EC studio EC studio 社長ブログ

2007年08月22日

最速Google dance!レポート – Google本社に行ってきました。

このGoogle danceとはSEOの意味ではなく
Google本社で1年に1回行われているイベントのことです。

つい先ほど終了したGoogle danceについて、
早速Googleレポートを書きたいと思います。

私にとってGoogleは、かねてより大好きであり、尊敬し、
参考にしてきた会社です。今までどれだけ入りたいと
思ってもかなわなかったGoogleにやっと入れました!

今回はGoogle社員の方に案内してもらえることに
なっていて、今か今かと超興奮気味の私は、駐車場に着いて
車から降りる際に気持ちに足がついてこず、顔面から落ちました。。。笑
(デジカメ損傷、、、指、膝から出血。。。苦笑)

■Google写真館

※イベントが始まる1時間以上前にGoogleに入ったため
普通は入れない場所にも入ることができました。

070821google01.jpg

search engine strategies in san joseのエキスポで
ブースを出していたGoogleにて。
いろいろ質問しましたが、担当のアドセンス以外は何も
知らない様子。。。アドセンスのことだったら
何でも任せて!とは言ってました。

070821google02.jpg

車から落ちて負傷したデジカメにて撮影。撮影機能は
無事のようですが、レンズが元に戻らないのとプレビュー
機能が使えなくなりました。

070821google03.jpg

かの有名なGoogle食堂は今日はダンス会場になってました。
なぜかゲームセンターコーナーがあり、Google社員が
一生懸命ゲームに打ち込んでました。

070821google04.jpg

ダンス会場のDJブース。かなり本格的でした。この後
会場は人で溢れ、大盛り上がりでした。

070821google05.jpg

Google kitchenはこれから始まるイベントで大忙し。

070821google06.jpg

ついに受付が始まりました。身分証明証を見せると
Google T-シャツがもらえます。

070821google07.jpg

今回案内してくれたGoogle社員の方と一緒に。
白はGoogle社員、緑はGoogle danceのイベントスタッフを
しているGoogle社員、黒はゲスト用のT-シャツに色分け。

070821google08.jpg

ビジター用のラウンジでしたが、今日はクローズド。

070821google09.jpg

電源もオフになっています。

070821google10.jpg

Google名物のビーチバレーコート。

070821google11.jpg

こちらもGoogle名物の恐竜。後ろから撮ったので
少し見にくいですが。。

070821google12.jpg

SESの会場から次々に無料バスで運ばれてくるゲスト。
時間がたてばたつほどどんどん増えていきます。

070821google13.jpg

ふと掲示板を見てみると、スパムについて社内向けの掲示が。
「spam is not cute http://spamreport/」と書いてあります。

070821google14.jpg

こちらもGoogle名物ですね。体験してみました。

070821google15.jpg

Googleの新サービスプレゼンコーナーがありました。
しかし、全て知っているサービスばかりでした。。
そこでいろいろまだ出てないサービスについて
聞いてみました。

パワーポイント → 「いつかは言えないけど coming soon!」
GDRIVE → 「うーん、これはどうだろう、リリースしないと思う。」

GDRIVEリリースの可能性低し、、、残念!

070821google16.jpg

例のホワイトボードです。左半分が消されてて、落書きだらけで
昔のようないい感じではなかったです。

070821google18.jpg

大盛り上がりのメイン会場

070821google19.jpg

オフィスも撮ってみました。1部屋数名の個室になっています。
プロジェクトチームごとに分かれているようです。
ECの複数オフィス戦略はこれを参考にしています。

070821google20.jpg

入り口付近にあるGoogle自転車。ブレーキはなく、ペダルを後ろへ
こぐことで止めるタイプらしい。旗が付いているのは
聞く社員によって回答が異なりますが、車に引かれないように
目立たせるためとか、鍵がついてないので盗まれても
すぐに見つけれるように?するためじゃないかとのこと。。。

Google社員でもやはり適当な感じ。。

■Google社員インタビュー

インタビューと言いますか、私が一方的に質問攻めに
していただけという噂もありますが、、、

その中で備忘録を含めて何点か書いておきたいと思います。

●担当してるもの以外は知らない

今回たくさんのGoogle社員の方と話をしましたが
私がする質問に答えれる人がいないのです。。
Googleはすでに超巨大企業になっていて、自分の
担当以外のことは全くわからないのだそうです。
(私がGoogleのサービスについて教えることも。。)

担当以外のサービス内容、会社の計画、社員数など
中小企業では全て知ってて当たり前ですが、
Googleくらいになると、自分の専門分野はとことん
突き詰める替わりに、他のことはわからないと。

●Googleの社内教育

Googleには毎週100人を越える社員が入社すると
言われています。(ニュースでは。社員に聞いても
たぶんそれくらいだと思うという回答になります。)

どんどん新しい人が入りながらも、クオリティを
維持し続けることができる教育方法とはどんなものか
聞いてみました。

答えは、社内ドキュメントなのだそうです。
Googleの社内ドキュメントはかなり充実していて
新人が入ると少なくとも2週間はみっちりドキュメントで
部署のことを学ぶそうです。

企業秘密の守り方は?との回答にも、全てドキュメントに
これは出していい、出してはいけないと書いてあるから
漏れることはないと言ってました。Googleには
「Don’t be evil(邪悪にならない)」という根本思想があり
これは良くないということはしないという風土があります。

出してはいけないと言われたら、出す行為は邪悪だと。

●問題、不満はない

どんな会社にも問題はあります。ですからGoogle社員に
聞いてみました。「Googleの問題や不満は何かある?」と。
すると、悩みだして全然答えが出てきません。

ないと思う。と言ってました。2万人を越える社員で
トップの意思が直接は届かない所で、こう言えるだけの
環境を作り出しているのはすごいことですね。

あえて出すとしたらプロジェクトが多いことですかね。
とのこと。

●評価制度

Googleのいいところは自由なところです。と繰り返し
言われました。では、自由自由ということですが、
自由ゆえに頑張らない、間違ったことをしたときでも
怒られることはないの?と聞くと

怒られることは基本的にないと断言してました。

ただ、評価基準があり同僚に評価されるため、
同僚からプロジェクト件数や、通常業務の効率などの
評価が低いとボーナスがなくなるため、怒られないが
自然に頑張るようになるとのこと。

同僚から指摘されることは、自分の成長のためにも
いいことなので悪いことを書かれてもありがたいことだと
思っていると言っていました。

●社員をクビにしない?

私が聞いた社員の方はGoogleに務めて2年以上経過してますが
クビにされた社員を知らないとの事。もちろん知らない所で
クビになっているかも知れませんが、実力社会のアメリカで
突然クビになるという恐怖心がないのはすごいことだと思います。

問題、不満を感じない、自由、クビにされない。ではどういう
社員がGoogleを退職するのか聞いてみました。

すると、プロジェクトがどんどん出てきて日々忙しく
こなしている社員がほとんどなので、辞める人の多くは
BURN OUT(燃え尽き症候群)になってしまうんだそうです。

ただ、アメリカはキャリア社会ですから、会社に一生属する
という考え方がないため、Googleで経験を詰み、新たな会社で
さらにステップアップするという考えも多々あることから
そこまでBURN OUTは、問題ではないと私は思います。

●Googleが誉めること

例えばサポートの場合、出来る限りオートメーション化し、
件数をこなしつつも質を高めること。だそうです。
Googleらしいですが、経営的に非常に大切なことだと思います。

また、ここはおかしいと思ったことはどんどん提案できるが
提案する際には、必ずどのくらいの経費が削減できるか
どのくらいの売上が見込めるか、明確になっている
ことが必須条件だそうです。

●Google本社の感想

「百聞は一見にしかず 百見は一経験にしかず」

憧れのGoogleにシリコンバレーの気候を肌で体験でき
いくら写真で見ても、動画で見ても感じることのできない
Googleを感じることができました。

ますます日本に帰って頑張ろうと思ったことと同時に
これはEC社員にも経験させる必要があるなと思いました。

今回Google danceに入場する際に、どういう条件で
入場できるかチェックしていました。当初はSESの
チケットを持っていないと入れないとのことでしたが
実は無料(本来は25$のはずだったが?)のエキスポ
チケットとパスポートを持っていれば確実に入れます。

また、入り口の受付を見ていたら、たくさんの人が
溢れかえっていて、結局は身分証明証だけで通してました。

そうです、飛行機代とホテル代でGoogleが肌で感じれるのです。

それなら!来年の社員旅行はGoogle danceへ?!ということも
検討し始めたいと思います。

■Google動画館

Google danceが7時開始だったため、1時間早く6時から
スルスルーとGoogle本社内に入っていきました。
ゲストのいない自然なGoogle社内の動画が撮れたと思います。

(7分半)駐車場からGoogleキャンパス内へ。

(3分半)Google本社内へ。まだGoogle danceが始まっていないため
入れない場所にも入れてたことにあとで気づきました。

(20秒)トイレ

Dunk。見てのお楽しみ。

ダンス会場。盛り上がりは頂点へ。

Google本社を360度回転しました。

————————————————–

Google danceのイベントに参加しましたが、ダンスやカラオケ
ゲームには一切興味なし。笑

Google社屋とGoogle社員のみが私の目的で、
自分の知りたかったGoogleの疑問は全て解決できました。

今回のメインイベントは大成功に終わり、明日からは
SESのカンファレンスで新たな技術を学び
日本に持ち帰りたいと思います。


関連した記事:

この記事へのコメント

行きたい・・・

投稿者: Tsa | 2010/9/4 土曜日 22:09:31
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.