EC studio EC studio 社長ブログ

2008年02月28日

店頭からカップラーメンがなくなる?!

店頭からカップラーメンがなくなる?!かもしれません。

ロス疑惑によって中国食品問題が一気に吹き飛ばされましたが
中国の食品問題に大きな動きが起きているようです。

中国から対日輸出食品が全面停止になり、再開の予定は
今のところ目途がたっていないとのこと。

中国食品に対する日本の報道への報復とも言われていますが
食料の多くを輸入している日本にとっては兵糧攻めの
状態なのだそう。。。

中国はご存知の通り2008年8月8日8時8分に開催される
北京オリンピックまで何があっても、イメージを
悪くするわけにはいかない。

しかし、日本国内では餃子以外の残留農薬の食料に
ついても餃子と同じようにガンガン報道される。

今後も輸出を続けたら、残留農薬の基準値を越えない
食材が出ないとも限らない。

それならいっそのこと全面輸出停止にしてしまおう!
なのだそう。

日本ではありえない考え方ですが、例えば他にも
北京の空気汚染が問題にされているので、
北京付近の工場を全てオリンピックまでは
操業停止しようか、と真剣に考えられていたり

緑がたくさんあるように見せるため、枯れ葉を
緑色に塗る作業が大々的に行われているなど。。

やはりこういう強引な部分をみると
経済発展したと言えども、中国は社会主義国
なんだなぁと思います。

日本だけに出さないわけにもいかないので、
全世界向けの輸出も停止することになりますが
実質は日本への報復じゃないかとのこと。。

では、輸出が再開されたら問題は解消するのか
ということですが、そういうシンプルな問題じゃ
ないそうです。

輸出停止がオリンピックまで続けば、これから
収穫時期を迎える農家は、売る先がないため
生産も製造もしません。再開の目途もたって
ませんから、来年の分の生産も行いません。

もちろん売上がなくなるため、倒産する大きな
工場が次々に現れます。そうなると、輸出が
再開されても、輸出できる体制がないわけです。

事態は私達一般人が想像する以上に深刻なのだそう。

昨夜、妻が1年分くらいの調味料を買っていました。

はい、値上がりは必至だからです。どうなるか
わかりませんが、どうせ使う調味料なら事前に
買っておいても損はないし、と。

カップラーメンの麺に関してはアメリカからの
輸入で問題なくても、ネギやその他スープの
材料となる食材が入らなくなるため、
カップラーメンが店頭からなくなってしまう
異常事態が発生する可能性も。。。

他にも外食チェーンや惣菜屋さん、など
あげ始めたらキリがないくらい影響範囲は大きいです。

焼け石に水かも知れませんが、事前に買っておける
食材は蓄えておいたほうが良いかもしれませんよ。。


関連した記事:
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.