EC studio EC studio 社長ブログ

2007年09月07日

ディレクトリ登録はかけるべき経費

2日前にリリースしたディレクトリ登録代行サービスが人気です。
弊社クライアントへメールで案内したこともあり、本日だけで
50件以上の注文がありました。うれしい悲鳴状態が続いています。

■ホームページ登録ドットコム

単発費用で良質な被リンクを得れる訳ですので
効果を理解できれば、今すぐにでも投資すべきだと思います。

今日はSEO Resellerを導入されているHP制作会社様が
あるコラボプロジェクトのミーティングのため来社されていました。

そこで、「ディレクトリ登録代行サービスを原価で提供開始
したので、もしよろしければクライアント様に
提供しませんか?」とSEO担当者の方に話をしてみました。

すると「クライアントに登録の必要性をうまく伝えられなくて
それ以上の効果があるのかと聞かれて、なかなか理解
いただけないんですよ。。何かいい説明方法ありませんか?」と
聞かれました。

そこで私が答えたのは「そんなの簡単ですよ。クライアント様に
対して、こう聞くんです。”売上あげたいですよね”→はい。
“売上をあげるためにSEO対策は重要ですよね?”→はい。
“じゃあ単発費用で持続的に効果のあるディレクトリ登録は
申請しますよね?”→はい(としか言えないはずです。)」

それでも断られるようであれば、「50万、100万かけて
ホームページを作りましたよね。単なる自己満足のカタログ
としてではなく、たくさん見てもらいたいですよね?
じゃぁ、やるしかありませんよね?」となります。

それでもそれでも断られるようであれば、ホームページに対して
やる気がないということで、今後のお付き合いを辞めるのが
良いと思います。やるべきことをせずに、売上が上がらないと
文句を言われてはたまりませんもの。。。

その分、HP制作会社側もクライアント様の本当の成功を
望むのであれば、ディレクトリ登録代行サービスに対して、
出来る限り少ない利益ででも、提供すべきだと思います。

結果的にクライアント様の売上アップが、後々の自社への
追加発注につながり、双方がWIN-WINの関係を築けるのだと思います。

経費には2種類あって、積極的にかけるべきものと、
削減すべきものがあります。

私はこの2種類の経費を見分ける基準として以下のように考えています。

・積極的にかけるべき経費 — 未来の自社に還元される可能性があるもの。

例:設備投資、人材育成、社員の給料

・削減すべき経費 — 現在利用するだけのもの。

例:家賃、光熱費、通信費

EC studioはホームページをリリースしたら、真っ先に行うのが
ディレクトリ登録であり、それが世間一般的に認知されているものと
思っていました。(業界にどっぷり浸かっているとダメですね。。。)

予想以上に登録されていない方が多かったため、
今回のサービス提供に至りました。

原価で提供しているサービスですので、ぜひご活用ください。

■ホームページ登録ドットコム


関連した記事:

この記事へのコメント

このページを見せればしっかり納得するのでは!?
yahooで「東京 中古車」を検索(http://search.yahoo.co.jp/search?p=%C5%EC%B5%FE%A1%A1%C3%E6%B8%C5%BC%D6&x=0&y=0&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1)

top30のうち27件が登録サイト。

投稿者: ディレクトリー | 2007/9/8 土曜日 14:22:37

先日はありがとうございました。

非常に勉強になるお時間を過ごすことができました。

今回の経験をうまく活かしてディレクトリ登録の必要性を訴えて
御社で代行サービスをたくさん頼めるようにがんばります!

投稿者: ヤマザキ | 2007/9/10 月曜日 7:59:11

いつもブログを楽しく拝見しています。
こんな記事があったのですが
EC-STUDIO さんにぴったりだと思ったので
差し出がましいですが
お伝えいたします。

中小企業IT経営力大賞
http://www.itouentai.jp/award/

投稿者: 奥野 | 2007/9/11 火曜日 10:20:01
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.