EC studio EC studio 社長ブログ

2011年08月15日

サンフランシスコ2ヶ月出張でまず最初にやったこと13個のまとめ

EC studio は6月28日にサンフランシスコで開催された
SF New Tech Japan nightに出場し、同日にリリースした
チャットワークの英語版のプレゼンを行いました。

【重大発表?!あり】サンフランシコで行われた「SF New Tech」でチャットワークをプレゼンしてきました!

300名以上の現地のアメリカ人と、計1600名以上がUSTREAMで
閲覧されるという大盛況なイベントでした。

現地のベンチャーキャピタルからEC studio に投資したいという
オファーも来ていて(他人資本は入れないポリシーがあるので受けないが)
本格的に英語圏で展開することになりました。

「百聞は一見に如かず」ならぬ「百見は一体験に如かず」ということを
ひとつの行動基準にしているため、スタートアップの世界の中心地
であるサンフランシスコに2ヶ月滞在して、英語圏展開を支援
してもらっているBtraxの社長室を2ヶ月間借りすることになりました。

Btraxについてはまた別記事で書くとして、今回の記事は今後
サンフランシスコに来たい(アメリカにチャレンジしたい)と
思っている方向けに参考になるだろう情報をまとめました。

地球の歩き方に書いてあるようなことは割愛してありますので
一般的な情報は地球の歩き方を読んでください。笑

現地でしか手に入らない情報や、僕が使えると思った情報のみ紹介します。

■サンフランシスコ2ヶ月出張でまず最初にやったこと13個のまとめ

●携帯電話をゲットする

短期滞在であれば日本のスマホで日本の携帯番号と
海外パケホーダイでしのげますが、2週間以上の滞在となると
パケーホーダイの費用もかさむし、日本の携帯番号を
伝えると煙たがられるなど何かと不便が出てきますので
現地の携帯電話をゲットした方が良いです。

取得方法は簡単。Amazon.comでUnlocked(SIMフリー)の
Android携帯電話を購入する。(安いものでOK)
※日本のスマホがAndroidなら購入する必要ない(多分)

Amazon.com / Android Unlocked

そして、T-mobileという携帯キャリアのプリペイドSIMを
購入すれば通話無制限、データ無制限でスマホが使えます。

T-mobileのプリペイドSIMでお勧めのプランは
プリペイドプランの$50ドルがお勧め。(30日間使える→延長可能)
データ転送量100MBまでと書いてありますが、話を聞いてみると
実は$50以上のプランから100MB越えても2Gの回線なら
無制限で使えるとのこと。そもそも4Gの100MBまでというのも
4Gのネットワークはほぼつながらないから意味ないらしい。。。

2Gの回線なのでデータ転送量遅い遅い。。。ダイアルアップを
思い出すほどの遅さですが、Better than nothingということで。

●アメリカに住所を持つ

次に紹介する銀行口座開設でも必要ですが、何かと必要となる自分の住所。
私の場合はアメリカに友人がいるので借りましたが、
借りれる住所がない方はこちらのサービスが評判が良いようです。

USABOX

無料で住所をもらえるプランもあるようです。

●銀行口座を作ってクレジットカード(デビットカード)を持つ

アメリカの生活で切っても切り離せないのがクレジットカード。
数百円以下の支払いをカードで払うのも普通。とにかくカード社会。
通常のショッピングなら日本のクレジットカードも問題なく使えるのですが、
ネットのサービスだと、カードの請求住所がアメリカではないので
申し込めないということがちょくちょくあります。

ただ、アメリカで銀行口座を開設するには日本の社会保障番号に
あたるソーシャルセキュリティナンバーが必要なはずでした。

しかし、今回ふと「アメリカの口座持つにはパスポートだけで
開設できるハワイに行くしかないですかねぇ」なんて話してたら
「パスポートと住所だけで開設できちゃいましたよ」という情報をゲット。

ということで早速近くのBank of Americaへ

ドキドキしながら口座開設(チェッキングアカウント)したいんだけどと
伝えて、パスポートと住所を提示したらすんなりOK!
その場でオンラインバンキングのログイン情報とすぐに使える
VISAのクレジット機能のついたデビットカードを手渡されました。
※ATMだけの月額無料の口座プランを選びましょう。

これでアメリカ生活にかなり自由度が増します。

Paypalアカウントを2つ作る

日本でも徐々にメジャーになってきたPaypal
アメリカでは基本どのウェブサービスでも決済できますので
持っておいて損はないアカウントの一つです。

バンク・オブ・アメリカの銀行口座の残高を増やすための入金ですが
現地ATMから入金するか振込するかですが、日本から送金すると
手数料がバカになりません。

そこでPaypalの口座出金機能を使ってバンク・オブ・アメリカの
自分の口座へ振り込みましょう。Paypalはアカウント内に
残高がないと口座へ出金できないため、アカウントを2つ作って
自分から自分に送金して(手数料2%ほど)残高を作り
バンク・オブ・アメリカへ出金。これで残高も自由自在に。

●アメリカ生活に便利なスマートフォンアプリをインストールする

まずやらないといけないのは、iPhoneの場合はアメリカのiTunes
アカウントを持っていないと下記のいくつかのアプリは
インストールできません。上記で取得したカードを使って
アメリカのアカウントを取得しましょう!

・Uber – タクシーを呼べるアプリ

今いる場所をGoogle Mapで指定したら、自分の周りにいるタクシー
一覧が表示され、一番近いタクシーは●分以内(たいてい数分)に
到着しますと表示されている。サンフランシスコは昼間は問題ないが
夜になるとタクシーが捕まりにくいし、道路は暗くて怖い上に
タクシーは空車なのになかなか止まってくれない。
※電話で呼んでもこないこともある・・・

サンフランシスコでタクシーが自由自在になるのは
機動性が増すだけでなく、安全性も増しますので
サンフランシスコで手放せないアプリNo.1です。
※このアプリをMKタクシーも導入して欲しい。。。

・Yelp – アメリカ版食べログ

アメリカで困るのが食事。私の場合はついた初日から日本食を
求めてさまよっています。日本食は少ないし高いので、インド料理、
タイ料理、中華料理で何とかしのぐという生活です。

その際にも役立つのがYelpです。

食べログとの違いはレストランだけじゃなく、銀行や薬局など
別のジャンルも用意されていてとても便利です。

・Zip car – 1時間から借りれるレンタカー

アメリカで最も感動するサービスの一つであるZip car。
日本でも徐々に普及しつつあるカーシェアリングですが
サンフランシスコは交通機関が発達してる上に、家賃が高いので
車を持つのには不向きな場所。でもたまに車が必要なときに
1時間から借りれるZip carが便利。

日本人が契約しようと思ったら、事前に運転記録証明書を
取得してスキャンしてZip carに送る必要がありますが
長期滞在するなら必ず契約しておきたいサービスの一つ。
※現在運転記録証明書を取得中。。。早く契約したい。

スマートフォンアプリで近所で借りれる車を探して
アプリから予約。時間になったら駐車場に行き、GPS機能で
アプリから鍵を開けることができる。→感動
車のキーは常時刺さっていて回せばそのまま乗っていける。

・Aardvark – アメリカ版はてな・教えてGoo!

こちらにきたらわからないことだらけ。わからないことは
現地人に聞けということでアメリカ版はてなのAardvarkで
質問しましょう。Facebookとも連携しているので、
友達から回答が返ってくるかも?(私はまだないですが、、、)

・Catch – 自分専用のメモツール

メモツールと言えばEvernoteが有名ですが、今アメリカで急激に
シェアを伸ばしてきてるのがCatchです。簡単に言うと
自分だけのTwitterみたいなかたちで、つぶやく感覚で自分の
メモを残していきます。

アプリが秀逸でオフラインでもサクサクメモが取れたり
写真をアップロード待ちにしておくことができます。

アメリカでの気づきや発見、思いついたアイデアを
Catchにせっせとメモを蓄積して行ってます。

●アメリカマーケットのリサーチに必要な英語専用PC

ネットは世界中つながっていて日本から英語サイトを検索
することももちろんできますが、ブラウザが日本語に最適化
されていたりすると、アメリカにいるのにアドワーズ広告が
英語では出てこなかったりと、英語で検索しても日本のサイトが
混じって出てきたりします。

PCやブラウザの設定を変えれば英語専用にもできると思いますが
日本の仕事もしているため都度切り替えるのは手間です。

それを解決するために端末ごと切り替えることにしました。
そこで登場するのがChromebookです。ChromebookはGoogle の
ChromeOSを詰んでいて、基本全てクラウドでデータを保管
することを想定されたPCであるため、ハードウェアが安いのです。

一番安いAcerで349ドル(2万8千円)、Samsungは429ドル(34000円)で
とても安く手に入れることができます。(WIFI版)

Amazon.com / Chromebooks

英語環境のリサーチがしやすいだけでなく、最新のOS、端末に
ふれておくことができるため、持っておいても損はないと思います。

●イベント情報をまとめて情報収集できるイベント管理サービス

スタートアップの世界の中心地であるサンフランシスコでは
毎日10個以上のTech系イベントが開催されているそう。。。
そしてイベントの多くはスポンサーがついているため基本飲み物、
食事が無料で出てきます。毎日多くの方が仕事を早く切り上げて
イベントに参加して人脈作り、情報交換をしています。

新しいものが次々生まれるてくる大きな要因だと感じました。

しかし、毎日たくさんあるイベントから自分が行きたいイベントを
情報収集して選ぶのは大変。

そこで登場するのばPlancastです。イベント情報がカテゴリ別に
リストアップされているだけでなくFacebookとも連携しているため
どの友達がどのイベントに参加するかもわかります。

●最後に – サンフランシスコの情報交換しませんか?

2ヶ月滞在すると言っても、私もまだこちらに来て2週目で
わからないことだらけです。サンフランシスコ在住の先輩の方、
これから行きたいと思っている方でチャットワークのグループ
チャットを作って情報交換をしたいと思っています。

すでに100名以上の方が入られていて、情報交換を開始しています。

興味のある方はこちらから参加できます。

サンフランシスコ情報交換チャット


関連した記事:
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.