EC studio EC studio 社長ブログ

2006年08月の記事一覧

2006年08月04日

経営理念

一般的に人材育成は自社内でのみ行うものですが、オープンカンパニーを
目指しているEC studioは、社内の人材育成も公開していこうと思っています。

○対象者としては

社内の現ECスタッフ — 会社の考え、代表の考えを知ってもらうため
未来のECスタッフ — 入社前(応募前)にECの考え方を知ることができる
ベンチャー企業 — 創業期の会社として共に成功するための情報交換

EC人材育成の第一回目のテーマは「EC経営理念」です。
EC studioの経営理念はこちら

EC studioが最も大切にしているものは経営理念です。
全ての意思決定は経営理念に基づいて判断しています。

EC経営理念を構成する「経済的豊かさ」「時間的ゆとり」「円満な人間関係」を
ITを通して実現していく。これがEC studioのミッション(使命)です。
EC経営理念を社外においても社内においても実現していく。
これ以外の目的はありません。

○お客様

「経済的豊かさ」— ホームページの売上アップを通して、お客様の
経済的豊かさを実現する。

「時間的ゆとり」— 業務効率を上げるシステムを提供し、お客様の
時間的ゆとりを実現する。

「円満な人間関係 」— 人間関係を構築するシステムを提供し、お客様の
円満な人間関係を実現する。

○ECスタッフ

「経済的豊かさ」 — EC社員、ECアルバイトの給与を通して、ECスタッフの
経済的豊かさを実現。

「時間的ゆとり」— EC社内の業務を徹底的に効率化し、年間120日以上の休日を
確保し、時間的ゆとりを実現。

「円満な人間関係」— EC社内の人間関係、良い社風によって
円満な人間関係を実現。

EC studioでは経営理念がアルバイトにまで深く浸透しているので、
やるべきこと、やってはいけないことが明確になっています。

「社長<経営理念」 という構図ですので、僕自身の意思決定に対して
ECスタッフから「そのやり方はEC理念からズレていませんか?」と言われると、
経営理念に基づく意思決定が優先されるので、EC studioの目的がブレル事は
ありません。

採用時の面接の際にも、経営理念について共感頂けたかどうかを必ず確認しています。
いくらスキルがあったとしても、価値観が合っていなければ不採用になります。
経営理念に共感し、経営ビジョンに向かって頂ける方であれば、スキルは問いません。
(社内教育体制が整っていますので、1ヶ月程で最前線で仕事ができるためです。)

1と4にこだわる」の記事と同様に、経営理念、経営ビジョンにもこだわります。

2006年08月03日

キーワードアドバイスツールプラス

今日はキーワードアドバイスツールプラスをアップグレードしました。
2年前にリリースしてから爆発的に人気が出ましたが、
久々のアップグレードでさらに人気が上がるのではないかと思います。

今日のアップグレードで、Google Trendsと連動し、そして
キーワードのライバル数の把握までできるようになりました。
Google Trendsのサンプルはこちら←キーワードの検索推移が見れます。)

詳しくはこちらをご覧ください。

グレードアップしたキーワードアドバイスツールプラスはこちら

2006年08月02日

1と4にこだわる

今日はEC studioが(私だけかも?)こだわっている部分を書きたいと思います。

EC studioでは「しないこと10カ条」を見てもわかるように
いろんな所にこだわりがあります。また、徹底したこだわりぶりが
EC studioの良さでもあり、強みでもあると思っています。

○EC studioでは「1と4」にこだわります。
なぜ1と4か。「EC studio」の「イー(1)シー(4)」からです。
それ以外の何物でもありませんし、根拠も何もありません。
しかし、こだわりぶりは半端ではありません。

資本金 — 1,414万円(登記日 — 2006年1月4日)
組織 — 1人のマネージャーに付き4人のリーダー、1人のリーダーに付き4人の部下
EC記念日 — 1月4日
新サービス — 毎月14日14時リリース
評価制度 — 1つのスキルに4,000円の昇給
会議 — 1回の会議につき参加者は4名まで
家賃(新社屋) — 1坪4,000円
住宅手当 — 14,000円/月(オフィスから半径1.4KM以内へ引っ越した場合)
出張手当 — 1,400円/日
帰省手当 — 14,000円/回(実家がオフィスから半径140KM以上離れている場合)
食券制度 — 14日以上出勤/月で翌月5日分(3,500円分)の昼食代を負担
ランチトーク制度 — 1ヶ月に1回上長とマンツーマンランチ
(スタッフ700円+上長700円=1,400円のランチ代を負担)
自社ビル構想 — 14階建て
経営ビジョン — 2014年1月4日14万社のお客様、14億円の売上、1社40人の社員
14%の経常利益率、14万社のお客様

これからもどんどん増やしたいと思っています。

「こだわるのはいいけれど、売上や経常利益まで根拠なしに1と4にこだわるのは
どうかなぁ?」と言われることもありますが、その返答には
「自社ビルを15階建て以上にしたい場合は、地下14階・地上14階にするつもりです。」
とお答えしています。この返答でほとんどの方が納得(あきらめ?)してくれます。

神戸ナンバーで「14-14」の白いプリウスが走っていたら、間違いなく私だと思います。

2006年08月01日

Foldershare(フォルダーシェア)

今回はEC studioのIT活用方法第2弾です。

複数のパソコンを持っている場合、複数のスタッフと作業をしている場合など
データの共有に困りませんか?EC studioでは非常に困っていました。

あのパソコンにあのデータが入っている、別のスタッフのパソコンに
最新データがある、、などなど非常に業務効率を落とす要因の一つになります。

僕自身もいろんな場所でパソコンを触りますが、常に最新のデータがそこに
入ってないと、ふと思いついたアイデアが消えてしまいます。。泣

それを一気に解決してくれたのがFoldershare(フォルダーシェア) です。
各パソコンに共有フォルダを設定しておくと、そのフォルダーを全員が
自分のパソコンのフォルダーのように使うことができます。

メリットとしては

○ファイアーウォールがあっても問題なくミラーリングされる
○権限を設定できる(閲覧だけできる人、書き込める人、削除できる人など)
○無料である
○オフライン同士で作業しても、別ファイルが生成され上書きされない
○大量のファイル、大容量のファイルも問題なし
○うまく使えばバックアップにも使える

EC studioの使い方としては、EC幹部フォルダー、EC社員フォルダー、
ECアルバイトフォルダー、EC写真&動画フォルダーなどなど
用途に応じてフォルダーを設定しています。

今までだったら、「ファイルを更新したのでメール(チャット)で送りますー」
というやり取りが、常に最新データが自分のPCに届いているのがわかっているので
確認する必要もありません。

新たなファイルを作成したときでも、複数人にメールで送る必要もなく
「EC社員フォルダーに入れておきますー」とSKYPEのグループチャットで
一言書いておけば、特に何の作業も発生せず自分のデータとして扱えます。

■フォルダーシェア活用方法の応用編

単にファイル共有だけでなく、うまく使えば手間なくバックアップにもなります。
EC社員の全データは一台の大容量のPCと常にフォルダーシェアでつながっています。
そのフォルダ内で作業した内容は全てリアルタイムにコピーされていきますので
万が一PCを落とした、盗難された、火事でオフィスが燃えたという自体が発生しても
どのパソコンでも3時間以内に通常通りに仕事ができる体制になっています。

新しいパソコンに乗り換えたとしても、メインPCとフォルダーシェアをつなげて
あとはデータが届くのを待ちながら、ソフトのインストール作業をするだけです。

Foldershare(フォルダーシェア)

※問題としては、英語のサービスであるということです。2005年11月にMicrosoftに
買収され、Windows Live Messangerに組み込まれました。(まだ機能制限があります)

123
人気のエントリー
最近のエントリー
求人向け記事
カテゴリー
アーカイブ
Copyright© ChatWork, All Rights Reserved. secured by ESET.