。利用する側もちょっと考えたら
わかることなのですが、順位が上がったら売れるかも?!という
甘い誘惑に負けてしまう方も多いようです。

リンク売買や偽造リンクで順位が上がったとしても、売上は
上がりません。本質を高めずして売れるはずがないのです。

でも順位が上がったら成果報酬型サービスの会社には高額の
費用を支払わなければなりませんよね。そういうサービスですから。

当然トラブルになります。順位を上げたからお金を請求する業者と
順位が上がっても成果が出ないと怒るクライアント、そして
検索エンジンは進化しますから、不正行為として発見され
結果的に順位を大幅に落とすことになってしまう。

誰一人として喜ばない悪循環のサイクルなのです。

ネットの世界もリアルの世界同様に甘くないのです。
小手先のテクニックで売れるはずがありません。

今日はかなり熱くなっているのはなぜかと言いますと
一部の不正を試みる会社に、本当に迷惑してるのです!

一般的に世間からはSEO会社は不正をしていると思われているからです!

一生懸命頑張ってホームページの質を高めたいとサービスを
開発しているのに、、、これは本当に悲しいことです。

また、そういう会社に限ってしつこく電話営業を
しているようですから困ったものです。
業界全体の評判が悪くなって当然ですね。。

ですからEC studioのせめてもの抵抗が、「SEO対策」という
最も難しいキーワードを正当な方法で1位を獲得することです!
(精度の高いGoogleでは1位は不動のものとなっていますが
Yahoo!は1位~5位をウロウロしています。)

そしてもっともっとより良いサービスを開発し、日本のウェブ業界
SEO業界を根本から変えていきたいと思います!

2007年07月20日

縁を活かす

東京出張中は分刻みのスケジュールでしたが、とても充実していました。
新たな複数のコラボプロジェクトが立ち上がり、完成が楽しみです。

今回の出張で強く感じたのが、良い縁は好循環し連鎖反応するものだと
思う場面が何度もありました。もともと、ふとしたきっかけで
知り合っただけなのに、今では一緒にプロジェクトをしましょう
という話にまで発展しています。縁って不思議ですね。

人生を振り返ってみると、あの時あの場所で会っていなかったら
今の自分はなかったという縁が誰にもあると思います。

その瞬間は今夜かも知れません、明日かもしれません。
縁の大切さを忘れず、縁を活かし、良い未来を築きたいですね。

—————————————————————

■取材

●B-ing関西版(8月22日発売)

今日は2件の取材がありました。1件はリクルート社の
B-ing関西版(8月22日発売)の社内制度の特集でした。

カヤックさんの総務の森でも掲載された「iPod支給制度」についてです。
ライターさんが二人とカメラマンも重装備で来られる本格的な取材でした。

iPod支給制度は半年前に始まりすっかり古株ですが、それから
10個近く新たな制度が始まっていて、その話のウケも良かったです。

B-ingを開いて2,3ページの特集だそうで、とても楽しみです。

070720b-ing01.jpg

1時間ほどしゃべりっぱなしでした。

070720b-ing02.jpg

「歯を出して自然に笑ってくださいー」と声をかけられ
結婚式の前撮り撮影を思い出しました。笑

070720b-ing03.jpg

iPodがまるでEC studioの商品のように撮影されていて
不思議な感覚でした。笑

●EC DVD取材

もう1件は社内からの取材でした。笑

17日にリリースしたEC DVDの商品について取材されました。
動画営業という初めての試みで、恥ずかしさもありますが
やってみないとわからないということで、撮ってみました。

まだ、ページはアップされていませんが、社長ブログで
動画を先行リリースいたします。

★株式会社ペンシルのインターネットビジネスセミナーDVDについて★

ECDVDのホームページはコチラ
http://www.ecdvd.jp/

2007年07月17日

ECDVDリリースしました

本日は新サイト「ECDVD」をリリースいたしました!
EC studio初の試みとなるリアルな商品の販売です。

ECDVD
http://www.ecdvd.jp/

サイトのコンセプトとしては新しくユニークなものに
なったのではないかと思っています。
お客様、販売元、EC studioが三方良しのビジネスモデルです。

ECDVDとは、EC studioが実際に社内教育にも活用している
厳選したお勧めDVDのみを販売しているサイトです。

お客様からも友人からも、どうやって売れるサイトを
作ったらいいかわからない、どうやって勉強したら
いいか教えて欲しいと良く相談を受けていました。

そこでECDVD第一弾として、EC studioが新入社員から
経営幹部まで実際に活用している「株式会社ペンシル」
のDVDを販売することにいたしました。

こちらのDVDは私も数回以上見ており、新たなアイデアや
発想を膨らませるのに最適です。新入社員の教育にも
活用しており、感想とアイデアを提出する課題があります。

ホームページ制作会社様、WEBに携わるお仕事の方、
ECショップを運営している方、これからウェブでの
展開を考えている全ての方に必須のお勧めDVDです。

大手企業にコンサルしている内容をここまで
公開しちゃっていいのかな?と心配してしまうほど、
ノウハウ満載ですよ。

ECDVD

http://www.ecdvd.jp/

—————————————————-

●東京出張中

今日は朝から東京に来ています。
明日は大きな商談1件と飲み商談が1件あります。頑張ります。

明後日は飛行機で大阪へ戻り、コンサルが2件あるため
次回のブログ更新は金曜日になります。

2007年07月09日

ウェブ営業

先週SEO Resellerをリリースし、本日ホームページ制作検索ドットコム
リニューアルオープンしました。来週にもう一サイトリリースします。

他にも無料ツールのリリースや、コラボ企画プロジェクトも進んでいます。
毎日何かがリリースされるので、楽しいですね。

こうなったら後は、ウェブ上でとことん営業するのが、
私を筆頭とするマーケティングチームの役目です。

参考に一週間で行ったプロモーションの内容を書きます。

■ディレクトリ検索エンジン登録

Yahoo!ビジネスエクスプレスはもちろん、クロスリスティング
Jエントリーのディレクトリ検索エンジンへ登録申請、掲載。

Yahoo!での上位表示に必須のビジネスエクスプレスに加えて
単発の登録費用で持続的なSEO効果があるクロスリスティング
Jエントリーへの登録も忘れずに。

■A8ネット

SEO Resellerの広告配信は本日リリースしました。
報酬単価を高く設定し、クリック報酬も他社平均の2倍です。
常に差別化しないとウェブでは生き残れません。。

■メール配信広告

今回はメール広告にも挑戦。11日にはホームページ制作関連の
3300名に配信されます。効果測定もバッチリ取りますので
費用対効果に見合えば、継続的に配信していきます。

ウェブ上ではメール広告は数少ないプッシュ型広告です。

■テキスト広告

PPC広告だけではなく、自社サービスに関連したサイトに絞り込み、
テキスト広告を出稿しました。今週末に配信開始です。
もちろん効果測定し、どのサイトが最も効果的かを見極めます。

■プレスリリース

3万円~から記者にダイレクトに発表することが出来る
プレスリリースは効果的です。全く相手にされないときも
ありますが、予想以上の反響を得られることもあります。

どんなに大きな反響があったとしても、かかっている費用は
3万円~のみです。本日出したあまり期待していなかったリリースが
Yahoo!JAPANのニュースになり、とても驚きました。

EC studio、「ホームページ制作検索ドットコム」をリニューアルオープン

明日もいろいろなメディアに掲載されると思います。

■新聞広告

先月下旬から毎週プレスリリースを出しているので、記者の目に
ついたのか、「SEO対策の特集をするので、広告を出しませんか?
今回は広告枠にドタキャンがあったため、3分の1以下の値段で
出せますが、いかがでしょうか?」と連絡がありました。

3分の1以下ととても安く、しかも感謝されて広告を出せました。
11日にSEO対策の特集の目立つ場所に、デカデカと掲載されます。

■スカイプネットワークでの営業

EC studioのスカイプネットワークはたくさんのIT企業と
つながっています。何か困ったときがあった時の情報交換、
新事業のコラボレーション、新サービスの紹介など
ありとあらゆることに活用できます。

直接導入していただかなくても、EC studioを良く知る方ですので
どんどん広めてくれます。

■名刺広告

先週末心斎橋のアップルストアで行われたCSS Nite in Osaka
私は講演者ではないのでビデオ係でしたが、CSS Nite用に作成した
名刺100枚を持ってビデオ撮影と営業に専念しました。

新たに作成した名刺のデザインはこちらです。

070709bc_ura.jpg

「EC studioの名刺はこちらが表で、名前がある方は裏です!」と
名刺交換の時は、こちらを表にして交換しました。笑

講演者の谷も私の商魂を引き継いでいますので、
プレゼンの最初に営業、最後にはスタッフ募集をしていました。

SEO Reseller

谷が講演で紹介していたサイトです。

スタッフ募集

業務拡大のため、ウェブデザイナー募集中です。

■社長ブログ

社長はトップ営業マンでなければならないと言われています。
もちろん社長自身が外回り注文を取ってくるという意味ではありません。

大きな商談をここぞという時に決める、新プロジェクトの
構想や方針を考えたり、社員にいい武器(商品)を持たせるなど
全てが社長に責任のある営業になります。

社長ブログもその一つです。自分自身の考えをスタッフや、
お客様に知ってもらう重要な営業ツールなのです。

■まとめ

ウェブ上に限らないと思いますが、熾烈な競争社会において
何がきっかけで成功するかわかりません。こんなこと
やっていいんだろうか、うまくいかなかったらどうしようかと
遠慮していたら何もうまくいきません。

勝ち残っていくためには、ありとあらゆること試し
使えるものは何でも使うくらいの気持ちが必要です。

もし転んでも、落ちている500円を拾って立ち上がるのです。
チャレンジしたことを決して無駄にせず、次につなげましょう。

2007年06月14日

Google Custom Search(グーグルカスタムサーチ)

技術ブログも始まり、社長ブログの記事数も増えてきたため、
既存のMT(ムーバブルタイプ)の検索機能では物足りないなと感じていました。
そこでGoogle Custom Search(グーグルカスタムサーチ)
社長ブログと技術ブログに設定して、本日より設置してみました。

Google Custom Searchが優れているのは、
Googleアルゴリズム(順位を決める計算式)であることはもちろん
検索対象を自由に指定したり追加できることです。
つまり今回の設定のように、社長ブログと技術ブログを指定して
ブログ間を横断検索させることができるのです。

右上の検索ボックスがそれになります。
例えば「技術ブログ」と検索してみると、

Googleのアルゴリズムによって、
1位が技術ブログ、2位が技術ブログを紹介している社長ブログの記事順に
並んでおり、私が考えている優先度の検索結果で表示されています。

「企画デザインブログ」が始まったら、URLを追加すれば3つのブログで
キーワード検索された中から、最も優先度の高い記事が表示されます。

また、どのようなキーワードで検索されているかなど
分析することもできるようです。設置したばかりでまだ見れませんが、
データの反映がとても楽しみです。

現在は英語版のみで、設定も少し複雑でしたので、設置までのデモを
動画に撮りました。設置したい方はこちらの動画をご覧ください。

12345
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.